「べきママ」が「ゆるママ」になる
ママのための
ライフスタイルコーチstellaです。

365日朝8時に更新しています!


 


登録して下さると更新した記事が
届きます。よろしくお願いします。 



LINE公式はこちらから

友だち追加
只今621名ご登録頂いています。
ありがとうございます。






昨夜は、ずしりと重たい空にもかかわらず
 
すぅーーーっと吹き抜ける風が心地よくて

気分よく夜のお散歩へ出かけました。

月夜でなくても、風の心地よい時の夕方や

夜のウォーキングもオススメです。


:::::::::::



先に、16日まで募集の予定をしておりました

「頑張らないで笑顔の子育てコミュ力UP動画講座」

30名を超える方々からお申込みを頂きまして

有難うございます。予想を超えた人数となりました

ので、満席とさせていただき、ここで募集終了と

します。





お申込み下さった皆様ご連絡有難うございます。

スタートは22日ですが、今週末に一度ご連絡さしあげ

ます。

ご検討下さった皆様、また何かの機会によろしく

お願いいたします😌




265450BB-3E13-4E83-84C2-98F9B49F2807




さて、「ママは味方」から始まる言葉がけ。

私たち母親はついつい子どもの話を、いろんな

フィルターをかけて聞いています。

今までの経験から、わが子が困ったことにならない

ように、みんなと仲良くできるように、、、と。








特に、まわりに気を遣うタイプのママは

そんなこと言ったら、相手の子に嫌われないかしら?

とか、そんなこと言ったら調子にのってると

思われないかな?と不安や心配からついつい

「そんな言い方したら、嫌われるよ」とか

「あなたもできてないじゃないの」とか

わが子を否定してしまう。








その選択を変えていきませんか?

母親に否定されることは、ダメージが大きい。

子どもにとって母親は自分の一部でもあるのです。

そして、私たちは自分を否定されるような言葉は

受け取りたくないものです。









子どもは子どもの人生を生きています。

色んな経験を積んで大人になっていきます。

私たちがそうだったように。

守ってあげたいという気持ちはわかりますが、

経験こそ宝です。








だからといってなんでもOK!なわけでは

ありません。どうかな?と思うことがあった時は

「そう感じたんだね〜」と話を一旦受けとめて

その後に、






「ママはさ〜◯◯くんの言ってること

スゴくわかるんだけどさ〜〜、△△くんはどう

感じたのかな?もしかしたら、その言い方は

好きじゃないかもしれないね」など、

さりげなく子どもが

相手の気持ちを考える機会をつくるようにして

みましょう。







どんな時も基本的には「ママはあなたの

味方」というところからのアプローチ。

この気持ちを持ちながら

伝えることをしていきませんか?







そのためにも、否定から始めない。

親である私たちは、子どもを自分と一体と

考えてはいけないのです。

子どもの人生は子どものもの。

子どもがどう考えていくのかは、経験から

つくりあげていくもの。







「ママはあなたの味方」が伝わる言葉がけを

していきましょう。

そのほうがずっと親子が仲良く生きていけます。







子育てを楽しもう!







満席御礼
もっと大切にわが子を育てたいと
思っている方へ

ーーーーーーーーーーーーーーー

何かと忙しいママのために

毎週1回5分だけの動画講座

『頑張らないで笑顔の子育て
コミュ力UP⤴︎動画講座』

ーーーーーーーーーーーーーーーー












LINE登録よろしくお願いします❣️
友だち追加



日常の小さなできごとを愛する生活
☆** 40代50代のママブログ **☆