心地よい暮らしと
わたしらしい生き方


ママのための
ライフスタイルコーチstellaです。

365日朝8時に更新しています!


 

登録して下さると更新した記事が
届きます。よろしくお願いします。 



LINE公式はこちらから

友だち追加
只今419名ご登録頂いています。
ありがとうございます。




「どうせそんなことできないし」

 子どもが「できない」「やれない」と言い出すと

ちょっと不安になるのが親心。

なんとかしてあげたいと思っちゃいますよね。








そんな時どうされていますか?







「頑張りなさい、やればできるわよ!」

「あなたならできる」

「やってみなくちゃわからない」


どれも大人からみたら、うんうん、そうそう!と

言いたくなる言葉がけ。

本当にそうなのですが、これってね、そのままだと

残念ながら、子どものココロに届かない。








ではどうするかですが、3つのことを意識してみて

下さい。

これをすると子どものココロの育ちだけでなく

親子の関係がよくなります。








意識すること3つ

✔︎受け取る

✔︎みつける

✔︎できたを育てる










一番最初は一旦受け取る。

こどもの「できない」を受け取ってみて下さい。

ただただ、そうなんだね〜そう感じるんだね〜と。

言いたいだけという場合もあったりもします。







そして、「できない」を紐解いていきましょう。

✔︎どこからその気持ちがでているのか

✔︎何があればできると思えるようになるのか

✔︎そもそも甘えたいだけなのかどうか






その上で、できそうなことを一緒に見つけて

みて下さい。

甘えたいのなら、甘えさせることから始めてみましょう。







最後に「できた」を育てる。


どんなことでもいいです。親子で一緒に

「小さなできた」の芽を育てていきましょう。

DF89E739-EB84-4AAB-821E-A5EAB368FE8F







そしてね、ママはこどもに「できるよ」という気持ちを

心にもちながら、接してみましょう。

ママの声かけが、子どもの勇気になれるように。









<お知らせ>
只今満席のコーチングセッションは、3月になったら
終了される方がいらっしゃるので、2枠募集予定です。
(まだ未定ですが)
受けてみたいと思われている方は事前にLINE公式に
ご登録下さいね。そちらから先行案内とさせて頂きます。


line公式登録よろしくお願いします。
友だち追加



日常の小さなできごとを愛する生活
☆** 40代50代のママブログ **☆