あなたらしい子育てと生き方を
手に入れよう

ママのための
ライフスタイルコーチstellaです。

365日朝8時に更新しています!


 

登録して下さると更新した記事が
届きます。よろしくお願いします。 



LINE公式はこちらから

友だち追加
只今413名ご登録頂いています。
ありがとうございます。



5F9B683E-8561-47C9-B122-BCA3E0C56210



子どものタイプにもよるけれど、

ほっておいても自ら楽しくできる子と

最初はサポートが必要な子って

いると思うんです。






自ら楽しくできる子には

「勉強って楽しいよ」

って小さなうちから言っておくだけで

さほど苦労はしないかと。






でも、勉強をしていくうちに何かでつまずいて

わからなくなったり、

楽しさを感じられない時、

他に楽しいことがたくさんある時は

そりゃ〜そっちに気持ちがいっちゃう。






そんな子には、まずは親がそばで

「勉強って楽しいよ!」という姿を見せるのが

近道。






そのためにも、一日の中で机に向かう時間を

きちんと決めて習慣になるまで付き合う。

5分でも10分でもいいんです。

習慣の力は大きいので。







「時間になったからはじめるよ〜」と

軽く声をかけてみんなでやってみる。






その時に、絶対に指示命令をしないこと。

内容に口出ししないことと、

親は親の課題に取り組むこと。






一緒に勉強するというのは、

親が子どもの勉強をみてあげるよ〜〜

ということではなくて、

親が勉強に取り組む姿勢を見せることが目的。

それプラス、わからない時にはいつでも

きいていいよ!というスタンスで、

自ら勉強に取り組んでみて下さい。







本来は誰でも何かを知ることは楽しいもの。

そして、学びとは、自ら取り組むことが

大切なのであって、

やらされていることだと誰でもやる気を

失いますよね。






まずは10分トライしてみて下さい。






それからね、ママは一人で抱え込まないでね。

家族や学校の先生、塾の先生なんかも巻き込んで

「楽しく学ばせたいんですけど

どうしたらいいですか?」って問いかけて

みて下さい。







あとは、友達と勉強させてみる。

目標がある子の場合は、これもとても効果的です。

わが家の場合は受験は終わりましたが

もういかなくていいのに、塾に行って

友達と自習しています。

これってね、みんなでやるのが楽しいから。







どんな時も楽しいが最強のモチベーション。







子どもの楽しい!を応援できる親に

なりませんか?







line公式登録よろしくお願いします。
友だち追加



日常の小さなできごとを愛する生活
☆** 40代50代のママブログ **☆