いい・わるいを手放して
「あなたらしい子育てと生き方」を
手に入れよう

ママのための
子育て&ライフスタイルコーチstellaです。



Instagramを新しくしました。
Instagram

 

登録して下さると更新した記事が
届きます。よろしくお願いします。 





はじまりは

知人の子の母親への暴言からでした。

人を介して聞いた暴言の数々

ここでは書けませんが、

本人は母親には言えずに、他で

吐き出すしかなかったのでしょう。






そんな聞くに堪えない暴言と共に

「どうせ私はできないから」と呟く一言に

私は切なさを感じて




「わたしをできない子って言わないで」

「ちゃんとわたしをみて」

「わたしを愛して!」

その子が悲鳴を上げているようで





今考えるとおこがましいのだけれども

その時はその親子をなんとかしてあげたい!!!

その一心でつくった子育てコーチングの講座。


03524E5C-B3B8-4EB1-8276-E1D830662DFB




結局のところ、その母親に受講してもらうことは

叶わなかったけれど、その講座を開いてみたら

今度は他のママたちの切実な思いに出会うことに。






「こんな私でいいのかな」

「どうして怒ってしまうのだろう」

「もっとわが子にしてあげられることがあるのでは」






私達は出産と同時に母親になる。

子育てを学んだことはなく、

心の取り扱い方も知らない。

教わる機会があるとすれば自分たちの親のやり方と

本や講演会ぐらい。






それでは本当に大切なことを置き去りにしてしまう。

自分の気持ちも、子供の気持ちも、夫の気持ちも。







そもそも、自分の気持ちに向き合うことすらせずに

生きている。

特に子育ての真っ最中は、まるで時が止まったかの

ように自分のことはいつも後回しにしてしまう。






でも、その後回しが結局はストレスになって

子どもに当たってしまって自己嫌悪に陥ったり

夫婦喧嘩に発展したり、、、。





もっともっと仲良くなれるのに

もっともっとお互いを思いやれるのに





私は、どのママにも

「あのときは仕方がなかったの」

で終わって欲しくないのです。





知ることでわかることがある。

わかることでできることがある。

できることが増えていき、

慣れていくことで、

自分を変えていくことができる。







少し前に終わった自宅での受講生のアンケートの

枠外に、大きく「救われました!」の文字。

思いが届くとはこういうことなんだと

私の方が救われた思いでいっぱいに。(泣)







今日は5期生の修了日。

今回もまた最高のメンバーで本当によく笑い

泣き、よく喋りました。(笑)

人と人のつながりの大切さを教えてくれたのは

いつもいつも受講生さん達。本当に有難う。

今までの受講生さんも今日のみんなも。







今日で一旦修了ですが、私はこれからも

彼女達の伴走者、どんな時もサポートできるように

し続けたいと思っています。






そして、子育てコーチング講座はこれで終了。

今後は、子育てから暮らしまでを含めたママ達の

人生そのもののサポートができる長期講座へと

カタチを変えていく予定です。

夏からモニターをお願いして、晩秋に本格スタート。






今日は終わる日ではなく、始まる日。






気持ちの整理と決意をしたくて

ブログに書きました。

今日も読んで下さり、有難うございます。





主婦の独り言