おはようございます。
朝から台風19号の進路が気になって、、、
皆さんも落ち着かない時間を
お過ごしかと思います。

どうか大きな被害がでませんようにと
祈るばかりです。


*  *  *

土曜日は子育て&ライフコーチstellaとして
発信しています。

*  *  *


先週、期待はしてもいいけれど、
過度な期待は
子供を潰してしまうことになると
書きましたが、




<期待>の何がいけないのかについて
書いておこうと思います。


期待って、「こうあってほしい」
という枠をつくってしまうことでもあって、


例えば、受験で名門校に入ってほしい
というようなわかりやすいことでなくても、
「ダラダラとゲームしない子になってほしい」
「時間通りに寝る子になってほしい」
「聞きわけのいい子になってほしい」
「普通に勉強する子になってほしい」
「就職してほしい」
「結婚してほしい」

って、ずっとずっとキリがない。
(普通って、、、これも危険なワードですが、
今回はおいといて。)



期待という枠は、子供にとっては
窮屈でしかたのないもの。


親にとっては期待通りにいかないと
がっかりした時の対応は悪くなりがち。
(前回書いてますが。)

 
それに、
「◯◯するいい子、悪い子」というように
簡単に条件になりうることも
 
「いい子」=「私にとって都合にいい子」になって
しまっていることもある。



一度考えてみませんか?

その期待は、子供のためでしょうか?
自分のためでしょうか?


子供に幸せになってほしいから、、
と言いながら、
自分が安心したいだけでは?

愛情からなのか、不安や怖れからなのか。


もちろん、母親の心の安定は大切なので、
それはそれでいいのです。


ただ、それを自覚しておくこと。
「今、私は自分が落ちつきたくて言ってる」
というように。


そして、それに気がつけたなら、
どう子供に伝えたら、気になる行動が
変わるのか、お互いにいい状態になれるのか
考えてみませんか?


子育てコーチングでは
お母さん自身のココロの整え方、
思考のクセのはずし方もお伝えします。


自分の中に子育ての軸、持ちませんか? 



今日も読んで下さって有難うございます。
ポチッとひと押しもよろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
 
読者登録してもらえると
さらに嬉しいです! 
↓       ↓ 


子育てコーチングは子供とのコミュニケーションを
より豊かにすると同時に
子供の育ちに大切な非認知能力を高めることにも
つながるものです。

コーチングセッションはオンライン(zoom)でも受付中、
時間帯は可能な限りご要望に応じます。

子育てコーチングの講座は準備中、
(開講は11月からの予定です。)
どちらも個別にメールにてお問い合わせ下さい。
※女性の方のみ