ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 

 


バレンタインまであと二日、皆さん

チョコレート買われましたか?


我が家は、娘がつくるチョコが決まった時点で

ひと仕事終わった気分でいてしまい、
→無印のチョコキットの話☆

今年はチョコレートのイベントにも店にも出掛けず、

気がつけば、あと2日しかな〜〜〜〜い!!


ただ、今年もネスプレッソでまとめ買いをしたら

チョコレートをプレゼント!の企画で

一箱ラスベリーの香るチョコがあるので、、、


「もう、よくない?」
(もうってどういうこと〜?)

「今年はいいよね?!」なんて、思ってみたり。
(今年はってなに?なんで?!)

なんでしょうね、この気分がのらない感じは。

たぶん、自分がダイエット中というのが大きいんですが。
(私の場合、自分が食べたいためのバレンタインチョコなので。)

楽天でチョコチップは買ってあるので、

何かつくることにします。
(確かバレンタイン用にチョコを買った気がする。笑)




さて、話変わってイイホシさんのうつわ、

新入りはsuna:オフホワイトです。

20180211-IMG_9940
これでカップが家族分ようやく揃いました。

このサイズのカップは、たっぷりとコーヒーや

カフェラテを飲みたい時にもいいですし、

我が家の場合、スープで週3回は使ってます。

20180211-IMG_9946
この可愛らしさで、

食洗機もレンジもOK!!って有難いですよね。


ただ、イイホシさんのうつわ、同じカタチであっても

気をつけなければならないモノもあるそうです。


実は以前友人が、ちょっとしたアクシデントで

器の色が変わったと話してくれたことがあって、

私はそれまでイイホシさんの器でそんなことは

なかったので、「焼きの加減のせいかしら?!」

なんて勝手なことを思っていたのですが、

釉薬の種類の違いでおきるのだそうです。



同じカタチでも釉薬:RURI(きれいな青)のものは

酸に弱いので、

酢の物、柑橘系フルーツ、梅干しなど

には使わない方がよいそうです。


また、釉薬:MOKUだけは、

電子レンジ、食洗機不可なのだそう。


以前読んだ高田郁さんの本

みをつくし料理帖シリーズ「天の梯」で、
(TVドラマにもなったことのある江戸時代の物語)

主人公の澪が毒をもったのではないかと

疑われた時に、(留守番をしてた子が間違えたのだけれど)

「酢は食材の毒を消す一方で、器の色づけのために

使われた毒を溶け出させてしまう。

そのため絵付けの皿に酢の物を盛ることはけして

してはならぬー料理の道に入った折に、

師と敬うひとからそう教わりました」

とあって、


江戸時代の頃のうつわは、そんなことが

あったのかもね〜なんて昔の話として

捉えていたのですが、

現代でも、釉薬はまだまだ色々なことがあるようです。

釉薬を変えるだけで全然違った趣になったりしますし、

不思議な、そして素敵な世界ですよね。




うつわを買う時はメンテナンスまで

お店の人にきく!と思っておいた方がよさそうです。

でも色々質問するのって、勇気いりますよね。
私があれこれ聞けるようになったのは、おばちゃんになったからか!
今では全然躊躇なく聞けます。(笑)
それ以前に厚かましい性格のせいかも。ははは。


もしわからないことがあれば、

メールで問い合わせるのがいいかもしれませんね。




可愛らしくって使いやすいイイホシさんのうつわ、

上の2つのタイプだけ気をつければ、あとは食洗機も

電子レンジもOKですし、とってもオススメです♪


我が家はお気に入りが増えました〜♪
お気に入りのうつわたち
家事が楽しくなるモノ・工夫

作家モノの「うつわ」や「こもの」



チョコレート


ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


読んで下さって有難うございます。
ポチッと応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ