ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 

 



IMG_0894
土曜日は、私が学び中の<子育てコーチング>で
「なるほど〜!」と思ったこと踏まえて
子育てについてあれこれを書いています。 
ちょっと知っておくだけでほんの少し
誰かの気持ちが楽になれたらいいかな〜と思いつつ...。
   

ある時ママ友に(今や親友でもある大切なママ友です。)

「子供に『どうして勉強しなきゃいけないの?』

って聞かれたら、なんて答える?」

と尋ねられました。


その時真っ先に浮かんだのは

「わかると楽しいから。」だったのですが、

そんなの答えになってないな、と思い、

「生きていくには〜」と、あーだこーだと

自分の思っていることを話したのですが、

それからずっと気になっていました、その答え。



友人にもその子にも、きっと私のつたない答え

ではない、もっと素敵な、もっともっと

心にす〜っと入ってくる言葉で、

「本当にそうだね〜!」と共感できる

ような何かがないものかと。



それからもう数ヶ月経っていますが、

やっと見つけました!その答え。

図書館で。

IMG_0893
この本は、20人の方がそれぞれの立場で

それぞれの考えを

上手に伝えてくれていて、

※追記です。
「可能性、わくわく感と夢を広げる手段」
「自分が世界にできることを”えらぶ”ために」
「子供の頃の勉強は、きっとあなたを助けてくれる」
など、


どうして勉強するのか?の幾通りもの考え

提案があります。



お子さんに聞かれて上手く説明できない方、

自分の考えだけでなく、他の意見も聴きたい方、

漠然とした考えはあるけれど、伝えるまでは

いかない方など、そんな答えを探している方々

オススメしたいと思います!



ちなみに、私は鎌田實先生の考え方が

素敵だなと思いました。

他の方の考え方も学ぶところが色々ありました。



少し大きいお子さんには自分で

読んでもらってもいいかもしれません。

「いろんな意見があるけれど、あなたは

どう思うのか?」と問いかけながら。



どんなことも答えは一つではないと言いますよね!

家庭一つとっても、考え方は様々です。

だからこそ、親としての自分らしい答えを探す

ヒントになればいいな、と思います。

そして、親と子でも考え方は違うものなので、

「こんなふうに考えてみては?」

「母は(私は)こんなふうに思っているけれど、

あなたは?」などと聴きながら、

その家庭それぞれの答え

出せるといいですよね!



結局のところ、笑顔になれるのが一番
勉強が楽しい子も苦手な子も
学ぶ意義がみつかるといいな!

笑顔になれる子育て

勉強、学習、生活

小中学生を子育てしてるママへ



大事なことも人それぞれですね!
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
日常の小さなできごとを愛する生活



読んで下さって有難うございます。
ポチッと応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ