カテゴリ: 思うこと

ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。登録して頂けると嬉しいです。↓  今年は春休みや妹家族の帰省がかぶったこともあり、連日どっぷり花見三昧。桜の誘惑にも負け続け、子供が小さかった頃、毎日のように連れて歩いた公園へ片っ端から順に 花見がてら出かけてま ... 続きを読む
ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 

 



今年は春休みや妹家族の帰省がかぶった

こともあり、連日どっぷり花見三昧。



桜の誘惑にも負け続け、

子供が小さかった頃、毎日のように

連れて歩いた公園へ片っ端から

順に 花見がてら出かけてますが、

どこをみても桜、桜、桜

IMG_1016


IMG_1012

IMG_1018
IMG_1014
 IMG_1020

あれこれやらなくちゃという気持ちを

手放して、今週は目一杯、桜を楽しむことに

しました。



公園に行くと、娘が一段一段上ったり下りたり

を繰り返して、なかなか前に進めなかった階段とか

15分もあればぐるりと回れる公園を1時間半かかった

とか、小さな子供にはとても時間がとられるから

家に戻ると私がぐったりしてたわ〜なんて

懐かしいというよりは、よく付き合えたな〜と

いうことを思い出していました。(笑)



公園でどんなふうだったかを娘に話すと

「え?そうなん?ここにも来てたん?」

って、全く記憶にない。そりゃそうだ。



子育て中のママ、

頑張りすぎるな〜〜!!

子供は何も覚えてない。
(もちろん、覚えてなくても子供とのかかわりは大切ですが、)

何かしてあげなくちゃと思わなくても大丈夫。

あちこち連れて行かなくちゃと思わなくても

大丈夫。

自分がどうしたいかも大事です。



桜が咲いているからって、花見しなくちゃ

お弁当つくらなくちゃ

なんて思わなくても大丈夫。

桜は毎年咲いている。

力抜いていきましょ〜!!

「できるときに、できることを、できるだけ」

でいいんだと思います。




ちなみに力を抜き続けている私は

昨日もベーカリーでパンを買っての花見です。
IMG_1019
パニーニ美味しかった〜。


それから娘がセブンイレブンで選んだスタバの

炭酸水。

IMG_1021
炭酸強めでシュワッとなるらしく

楽しそうに飲んでいました。

次は香料なしの水を選んでみるそうです。

子育てを楽しもう♪

主婦のつぶやき・・・(*'-'*)

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



読んで下さって有難うございます。
ポチッと応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ


png
コラム掲載中!





ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。登録して頂けると嬉しいです。↓  先日、久しぶりに夫婦だけで食事に出掛けたのですが、話すことと言えばいつもと同じく娘のことばかり。それはそれで話は尽きないのでいいのですが、ふと、夫の趣味について質問してみたらま ... 続きを読む
ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 

 


先日、久しぶりに夫婦だけで食事に

出掛けたのですが、

IMG_0904
話すことと言えばいつもと同じく

娘のことばかり。



それはそれで話は尽きないのでいいのですが、

ふと、夫の趣味について質問してみたら

ま〜あれこれ話す、話す。(笑)

IMG_0946
(こんな白ワイン初めて飲みました。美味しかった〜。)



普段それほどおしゃべりな人ではないので、

少し面白くもあり、

へぇ〜と思うことも色々あって、

知り合って長いけれど、

まだまだ知らない人だな〜と

改めて思いながら、話を聴いていました。

IMG_0947
(お料理も絶品でした!)



そして、主人の話を「聞く」ことはあっても、

耳を傾けてただただ「聴く」ことって

なかったかもしれない。とちょっと反省。



夫婦の会話ってきちんと成立しているようで

していないのかもしれません。

何かと慌ただしく過ぎる毎日、

子供のことだけでなく、

夫の興味のあること、自分の考えていること

お互いになんとなくわかっているつもりで

わかっていないことの方が多いかも。



話すことで思考は整理されるといいますし、

たまには夫婦だけでのんびり話す時間も

つくらなくては、なんて思ったひとときでした。


主婦のつぶやき・・・(*'-'*)

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



読んで下さって有難うございます。
ポチッと応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ







 

 

ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。登録して頂けると嬉しいです。↓  ダニエルで買ってきたカヌレ。ごま味も美味しい〜!!今日は家事&主婦についての呟きです。私のまわりにも多いのですが、(私とは違って)優しいお母さんや妻って、なんでも自分で背負いす ... 続きを読む
ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 

 


ダニエルで買ってきたカヌレ。

ごま味も美味しい〜!!
20180222-IMG_0044

今日は家事&主婦についての呟きです。



私のまわりにも多いのですが、
(私とは違って)

優しいお母さんや妻って、なんでも

自分で背負いすぎる傾向がありませんか?



それもあんまり自分で気がついてなかったり、

多少不満に感じても流してしまって、それで大丈夫と

思っている方多いように思うのですが

いかがでしょうか?



少し前にも新聞の投稿に、年配の女性が

お正月も自分だけが家事をしなくちゃいけない、、、

とつぶやいてらっしゃる記事があったのですが、



娘が家族をつれて帰ってくるから

「ごちそうつくってあげなくちゃ。」とか

「お布団干しといてあげなくちゃ。」

とせっせと準備し、帰ってきたらきたで、

娘がゆっくりできるようにと、孫の面倒までみて

疲れ果ていつしか、自分の家へ早く戻って

くれることを心待ちにしてる、、、なんて方

多いようです。 



してあげたいって気持ちでやっていることだけど

「ちょっとは労ってほしい!!」と思うのは

当然のことなのですが、(特に夫にでしょうけれど)



何も言わないから、誰も気がつかない!

察してくれるなんてことももちろんない!



お正月、みんなは休んでいても

母や妻だけ働くという構図は、

帰省する・しないにかかわらずけっこうな確率

であるような気がします。

当たり前になってしまっているとなかなか

変わることってありません。


だから、自分が楽しめていないと感じた時点で

その気持ちは家族みんなに伝えた方が

よいのでは?!

「ちょっと助けてね。」とか

「これだけはやってね。」とか

もし、分担決めることに罪悪感を感じるなら、

せめて「洗い物だけはよろしくね。」という程度に

自分を解放してあげた方が、いきなり爆発するより

ずっといいと思いませんか?



私は爆発なんかしないわ。と思っている方、

そういう人ほど自分で知らないうちに

ため込んでたりするんです。

突然爆発されると、まわりはかなり困ると思います。

それは親子ではなく夫婦だけの場合でも同じことですが。

そして、相手はわけがわからないから、余計な衝突を

重ねることになる。
(なんかこわ〜い、気をつけようって場合もありますが。)




我慢に我慢を重ねない!

その「わたしがちょっと頑張れば〜」

「わたしさえ少し我慢すれば〜」という気持ちが

いつの間にか娘や息子に

母とは一人でも頑張るもの。」と思わせていたら、

知らず知らずにそんな刷り込みをしていて、

未来、子供が同じ姿で一人家事をしていたら

もしくは全然知らん顔の夫に育ててしまっていたと

したら、切なくなりませんか?




お盆やお正月だけでなく、週末なども一人で頑張らない!

お休みの時は“母”も“妻”も“嫁”もお休みする時間をつくる。



専業であろうと兼業であろうと、家事は

分担できるしくみを緩やかにでもつくって

おいた方が、誰か一人が動くのではなく、

みんなで片付けて、みんなで寛ぐ時間を作る方が

誰にとっても楽しいと思います。



そんな急にはムリって方

「ちょっと助けて〜。」って、けっこう効き目

ありますよ!「ちょっと手伝って」ではムリでも

助けてってどうやら響く言葉のようですよ〜。

頑張りすぎないって大事なことだと思います。



我が家の場合は、
手を抜きすぎないが大事なんですけどね〜。(汗)

主婦のつぶやき・・・(*'-'*)

主婦のつぶやき&節約&家事etc...



ストレスは溜め込まないにかぎる!
主婦のストレス


ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活




読んで下さって有難うございます。
ポチッと応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ





 
 

ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。登録して頂けると嬉しいです。↓  先日の雪の日にiPhone6sで撮影した雪の結晶。※撮影者は夫です。iPhoneって、6sでもこんな結晶が撮れるんですね!びっくりです‼️(まだ私はiPhone6、夫はiPhone6Sですが、それでもかなり優 ... 続きを読む
ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 

 


先日の雪の日にiPhone6sで撮影した雪の結晶。
※撮影者は夫です。
18
iPhoneって、6sでもこんな結晶が撮れるんですね!

びっくりです‼️
(まだ私はiPhone6、夫はiPhone6Sですが、それでもかなり優秀ですよね!
最新機種はどんなことまでできるのか、次の買換時期まで楽しみに待ちたいと思います。)




さて話変わって、ここ最近自分の中でかなり

変化してきているな〜と思うのは、


"モノをどれだけ持っているか"とか

"どんなモノを持っている"のか

ではなくて、

"持っているモノをどれだけ生かせるか"

が大切になってきているということ。



あれもこれも欲しかった頃は

あんなふうになりたい、こんなふうにみせたい

と、まわりからどうみえるかという

視点に立っていってましたが、


物欲が少しましになった今、
(ないとは言い切れません、まだまだ。笑)

モノを買う時に思うのは

自分がどう使いたいか、服ならどう着こなしたいか

どうしたら快適かということ。



年を重ねてきたことで、“自分らしく”

なんとなく見えてきたということもあるし、

昨年からの断捨離で、

少しモノとの付き合い方が変わってきたような

気になっています。



ただね、若い頃のあれもこれもっていう時期も

私には、けっこう必要だったと思ってます。


「あ〜失敗したわ〜。」とか

「無駄だった。」

「買ったのにあまり使わなかった。」とか

そういう気持ちが積み重なって、残念な

経験をしてきた上に、やっと

“自分らしさ”がでてきたように思うんです。
(最初から自分らしさがわかっている素敵な人もいますけれど。)



高いからいいとか、安くてお得とか、

そういう基準ではなくて

着心地だったり、肌触りだったり、

使い勝手がよかったり、

いろんな視点を持つ機会があったからこそ

"自分の好き"がなんとなくつかめてきたのかな〜

なんて思ってます。



そのうちね、

「モノの価値を決めるのは自分!」

そんなことを豪語できるような人になりたいわ〜。

まだまだ言えそうにもありませんが。


それに、そんなことばかりを声高に言う人って

違う意味でちょっとモヤっとしそうな気もするので、

豪語するのではなく、自分でわかる、思う、

程度がいいですね!!笑



これって断捨離効果なのかしら?!

断捨離♪



見直したいのは暮らしの全て。

暮らしの見直し
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
もっと心地いい暮らしがしたい!



シンプルで豊かな暮らし...にはまだ遠いけど。

シンプルで豊かな暮らし

暮らしを楽しむ


読んで下さって有難うございます。
ポチッと応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ


クラムチャウダーの記事
↓ ↓ 

png


ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。登録して頂けると嬉しいです。↓ 今日はいつもとは違った内容ですが、お付き合い頂ければ幸いです。先日、小室哲哉さんが不倫騒動の責任をとって引退表明されたそうですね。TVがないので、映像は見ていないですし、不倫かどう ... 続きを読む

ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 


今日はいつもとは違った内容ですが、

お付き合い頂ければ幸いです。


先日、小室哲哉さんが不倫騒動の責任をとって

引退表明されたそうですね。

TVがないので、映像は見ていないですし、

不倫かどうかもわからないことについて

あれこれ勝手なこというつもりはないのですが、

介護という言葉がその報道の一部に書かれていて

そちらは気になるところなので、、、、 



私は実父を看取っていますが、それも介護をした

期間はたったの一年でしたが、

精神的につらかったです。

その時は毎日精一杯で、つらいなんて言葉は

思いつきもしませんでしたが、

10年以上経って思うんです、

辛かったんだなって。


その頃すでに結婚していて、離れて暮らしたので、

片道2時間、電車に揺られてる間に気持ちを

整えて、自分の家に戻れば切り離せる環境

だったので、まだまだ辛いなんていえない

ものだったのかもしれませんが、

仕事を辞め、次のことに取りかかろうと

思っていた矢先で、この生活がいつまで

続くのだろうという不安もあったし、

超多忙だった主人ともゆっくり

話すこともなく、(主人にしてもどうしたらいいのかさっぱりわからなかった
んじゃないかと今は思います。)


今のようにコミュニケーションがちゃんと

とれておらず、ほとんど顔を合わせることもなく、

お互いに相手を思いやる余裕もなかったような

状況だったし、

いつでも頼りになった父が、少しずつ出来ないことが増え、

不安そうにしていて、その父と毎日どんなふうに

病室で過ごしていたのかもよく覚えていません。


娘の私でさえしんどかったのに、パートナーである母は

もっともっと辛かっただろうと思います。

父の会社のこともあるので、つきっきりでは看られないからと

半年間は毎日病院に泊まり、会社に通い続け、

そこは今でも凄いと思っています。(が、私はちょっと母が苦手。)



もう病院でできる治療はないということで半年後

自宅(実家)で看ることになってからは、

一体何をつくって食べさせていたのかも覚えていないし、

食べたいと言っているものが何かさえわからず
(脳梗塞を何度もおこしていた時期でどんどんしゃべることが難しくなっていて)

今更ながら申し訳ないと思い出すこともあります。



あの頃、もし介護のことがわかっている人が

そばにいて時々話を聞いてくれていたら、

それだけでも気持ちは少し楽だったかもしれません。



介護される方だって、どんどん衰えていく自分と

向き合うことはつらいでしょうし、ついまわりに

あたりたくもなるでしょう。

その気持ちも上手にくみ取ってあげられる人も

必要ですよね。



家族だけでは補えないものがありますよね、

介護って。

あの頃よりはずっと介護のサポートは進んで

いるとは思いますが、まだまだお仕事を辞めて

介護しなければならない方も多いと聞きます。

金銭的なことだってあるし、看取った後も人生は続く。

介護する人が仕事をやめて介護しなければ

ならないなんて、そんなつらい状況に追い込ま

れることがなくなればいいのに、と思います。



私はできれば、娘の負担にはなりたくないし、

娘には自分の人生を生きて欲しいから、

もしその頃仕事をしていたら、その仕事は

どんなことがあっても続けて欲しいと願ってます。



そして、介護する人にもサポーターが欲しい。

友人に話したとしても、聞いてもらう方も

聞かされた方もなんだかしんどい、

となるのもお互いつらいし、同じ境遇でないと

なかなか難しいところもある。


同情してほしいわけでもない、

同調してほしいわけでもない、

ただただ共感してほしい時ってあるんです。

少し気持ちを切り換えられる、そんな時間が必要な時がある。



介護って人ごとではない、いずれ自分も

介護される側になるかもしれない。

そりゃ〜、ピンピンコロリといけば一番ですけど

そんなふうに思い通りにならないですものね。



だから、もう少し介護の世界が明るく人生の一部として

組み込まれるような(組み込まれるって言葉が適切かはわかりませんが)

不安を個人で抱え込まないでいい社会

そんな考え方、捉え方に変わればいいな〜と、願ってます。



ひとりごと
主婦のつぶやき・・・(*'-'*)
家族の介護・お世話

気がつけば、親はもう高齢者。
高齢者の健康維持と介護


生活と切り離せないことですよね。
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


読んで下さって有難うございます。
ポチッと応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ