カテゴリ: 子育てコーチング

おはようございます。子育て&ライフコーチstellaです。土曜日はコーチングについてのあれこれを書いています。さて、いきなりですが、あなたが今一番大切にしたいものは何ですか?「者」なのか「物」なのか「事」でもいいのでパッと思いついたことは何でしょう?家族?子供 ... 続きを読む

EE34F042-1E69-4BC4-B74A-BA55C1470947

おはようございます。
子育て&ライフコーチstellaです。
土曜日はコーチングについてのあれこれを
書いています。



さて、いきなりですが、
あなたが今一番大切にしたいものは
何ですか?


「者」なのか「物」なのか「事」でもいいので
パッと思いついたことは何でしょう?



家族?

子供?

仕事?

趣味?

時間?

お金?

自分自身?



それを大切にするために何があればいいですか?
何が必要?


大切にすることでどうなりたいのでしょう?


例えば、家族が大切な人は
その家族とどうありたいのか、
どんな関係性だと大切にできていると
感じることができるのか


そうなるために今何が必要なのか
自分には何ができているのか


そんなことをやりとりの中から見つけ出し
行動にうつし、確かな未来へと
変えていくのがコーチング。


どうしても一人では
わかったつもりになってしまい
そのまま放置した状態になったり
頭の中で考えるだけでは堂々巡りで
終わってしまう。


そんなもったいない現状を変えて、
一歩踏み出すために


どんな愚痴や弱音を吐いても
たった一人でも
あなたならできるよ!と信じ、
応援してくれる人がいたら
いつも声をかけてくれる人がいたのなら
どれほど心強いでしょうか。

コーチとはそういう存在です。


びっくりするほど簡単に一歩を踏み出せることも
あれば、とても時間のかかる事柄も人もいる。


それでも現状維持よりは
一歩進める方がいい
と私は思います。


失敗したっていい。
失敗こそが学びにつながる。
何度もトライ&エラーを繰り返し
確実に未来を変えていく。


人は変化を恐れる生き物ですが、
それでも何かしらの行動を起こしたら
あなたは既に変わっているのです。

その選択をした時に。


今日も読んで下さって有難うございます。
ポチッとひと押しもよろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
 
読者登録してもらえると
さらに嬉しいです! 
↓       ↓ 


コーチングセッションはオンライン(zoom)でも受付中、
時間帯は可能な限りご要望に応じます。

子育てコーチングの講座は準備中、
(開講は秋が深まる頃の予定です。)
どちらも個別にメールにてお問い合わせ下さい。
※女性の方のみ



 

おはようございます。土曜日は子育て&ライフコーチstellaとして記事を書いています。さて、タイトルの「ごめんなさい」皆さんはいつでも誰にでも言えますか?誰にでも言えるよ!という方は心が柔軟、いいですよね〜。私もそうありたいのですが、、、一年に一回ぐらい言いた ... 続きを読む

76852D3C-083B-44C0-96B9-FCCE9CDEA5DD


おはようございます。
土曜日は子育て&ライフコーチstellaとして
記事を書いています。



さて、タイトルの「ごめんなさい」
皆さんはいつでも誰にでも言えますか?


誰にでも言えるよ!という方は
心が柔軟、いいですよね〜。
私もそうありたいのですが、、、
一年に一回ぐらい言いたくない!
という時があります。(汗)



相手によって言えないという方、
それは誰にでしょう?

嫌いな上司、喧嘩した夫、両親、
生意気な態度の時の子供、などなどに
向かっては言いたくない!ですよね〜。


うんうん、
感情がざわつく相手にはなかなか
素直になれないものです。
だって、理由は山のようにある。



でもそれ、自分で自分を苦しい状況に
追い込んでいることに気がついていますか?



タイミングを逃したり、素直になれずに
謝らなくちゃと思いながらも
他人や環境のせいにしてみたりと
考えが巡っている状態は
実は無意識に「できない私」に目をむけて
自分を責めているようなもの。


「折れたら負け」と思っている時は
その関係上で上下をつけて不毛な勝負をし、
優位に立とうとしている。


そうやって、謝らずに現状維持することは
ストレスを自分で抱え込むことになり、
かなり辛い状況。


それでもできないんだな〜これが。
手放せないんだよな〜という時は、


関係が硬直してしまう前に、
「ごめんなさい」ではなくて
「ありがとう」からはじめてみませんか?



どうでもいいような小さなことから
「ありがとう」と言ってみる。


嫌いな上司の小言にも
「そう考えたらいいんですね。ありがとうございます。」


気まずい状況でも何かしら行動した夫には
「ありがとう。助かる」


うるさくあれこれ口出しする親にも
「気にかけてくれてありがとう」


生意気な子供でも
その日はムリでも次の日にでも例えば
「自分で起きたのね、助かる。ありがとう」
といった些細なことで言ってみる。


え〜そんなの意味ある?
と思われた方、とりあえずやってみて下さい。


人は行動が変われば認知が変わる。
何かをすることで気がつくことが
あるのです。


とはいっても、どうしてもムリ!という方は
無理するのはやめましょう。
そんな考え方もあるんだな〜と頭の片隅に
おいといて下さい。


自分が心底変わりたいと思わなければ
変われないものです。
どうしてもムリな状態なのには
それなりの理由がある。


そして、心底変わりたいと思った時には、
方法はいくらでもある。
未来をつくるのは、「今ここ」からです。


あなたはどんな自分になりたいですか?

まわりとどんな関係をつくっていきたいですか?

どんな自分なら好きでしょう?


他人の言動に軸をおかず、
自分軸、つくってみませんか?


あなたは変われる。
変わろうと思ったこの瞬間から。


今日も読んで下さって有難うございます。
ポチッとひと押しもよろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
 
読者登録してもらえると
さらに嬉しいです! 
↓       ↓ 


コーチングセッションはオンライン(zoom)でも受付中、
子育てコーチングの講座は準備中

どちらも個別にメールにてお問い合わせ下さい。




 

おはようございます。土曜日はライフコーチ stellaとしてコーチングに関連したことを書いています。皆さんはラベリングorレッテルを貼るというと何を思われますか?私は中1の時に先輩からもらった言葉が「レッテルを貼られるな!」でした。中高一貫校だったので、高3の先輩と ... 続きを読む

おはようございます。
5E6BA103-D12D-4AB7-9309-6859C3EF18A1
土曜日はライフコーチ stellaとして
コーチングに関連したことを書いています。



皆さんはラベリングorレッテルを貼るというと
何を思われますか?



私は中1の時に先輩からもらった言葉が
「レッテルを貼られるな!」でした。
中高一貫校だったので、高3の先輩とも仲良くしてもらえる環境
だったのですが、あの時も今も思う、先輩発言が大人だわ〜。



“レッテルを貼られる”とそれを剥がすのは
とても大変だから、
そういうレッテルを貼られないようにね
ってことだったのですが、


今考えてみると、私たちは
簡単に様々なラベリングしちゃいますよね。


「◯◯ちゃんは女の子だから」とか
「◯◯さんって◯◯だよね〜」みたいな
言葉もそうですし、
「私って◯◯な性格だから。」
というのもそう。


これって一方的で断定的な見方でもあるし、
かなりの確率で思い込み。

ラベリングされると人はそのように
行動してしまうというハワードベッカーが提唱した
ラベリング理論のように、
人の行動にも影響を与えるものでもあるのなら
少し心を配っておいてもいいことだと思うのです。


とはいっても、そんなつもりはなくても
してしまっているのがラベリング。
いきなりラベリングはやめようというと
なかなか難しいことなので、
それならばプラスのラベルに
貼りかえていきませんか?



「◯◯ちゃんって引っ込み思案だから
人と上手に付き合えない」ではなくて、


「◯◯ちゃんは慎重だから
人と丁寧に関われる」
とか


「◯◯は頑固だから言ってもきかない」
ではなくて


「◯◯は意思が強いからやりとげる力がある」
とか。


その上で、もし相手に変わってほしいところが
あるならば、どんなふうに伝えれば
本人に必要なこと=気持ちが届くのかを
考えて、あなたがアプローチを変えていく。



親も子も何事も一つのことで
勝手に決めつけず、
しなやかな気持ちでかかわって
ラベルはプラスの言葉に変えていく!


ちょっとした心の持ちようで変わることは
どんどんいい方向に変えていきたい
ですよね!


今日も読んで下さって有難うございます。
ポチッとひと押しもよろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
 
読者登録してもらえると
さらに嬉しいです! 
↓       ↓ 



  
セッションや子育てコーチングの講座に
関しては個別にお問い合わせ下さい。

 

 おはようございます。stellaです。今日は以前書いた母との関係についてなのですが、どうぞお付き合い下さい。何度か書いていますように私は母のことがどうにも苦手で、それがここ数年ますますひどくなっていたのですが、長い学びの結果?!少し前に母のことを苦手と思って ... 続きを読む
 
おはようございます。
stellaです。


今日は以前書いた母との関係について
なのですが、
どうぞお付き合い下さい。

DB904634-BBF4-44C7-8AE9-99E806AF7003
何度か書いていますように
私は母のことがどうにも苦手で、
それがここ数年
ますますひどくなっていたのですが、


長い学びの結果?!少し前に
母のことを苦手と思っている自分、
母の思いを汲んでテキパキと対処して
あげられない自分を
自分で責めていたんだということ


私が罪悪感を感じなくてもいいことなんだ!
と思えるようになってから、
かなりラクに付き合えるようになって
きたのですが、






そこから更に進化?!して、
また以前のように一緒に旅に出かけるのも
悪くないかもと思えるようにまで
なってきました。



相変わらず母のキャラは濃いままで、
夏休みも小2の甥っ子と大バトルの末、
孫に言ってはいけないことで言い負かし、
甥っ子の「もう大阪ヤダ!」で
予定を切り上げて妹達は
帰ってしまったなんてこともあったのですが


母も甥っ子もどちらも“自分を尊重してほしい!”
という気持ちが強くておきたこと


それならば、私にもできることはあるな〜と
私ができるだけ母を引き受ければいいのだと
思うと「何とかなる!大丈夫!」と
気持ちが楽にそして強く?!なってきました。



もう既に母親の役目は終わっている
1人の年老いた女性である母、

いつまでも現役でバリバリと働き
海外にも行く母だから、(70代後半なんですけどね)


強いものには反抗したくなっていたけれど
もうずっと以前に私は上下の関係を
卒業した位置にいて、
母にも寄り添えるな〜と。


「あ〜したい、こ〜したい」と言われても
「それをされるとみんなが困って私は悲しい」と
素直に気持ちを伝えられたら
カリカリせずにぶつからずに
済むんですよね。


長いこと、私は振り回されていると
思っていたけれど、
私はもう大人で、それもおばちゃんで
心を扱う仕事をしようと生きていて、


学んだことを生かしたら、
“苦手な母”という私の思い込みからも
解放されました。



以前わが娘を見るたびに、母が
「あ〜私もこんな子が欲しかった。」
という言葉、
「じゃあ孫がいい子だから親孝行できたね!私」
と笑ってはいましたが、


本当のところは私は悲しかったんだな〜と
気がついて(この自分の気持ちに気がつくってとても大事なんです)
その自分の気持ちを受け止めた上で
母の気持ちを考えたら、
「手のかからない娘でよかったね!」
ということだったのだろうといいように思えたり、


私も母に“母親としてこうあってほしい”という
母親像をおしつけていただけだな〜と
笑えるようになりました。


かなり個性的ですが、愛すべき母、
色々問題はあるけれど
そのままの母で私はよかったんだと
母がいたから私は最終的に
こういう道に進んでいるんだなと思うと
心から感謝しているところです。



心理学の講座に通うと母が苦手という方が
かなりの確率でいるのですが
(同性同士が特に多い)
私よりずっと年配の方々でも
やはり母が苦手なのとおっしゃられていて


身内だからこそ難しいけれど
それがどこからきているのかがわかると
受け取り方がかわってくる。


私は長い長い反抗期だったのでしょう。
そして、もっと長い反抗期?!の方もいるし、
全然そんなことない方もいる。


それはみんな人それぞれの
親子の関係が近いからこそ
おきることなんですよね〜。



今つらい方は、ムリをせず、
急がずに、少し距離を置いて
心を解きほぐす
きっかけが見つかるといいのかもしれませんね。
私も長くかかりました。笑


まずは自分の本当の気持ちに向き合うこと
から始めてみるのもいいかもしれません。
 

今日も読んで下さり有難うございます!
ランキングに参加中ですので、
ポチッと一押しして頂けると嬉しいです!


LINEでの読者登録、よろしくお願いします!! 
↓ 




おはようございます。土曜日はライフコーチstellaとしてコーチングに関することを書いていますが、コーチングといわれても、ピンとこない方も多いでしょうしこのブログをずっと読んで下さっている読者の皆さまも、なんとな〜くこんな感じ?!と捉えてらっしゃるかと思うので ... 続きを読む

おはようございます。

3354CFE1-F838-48E5-BAE4-3EF7632C9CA3
土曜日はライフコーチstellaとして
コーチングに関することを書いていますが、


コーチングといわれても、
ピンとこない方も多いでしょうし
このブログをずっと読んで下さっている
読者の皆さまも、なんとな〜くこんな感じ?!
と捉えてらっしゃるかと思うので、
少し説明しておきたいと思います。
(いつも読んで下さって有難うございます!)



コーチングとはクライアント
1人1人に合わせて、
本人のまだ気がついていない想いや
本当になりたい姿を一緒に探し、見つけ
(答えはその人自身の中にしかないのです。)
それに向かって行動を促し、
実際に現実を変えていくことで
その人が幸せを感じる人生を手に入れるもので
あり、それをサポートするのが
コーチの仕事だと私は思っています。


コーチングといってもかなりの流派があり
ビジネスに特化したものは
目的を明確にしてそれに向かって最大限の
パフォーマンスにつなげることで
新しい未来をつくっていく!という場合も
あり、一括りにはできませんが、
ベースは同じですし、


アメリカではかなり浸透している
職業でもあります。
1990年代半ばには大手企業の70%が
エクゼクティブコーチングを取り入れる
ようになったそう。




そんなコーチング、そもそもの基盤は
心理学・カウンセリングの巨匠の方々の
考え方やり方を
取り入れたものなので、


私自身コーチングセッションを
行なっていると、
「カウンセリングのようで、
今日まで誰にも話したことがないことを
話せたわ。」
と感謝されることも多く、
涙が止まらないという方も何人もあり
(といってもまだ駆け出しだから何十人何千人の話ではありませんが)



人はどれほど心に様々な想いを秘めて
頑張って生きているのかと思うと
もっともっとサポート力をアップしたい!
と思うところでもあり、

今現在、心理学の学びも深めつつカウンセラーの
資格も取るべく勉強中ですが、、、って
話が横にそれましたが、


コーチングはゼロからプラスへ
カウンセリングはマイナスからゼロへと
その人の心をニュートラルにするもの
なのでしょうね。



さて、ではそのコーチングで私が何を
しようかとしているかといえば、


1人でも多くの人に自分の軸を持って
未来を楽しくできるように


子育てにおいては
母親が子育てで迷子にならないように


1人の女性として今をしっかり
生きていけるように


今までの自分に固執せず、
新しい考え方を手に入れて
豊かな未来を
その人が望むカタチにできるように


そんなことをベースに講座を開こうと
準備中。



既にセッションは受け付けていますが、
講座の中身はもう少し心理学も入れ
深めていきたいので、
開講は秋が深まる頃の予定です。
(セッションご希望の方はメールにてお問い合わせ下さい。)



コーチング、たくさんの方が既に
個人で講座を開かれていたり、
一般社団法人などを立ち上げ
大きな動きをされている方もいます。

ブログなどでしか存じませんが素敵だな〜と
思うコーチ、私も何人もいます。
よほどのことがない限り、
ポジティブな考え方を自分自身に取り入れる
ことができると思うので、
ぜひご自身に合うコーチを探してみて下さい。


もっともっと自分の人生を、
人とのつながりを
豊かなものにしていきましょう!

今日も読んで下さって有難うございます。
ポチッとひと押しもよろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
 
読者登録してもらえると
さらに嬉しいです! 
↓       ↓ 





おはようございます。土曜日はライフコーチstellaとして子育てや生活に関することをコーチングの視点で書いていきたいと思います。さて、今日は普段私たちが何気なく使っている言葉についてなのですが、あなたの発する一言には、とても影響力があると聞いたら、あなたはどん ... 続きを読む

おはようございます。
3D09A8D2-7C49-4C79-A224-25891A1B394A
土曜日はライフコーチstellaとして
子育てや生活に関することを
コーチングの視点で書いていきたいと思います。



さて、今日は普段私たちが何気なく使っている
言葉についてなのですが、
あなたの発する一言には、とても影響力がある
と聞いたら、あなたはどんな言葉がけを
していきたいですか?



私たちは日々発した言葉を耳で聞き、脳に
再認識させたり、考えたりしています。
この行動をコーチングでは
オートクラインautocrine というのですが、
(元は医学用語の自己分泌)

これ、暗示をかけているようなものなのです。



例えば子供の前でなくても
ちょっとした謙遜のつもりでママ友に

「うちの子できが悪いから〜」
なんて言ってしまうことってありませんか?



その言葉、発したことで
あなたの脳に刻まれてしまうのです。



ということは、子供に向かって
「あなたは勉強ができないから」とか
「あなたは私に似たから片付けが苦手なのね」
なんて言葉は



“私”にも“子供”にも
「勉強ができない」とか
「片付けが苦手」という暗示を
かけてしまうことになり、
それを繰り返すことで、マイナスの刷り込み
をしていることになるのです。
これは残念すぎですよね。



人は可能性に満ちている。
子供は可能性のかたまり、
あなただってまだまだ進化できるのです。



だから勝手に不要な防御をするよりも
(謙遜はある種傷つかないための防御に
なっていることもありますよね。)

プラスの言葉がけをしませんか?



「◯◯ちゃん、勉強好きだよね!」
「◯◯は、サッカーに一生懸命な姿がかっこいいね!」
「◯◯、素直に人の話がきけるなんてトクだよ〜!」
でも何でもいい。子供のいいな!と
思うところを口にしてみましょう!



毎日一緒にいる家族にも自分自身にも、
マイナスよりもプラスの言葉がけ
ぜひ心がけたいものです。


今日も読んで下さり有難うございます!
ランキングに参加中ですので、
ポチッと一押しして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
ラインで受け取れる読者登録
よろしくお願いします!
↓ 



私のコーチング講座は只今準備中です。 
しばらくお待ち下さい。

 

おはようございます。土曜日のブログはライフコーチstellaとして書いています。まもなくお盆休み、帰省をされる方も多いかと思います。楽しみな方もいれば、ちょっと億劫な方もいるでしょうし、様々な気持ちが入り混じっていて帰らなくちゃいけない(〜ねばならぬ)場合もあ ... 続きを読む
IMG_3900

おはようございます。
土曜日のブログはライフコーチstellaとして
書いています。


まもなくお盆休み、帰省をされる方も
多いかと思います。
楽しみな方もいれば、ちょっと億劫な方も
いるでしょうし、
様々な気持ちが入り混じっていて
帰らなくちゃいけない(〜ねばならぬ)
場合もあるでしょう。


楽しみな方はより楽しく過ごすため、
億劫な方はそれを少しでもラクにするために
できること、ちょっと考えてみませんか?


まずは楽しみな方、何が一番楽しみですか?
ご実家でゆっくり過ごせること?
お料理をつくらなくてもいいこと?
久しぶりに親と他愛もない話ができること?
何も気にせず過ごせること?


どれもいいですよね!存分に味わって、
ゆっくりのんびりだらだらと
いい時間を過ごして下さい。

ただ一つ、感謝の言葉を忘れずに。
「お母さんの手料理サイコー」でも
「のんびり過ごせるから嬉しい!」でも何でもいい
どんな気持ちで帰省していて、どんなに嬉しいか
伝えておきませんか?


これは、感謝の気持ちを伝えることで
相手の貢献感をアップさせることができるのです。
人は誰かに貢献できてると感じられると幸せと思うことができると
アドラーは説いています。

どちらにとっても嬉しい帰省になれば一番ですよね。



さて、次にちょっと億劫だったり
義務から帰省される時は、

どんな気持ちでいられたら
心穏やかに過ごせそうですか?


億劫になる理由は様々だと思います。
家族だからこそのしんどいこと、
あったりしますよね。


例えば、ず〜っと文句や愚痴を言われたり
いつまでも、指示・命令口調で話されたり、
自分のことばかりを言い続ける親もいる。


もしかしたら、過去のことでどうしても
親と向き合うのがしんどい方もいるかもしれません。



私は常に
「できるときに、できることを、できるだけ」
でいいと考えていますが、


そうはいっても帰らなくちゃ、という方は
その帰省しよう。と思った自分を褒めてみましょう。
いや〜嫌なところに向かうって、
なかなか出来ないことだと思いませんか?
苦手に向き合うことって、すごいことでしょ。
義務からでも何でも、
「私ってやるやん!よく頑張ってる!」と
自分自身をほめておきましょう。


そして、帰省している時間、どう過ごせたら
いいか考えてみて下さい。


子供が笑顔で過ごせたらいい。なら
そうなるためには何が必要か
どこに気をつけておけばお互いの地雷を踏まないか。


愚痴がしんどいならば、
「その話は私聞きたくない」と言うだけでなく
「なぜなら、こんなふうに悲しくなるから」と
自分の気持ちを伝える機会、と捉えてみても
いいかもしれません。


聞き流せる人は、聞き流した自分を
ほめておきましょう!
そして、愚痴や不満で終わらずに、
「それで、その人のいいところはどこ?」と
問いかけてみる。
ポジティブな気持ちで終われるように。


億劫でも義務感でも、顔を合わせようと
思っただけでも
あなたの中に、親への気持ちがあるのだから
それだけであなたは素晴らしいと
私は思います。


どの方にとってもご自身にとっての
いい時間となりますように。

 
今日も読んで下さり有難うございます!
ランキングに参加中ですので、
ポチッと一押しして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
ラインで受け取れる読者登録
よろしくお願いします!
↓ 




土曜日はコーチングネタ。自分自身の気持ちの向き合い方や親子や他人との気持ちの持ちようについてなどあれこれ書いています。おはようございます。今朝は6時でも朝の玄関掃除が暑くてちょっとズボラ掃きをしたstellaです。毎日の猛暑、じっとり暑いからちょっとしんどいです ... 続きを読む

IMG_3854
土曜日はコーチングネタ。自分自身の気持ちの向き合い方や
親子や他人との気持ちの持ちようについてなど
あれこれ書いています。


おはようございます。
今朝は6時でも朝の玄関掃除が暑くて
ちょっとズボラ掃きをした
stellaです。


毎日の猛暑、じっとり暑いから
ちょっとしんどいですよね〜。
それに、どこに出かけても人は多いし
子供は賑やかだし(いいことなんだけど)
軽くストレスを感じる
なんてことありませんか?


私は先日、実母と甥っ子の小さなバトルの
といっても些細なことなのですが、
いつも会うとどちらも譲らず
必ずどちらも不機嫌になるという、、、
本当に面倒くさい性格(言っちゃったよ。笑)なので
今回も間に入って「あ〜ストレス」
と思ったことがあったのですが、


普段はほぼ習慣にしている
ストレス対処法を
その日の晩はせず、次の日に
持ち越してどんよりしてしまったことで、
逆にちゃんと効果あったんだ!と
思ったので書いておきますね。




ストレスを感じると、どうしても
そのことにとらわれてしまうことって
あると思うのですが、


それを次の日まで持ち越すのはもったいない。
あなたの時間はあなたのもの。
ネガティブなことに費やさないために


夜ベッドに入ったら寝る前に
今日あったいいことを思い出す。
もしくは、
今日一つでも頑張った自分
思い出す。


そしてそれらに「有難う」
とか「よく頑張ってる」と呟く。


「美味しいご飯が食べられた」
「今日は子供の面倒をよくみた」
「家族でよく笑った」
「床の掃除ができた」
「美味しいジュースが飲めた」
「友人と会えた」
「洗濯物がすっきりできた」


な〜んでもいいです。
思い出したいいこと、頑張ったことについて
思いを巡らし、それらに「有難う」
自分に言ってから眠りにつく。


え〜それだけ?と思うかもしれませんが、
これコーピングというストレス対処法の
ひとつなのです。


毎日続けていると、ちょっとだけ
思考がポジティブになっていくので
オススメです!


色々あっても寝る時は
「有難う」とか「お疲れ様」とか
自分を労って眠りにつきませんか?


さあ、では今日も暑さに負けず
過ごしましょう!

そして寝る前に、よかったら試してみて下さいね。

 
今日も読んで下さり有難うございます!
ランキングに参加中ですので、
ポチッと一押しして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
ラインで受け取れる読者登録
よろしくお願いします!
↓ 




おはようございます。stellaです。夏休みが始まって一週間、皆さんはどんなふうに過ごされていますか?親は夏休みといってもスケジュールがさほど変わらないので、ちょっと手がかかることが増えたり、四六時中子供と一緒でなかなか一人の時間が確保できない。という方も多い ... 続きを読む

IMG_3757
おはようございます。
stellaです。


夏休みが始まって一週間、
皆さんはどんなふうに過ごされていますか?


親は夏休みといっても
スケジュールがさほど変わらないので、

ちょっと手がかかることが増えたり、
四六時中子供と一緒でなかなか
一人の時間が確保できない。
という方も多いのではないでしょうか?


そんな方に是非やってみてほしいな〜と
思っていることがあるのですが、、、


まずは、自分のやっていることを
しっかり認めること。
当たり前のこととして片付けないこと。



手を抜いていたとしても、毎日毎日
食事をつくる自分に

よくやってるな〜私と。


兄弟姉妹がいると仲が良くて
にぎやかなのは楽しいけれど、
(私は賑やかなだけでもお母さんたち凄い!と思っていますが)
喧嘩を絶えないし、
毎日毎日はさすがに大変。

良く子供の面倒見てるよな〜私。


一人でゆっくり過ごせる時間もなくて
やらなくちゃいけないことが
いつもより増えているのに
いつもどおりに過ごせるように
スケジュールをこなしている自分に

よく頑張っているな〜私。と


まずは自分の気持ちが満たされていないと
人にも子供にも優しくはできません。
そのうちイライラが募ってしまう。


一方的な献身者になりすぎず、
自分自身を労る。


そして、子供にもたくさん助けてもらいましょう!
子供のお手伝いって、実は自己肯定感を
上げるチャンス!!



無理に手伝わすのではなくて、
「手伝ってくれると助かるな〜」とお願いして


やってもらったらすかさず
「有難う!」を伝える。


例えば、今日はクタクタだから、
◯◯ちゃんが
お風呂掃除してくれて助かった〜。
有難う。
などと伝えて、その時子供の表情を
よくみておいて下さい。


きっとにんまりしているはず。


自己肯定感を上げるワードは
ごめんね、ではなくて助かった有難う!です。


誰かの役に立てたと感じられた時、
人は幸せを感じるものです。


夏休み、おおいに子供達に手伝って
もらっちゃいましょう!


注意点※
(役割分担などしたからといって、まだなの?と催促したり
やってくれなかったと怒ったりしないように。
義務になった途端、効果がなくなります。
楽しかったり嬉しくないと、続かないものです。)

 
今日も読んで下さり有難うございます!
ランキングに参加中ですので、
ポチッと一押しして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
ラインで受け取れる読者登録
よろしくお願いします!
↓ 




 ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。登録して頂けると嬉しいです。↓ おはようございます。stellaです。先日受けていたコーチングのプロフェッショナル認定試験、無事に合格しました!!筆記試験はともかく、実技試験はセッション(対話)の様子をみながらコー ... 続きを読む
 
ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 


IMG_3713

おはようございます。
stellaです。


先日受けていたコーチングの
プロフェッショナル認定試験、


無事に合格しました!!


筆記試験はともかく、実技試験は
セッション(対話)の様子をみながら
コーチ達が細かくチェックするので、
最初は緊張しすぎて
手と足が一緒にでる、、、みたいに
ガチガチでしたが、
無事に受かって、よかったです。


このセッション試験のために
たくさんの友人・仲間にも
練習に付き合ってもらって、
実際に経験したことが全て学びとなり
彼女たちのおかげで合格できました。
(本当に有難う。)



そして、当たり前のことだけど


誰にだって

それぞれの過去があって

いろんな気持ちがあって

今これからの未来がある。




一人一人、誰かと同じでなくていい。



その人がその人らしく生きられるように

一緒に考え、

本人が自分の中にある答えに気づき、

ありたい姿へとサポートするのが

私にとってのコーチング。



セッションをしていけばいくほど

こんな想いが強くなってきて、



批判も否定もない場があり、

誰かに話を聴いてもらうことの大切さと



あなたはあなたのままでいいんだよ

そのあなたは

何を大事にしたいんだろうと



対話する時間をもつことの

意義をひしひしと感じています。



最初は「子育てのために」と
学びはじめたコーチング、
プロフェッショナルに進んだら
見えてきた世界がどんどん広がって


自分の学びと気づきが
誰かを応援できるスキルになるって
こんなに嬉しいことなんだと


この経験&スキルを活かして
秋からはコーチングの講座を開く予定。

同時にセッションも受け付けるつもり
なのですが、


有難いことに、既に数人の友人たちから
依頼があるので
みんなを応援サポートできるように
しっかり寄り添えるように、


只今心理学も学び中。


この夏はより一層学びの時間に
なりそうですが、ワクワクしています!



皆さんはこの夏、どんな時間を
過ごせると嬉しいですか?


 
今日も読んで下さり有難うございます!
ランキングに参加中ですので、
ポチッと一押しして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ