カテゴリ: 子育てコーチング

おはようございます。土曜日は子育て&ライフコーチstellaとして発信しています。人ってそうそう変われない。そう思っている方はきっとそれまでに「変わらない」ことに出会ってきたから。自分が変われないと思っている方は「変われない」ような経験があっただけ。子どもが何 ... 続きを読む


FFE578D7-CD11-4CB9-80E4-B1E626FBC233

おはようございます。
土曜日は子育て&ライフコーチstellaとして
発信しています。



人ってそうそう変われない。
そう思っている方は
きっとそれまでに「変わらない」ことに
出会ってきたから。


自分が変われないと思っている方は
「変われない」ような経験があっただけ。


子どもが何度言っても同じことを
するという方は
ママが同じアプローチをしているから。


決めているのはあなた自身。


「まわりが変わってくれない」と
嘆きたくなることもある


「どうしてわかってくれないのだろう」と
怒りたくなることもある


「私ってなんでいっつもこうなる?」と
自分をせめてしまうことも。


わいてくる気持ちにフタをする必要はない。
でもその気持ちを十分味わったなら
変わることを選択してみませんか?


変われるかどうかは自分次第。
どちらを選ぶかで
変われる人になるか変われない人になるか
それだけです。


他人(親子であってもね)と過去は変えられない。
変えられるのは自分と未来だけ。


今、何を選ぶかは自分にかかっているのです。


子供にも同じこと
子供にかわってほしいなら、
ママがアプローチを変えること
ただそれだけ。


思い込みを手放そう! 



今日も読んで下さって有難うございます。
ポチッとひと押しもよろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
 
読者登録してもらえると
さらに嬉しいです! 
↓       ↓ 


子育てコーチングは子供とのコミュニケーションを
より豊かにすると同時に
子供の育ちに大切な非認知能力を高めることにも
つながるものです。

コーチングセッションはオンライン(zoom)でも受付中、
時間帯は可能な限りご要望に応じます。

今週ご案内予定だった子育てコーチング講座ですが、
諸事情によりホームページ制作に手間取って
おります。
ほぼ出来上がっておりますが、あとちょっとが、、、。

申し訳ありませんが、1週間延ばして来週ご案内
させていただきます。

どちらも個別にメールにてお問い合わせ下さい。




 

おはようございます。土曜日は子育て&ライフコーチstellaとして発信しています。先日娘は塾にサポートへ、(自分の塾がない日は小さな子達のサポートに入っています。 )幼稚園の年長か小学校一年ぐらいの男の子に手を焼いているようで、5パターンぐらいで対応していると以 ... 続きを読む

C97474B3-5E10-4821-A8CB-67FD266A80EA


おはようございます。
土曜日は子育て&ライフコーチstellaとして
発信しています。


先日娘は塾にサポートへ、
(自分の塾がない日は小さな子達の
サポートに入っています。 )
幼稚園の年長か小学校一年ぐらいの男の子に
手を焼いているようで、
5パターンぐらいで対応していると以前
話してくれていたのですが、
その子の対応が上手くいったと笑顔で
帰ってきて、、、



「今日はAちゃんがグッジョブやってん!」と
一緒にサポートに入っている小4の女の子の話に。


Aちゃんがその男の子に
「今日頑張ったら、ママに報告してあげるね!」
といったら、嬉しそうに急に態度を変えて
めちゃめちゃ集中しはじめたんだそう。


子供ってそばにいない時でさえ
ママに褒められたい認めたれたいと
思っているものなんだな〜と
微笑ましく感じた出来事でした。


先日の子供会のイベントでも
付き添っているおばちゃん達のいうことは
きかないやんちゃな小4の男の子が
ママを見つけた途端、なんともいえない
可愛らしい笑顔で大人しくなっていて


あ〜ママのこと大好きなんだね!と。

 
子供はいつだって母親に
認められたい愛されたい生き物。


 だからこそ、大好きって
お互いに言える関係でいてほしい。
 

子供の心の土台には親の愛情が必要です。
そして大人はこの愛情を
伝えたつもりになっていることが多いのです。
言葉にしないとわからない、
言葉にすることでより感じられることもある。


連休はぜひ「だ〜いすき」を伝えてみて下さい。 

思春期までの親の愛情表現は
ウザいぐらいで丁度いい。(笑)



今日も読んで下さって有難うございます。
ポチッとひと押しもよろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
 
読者登録してもらえると
さらに嬉しいです! 
↓       ↓ 


子育てコーチングは子供とのコミュニケーションを
より豊かにすると同時に
子供の育ちに大切な非認知能力を高めることにも
つながるものです。

コーチングセッションはオンライン(zoom)でも受付中、
時間帯は可能な限りご要望に応じます。

子育てコーチングの講座は準備中、
来週末ご案内できるはず。(笑)
講座のスタートは11/26 or 27です。

1週間ズレます。
どちらも個別にメールにてお問い合わせ下さい。




 

おはようございます。土曜日は子育て&ライフコーチstellaとして発信しています。親は誰もが子供に愛情を持っているもの(親が心のトラブルを抱えていない限り)だと思うのですが、その愛情がうまく伝わってない場合が多いです。普段から「大好きだよ」とか「とても大切に思 ... 続きを読む

38471B76-5846-43B8-822C-066BE2754F1A

おはようございます。
土曜日は子育て&ライフコーチstellaとして
発信しています。


親は誰もが子供に愛情を持っているもの
(親が心のトラブルを抱えていない限り)
だと思うのですが、


その愛情がうまく伝わってない場合が多いです。


普段から「大好きだよ」とか
「とても大切に思っているんだよ」と
口にしておけるといいけれど、
存在が当たり前になると
省略しちゃうんですよね、夫婦でも親子でも。


わからないでもないけれど(特に夫婦はね)
自然に入ってくる言葉は心に届きやすいので、
心がけませんか?

 
それとは別に、
何か問題がおきた時も愛情は伝えておきたい。 
でも、そういう時は注意が必要です。


「大事だから言ってるの。」
では、愛は伝わらないんです。


一生懸命世話してあげているのに
こんなことするなんて。
こんなにあなたに時間を割いているのに
こんなこともわからないなんて。


うんうん、嘆きたくなる。
だったら、その気持ち伝えましょう。
ただしその時に
間違えないでほしいことが2つ。


問題は「行動」であってその子自身ではない
ということと
「あなたのために」とは言わないこと。


「あなたのために言ってるの」
よかれと思って、、、という感情、
呪いのような言葉になってしまうことも
あるから要注意! 


もしご主人が「君のためをおもって
言ってるんだ」と
言ってきたらどうでしょう?


いやいや、それはちがうでしょ。
ってなりませんか?


「私の気持ち」なのだから
私はこう考えていると伝える方が
相手に届きやすいのです。


大切な子供のために言っているであるならば
その愛情は別の言葉で伝えましょう。
相手が受け取りやすいタイミングで。


親子のコミュニケーションは
子供の心の土台になります。
土台がしっかりしていると子供は
のびのび育ちます。
のびのび育ってくれると、ママの心はラクになる。

是非、心にラクな子育てを!


今日も読んで下さって有難うございます。
ポチッとひと押しもよろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
 
読者登録してもらえると
さらに嬉しいです! 
↓       ↓ 


子育てコーチングは子供とのコミュニケーションを
より豊かにすると同時に
子供の育ちに大切な非認知能力を高めることにも
つながるものです。

コーチングセッションはオンライン(zoom)でも受付中、
時間帯は可能な限りご要望に応じます。

子育てコーチングの講座は準備中、
(開講は11月の予定です。)
どちらも個別にメールにてお問い合わせ下さい。



 

土曜日は子育て&ライフコーチstellaとして発信しています。人はたくさんの思い込みをしていますが、というよりも思い込みが自分をつくっているようなものですが、思い込みとは、人に言われないと気がつかないもの。皆さんは「あ〜思い込んでた!」ということ、ありますか? ... 続きを読む
DF07D22F-3FAF-4756-AB21-D5B59A125C82
土曜日は子育て&ライフコーチstellaとして
発信しています。



人はたくさんの思い込みをしていますが、
というよりも
思い込みが自分をつくっている
ようなものですが、


思い込みとは、人に言われないと
気がつかないもの。


皆さんは「あ〜思い込んでた!」
ということ、ありますか?


私って◯◯な人、というのも
もしかしたら思い込みかもしれませんよ。



そんな思い込みの中でも
マイナスになっちゃうものがあります。
コーチングを学ぶ前、
私は子育てに関して
そのマイナスな思い込みがたくさんありました。


親は、、、子育ては、、、こうあるべき
こうしなくてはというもの。


親が子供を助けてあげなくちゃ
失敗しないように気をつけてあげなくちゃ 
小さいうちは夜は8時には寝かせなくては
片付けは一人でできるべき


まあ〜あれこれいっぱいありましたよ。
でもね、今はぜーんぶどうでもいい。
(どうでもいいと書くと語弊がありますが) 

 子供を助けてあげなくちゃって思い込むと
四六時中様子を気にしてあげないといけなくなって
自分を追い込んでしまうんですよね〜。


失敗はしたもん勝ち、そこから学びが多いもの。


寝る時間、「成長ホルモンが〜」って情報に
こだわりすぎなくても、子供が次の朝
しんどくなければそれでいい。
ほどほどの規則正しさで十分なんですよね〜。 

 
片付け、一人でできないといけないなんて
なんでそう思っていたんだろう。(笑)
 

それにね、私は自分の失敗がず〜っと
許せなかったんです。 
失敗すべきではないって思っていて。 
でもね、私失敗しちゃうので、、、

あ〜余計なこと言っちゃった、とか
こうすべきだったかな〜なんてこと
毎日のようにありますが、
もう、これは仕方ない、と手放すように
なりました。 


他にも、子育てでイライラしちゃいけない、
ちゃんと子供の話きいてあげなきゃいけない
親としてきちんとしてなくては
というようなことも


イライラする時も感情的になることも
話をきけない時だって
きちんとできないこともあるって。


「〜ねば」「〜べき」
「ちゃんと」「しっかり」「きちんと」
こういうワードが自分の中にあると
けっこうしんどいんですよね〜。


上記のワードが出てきたら
今「思い込んでいる」だけかも!と
気がついて、それを手放せるとラクになる。


自分で自分を許せると
いろんなことがゆるく優しくなる。


あ、でもね、自分を許すべきって思ったら
そこからまたマイナスループ始まっちゃいます
から要注意。(笑)


まずは自分を許しましょう!
自分に優しくできないと、
子供にまで「優しく」が難しくなる時が
きてしまうから。




今日も読んで下さって有難うございます。
ポチッとひと押しもよろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
 
読者登録してもらえると
さらに嬉しいです! 
↓       ↓ 


子育てコーチングは子供とのコミュニケーションを
より豊かにすると同時に
子供の育ちに大切な非認知能力を高めることにも
つながるものです。

コーチングセッションはオンライン(zoom)でも受付中、
時間帯は可能な限りご要望に応じます。

子育てコーチングの講座は準備中、
(開講は11月からの予定です。)
どちらも個別にメールにてお問い合わせ下さい。
※女性の方のみ



 

おはようございます。朝から台風19号の進路が気になって、、、皆さんも落ち着かない時間をお過ごしかと思います。どうか大きな被害がでませんようにと祈るばかりです。*  *  *土曜日は子育て&ライフコーチstellaとして発信しています。*  *  *先週、期待はし ... 続きを読む

おはようございます。
朝から台風19号の進路が気になって、、、
皆さんも落ち着かない時間を
お過ごしかと思います。

どうか大きな被害がでませんようにと
祈るばかりです。


*  *  *

土曜日は子育て&ライフコーチstellaとして
発信しています。

*  *  *


先週、期待はしてもいいけれど、
過度な期待は
子供を潰してしまうことになると
書きましたが、




<期待>の何がいけないのかについて
書いておこうと思います。


期待って、「こうあってほしい」
という枠をつくってしまうことでもあって、


例えば、受験で名門校に入ってほしい
というようなわかりやすいことでなくても、
「ダラダラとゲームしない子になってほしい」
「時間通りに寝る子になってほしい」
「聞きわけのいい子になってほしい」
「普通に勉強する子になってほしい」
「就職してほしい」
「結婚してほしい」

って、ずっとずっとキリがない。
(普通って、、、これも危険なワードですが、
今回はおいといて。)



期待という枠は、子供にとっては
窮屈でしかたのないもの。


親にとっては期待通りにいかないと
がっかりした時の対応は悪くなりがち。
(前回書いてますが。)

 
それに、
「◯◯するいい子、悪い子」というように
簡単に条件になりうることも
 
「いい子」=「私にとって都合にいい子」になって
しまっていることもある。



一度考えてみませんか?

その期待は、子供のためでしょうか?
自分のためでしょうか?


子供に幸せになってほしいから、、
と言いながら、
自分が安心したいだけでは?

愛情からなのか、不安や怖れからなのか。


もちろん、母親の心の安定は大切なので、
それはそれでいいのです。


ただ、それを自覚しておくこと。
「今、私は自分が落ちつきたくて言ってる」
というように。


そして、それに気がつけたなら、
どう子供に伝えたら、気になる行動が
変わるのか、お互いにいい状態になれるのか
考えてみませんか?


子育てコーチングでは
お母さん自身のココロの整え方、
思考のクセのはずし方もお伝えします。


自分の中に子育ての軸、持ちませんか? 



今日も読んで下さって有難うございます。
ポチッとひと押しもよろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
 
読者登録してもらえると
さらに嬉しいです! 
↓       ↓ 


子育てコーチングは子供とのコミュニケーションを
より豊かにすると同時に
子供の育ちに大切な非認知能力を高めることにも
つながるものです。

コーチングセッションはオンライン(zoom)でも受付中、
時間帯は可能な限りご要望に応じます。

子育てコーチングの講座は準備中、
(開講は11月からの予定です。)
どちらも個別にメールにてお問い合わせ下さい。
※女性の方のみ



 

おはようございます。土曜日は子育て&ライフコーチstellaとして子育てに役立つであろうことを発信しています。「親は期待してはいけないの?」以前そんなことを訊かれたことがあるのですが、私はそうは思いません。期待がいけないわけではない。というより期待しないで子育 ... 続きを読む

おはようございます。
土曜日は子育て&ライフコーチstellaとして
子育てに役立つであろうことを発信しています。

8195055F-7DE1-476A-8F6D-10E20F93DE89


「親は期待してはいけないの?」

以前そんなことを訊かれたことが
あるのですが、


私はそうは思いません。

期待がいけないわけではない。
というより
期待しないで子育てする方が
難しくないですか?


というのも
期待=あることが実現するだろうと
望み待つもの


というのは、
子供が元気に大きくなることや
幸せに暮らせるようにと願うこと。


ただし、
過度な期待は子供を潰してしまったり
関係をこじらせてしまう元凶にもなっちゃいます。


例えばお母さんが描いた未来図で
将来を期待しすぎて
「今これぐらいできなくてどうするの?」と
叱ってしまったり、


小さなことでも、もうできるはずと
思い込んで「なんでできないの!」と
イラついたり、


自分の人生の後悔から、こうした方がいいよ
ということのはずが
「こうしておきなさい」と命令口調に
なってしまったり、マイナスの話ばかり
聞かせてしまったり、、、


子供の現状や気持ちが置いてきぼり
(置いてけぼり)に
なっちゃってませんか?



逆に、「私は子供に何の期待もしません」
というのも考えもの。


期待されてないって聞かされている子供は
どんな気持ちになるでしょうか。


「この子は勉強できないんです。」
「運動できないんです。」
「鈍臭いんです。」


普段からそんな言葉を発すると


いつの間にか“私ってこんなもん”と
「どうせ私は勉強できないし」
「だって運動できないし」
「ママに似て鈍臭いし」って
自分の可能性を否定する子になってしまう。


それってあまりにも残念です。


期待しないのではなくて、
勉強ができなくてもそのままで大事な子
であったり、
運動ができなくても鈍臭くても
愛おしい我が子のはずなのに
そのことを伝え忘れています。


ほんのちょっとのことだけど、
そのちょっとのことが子供にマイナスにも
プラスにも働きかけるのです。


では、親ができることとは?

子供の可能性を信じ続けること
応援すること、サポートすることです。


✔︎期待はあるけどおしつけない。
✔︎自分の想いと子供の未来をまぜて考えない。
✔︎子供を信じる。

 
 そして、お母さん自身も自分の可能性を
大事にしましょう!

人は変われます。
変わろうと思ったその時から。


今日も読んで下さって有難うございます。
ポチッとひと押しもよろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
 
読者登録してもらえると
さらに嬉しいです! 
↓       ↓ 


子育てコーチングは子供とのコミュニケーションを
より豊かにすると同時に
子供の育ちに大切な非認知能力を高めることにも
つながるものです。

コーチングセッションはオンライン(zoom)でも受付中、
時間帯は可能な限りご要望に応じます。

子育てコーチングの講座は準備中、
(開講は11月からの予定です。)
どちらも個別にメールにてお問い合わせ下さい。
※女性の方のみ



 

おはようございます。子育て&ライフコーチstellaです。土曜日はコーチングについてのあれこれを書いています。わりと多くのお母さんがつい言ってしまう「ちゃんと〜しなさい!」皆さんは言ったことありませんか?私はあります。今となっては申し訳ないのだけれど、けっこう ... 続きを読む

おはようございます。
子育て&ライフコーチstellaです。
土曜日はコーチングについてのあれこれを
書いています。
57C76D4E-BD44-4295-A871-A39A31E19DC8

わりと多くのお母さんがつい言ってしまう
「ちゃんと〜しなさい!」

皆さんは言ったことありませんか?


私はあります。
今となっては申し訳ないのだけれど、
けっこう頻繁に言っていました。(汗)


「ちゃんとしなさい。」
「もう、ちゃんと片付けなさい!」
「ちゃんとご挨拶しなさい。」


これを言っていた頃
娘はいつもムッとしていたと思います。


そりゃそうだ。
「ちゃんとって何?」ですもんね。
言われても私自身も「ちゃんと」を
説明できません。


これって、母親の不機嫌さだけ伝わって
なんの足しにもならないんです。


「ちゃんと」+命令形で何かを伝えようと
とすると、反発を招くだけ。 

それもさらに悪いことに
「あなたはできない子」という
思ってもいないメッセージを
伝えていることになっている。


ちゃんとできる→ちゃんとできていない→
できが悪い

こんな思考になっちゃうんです。
おぉーこわい!


この「ちゃんと」って便利な言葉なので
気軽に言ってしまうもの。

以前こんなことがありました。 
 
外出と雨が続いて洗濯ものが出来ず、
「さて今日こそは洗濯しよう!」と思った朝に
夫から
「ちゃんと洗濯して下さいよ。」
と言われてカチンときた私。


いや、やるつもりだったし、
今日やるつもりだったのに、
たった今あなたに言われてやる気が失せた、、、と
言いたくなるぐらい気分が悪かったです。(笑)

だってね、まるで私が洗濯できない人みたいやん。
やってるし、普段は毎日洗濯しているし!って。



子供に何かをしてほしいと思うなら
なぜなのか?
いつなのか?
どうしてほしいのか?


親が伝えたい事を考えた上で
どう伝えたら子供に響くのか、
できるだけプラスになる言葉がけで
言えるようになると

子供との些細な言い争いはなくなりますし、
子供の不機嫌にイライラすることもなくなります。


ということで、
「ちゃんと」って言わないように
伝えたいことを子供に届く言葉に変えることを
心がけてみませんか?

今日も読んで下さって有難うございます。
ポチッとひと押しもよろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
 
読者登録してもらえると
さらに嬉しいです! 
↓       ↓ 


子育てコーチングは子供とのコミュニケーションを
より豊かにすると同時に
子供の育ちに大切な非認知能力を高めることにも
つながるものです。

コーチングセッションはオンライン(zoom)でも受付中、
時間帯は可能な限りご要望に応じます。

子育てコーチングの講座は準備中、
(開講は11月からの予定です。)
どちらも個別にメールにてお問い合わせ下さい。
※女性の方のみ



 

おはようございます。子育て&ライフコーチstellaです。土曜日はコーチングについてのあれこれを書いています。「うちの子、約束を守らないんです。」そんな話がセッション(対話)の最中によく話題に上がってくるので、気をつけておくとラクになることを書いておきたいと思 ... 続きを読む


おはようございます。
子育て&ライフコーチstellaです。
土曜日はコーチングについてのあれこれを
書いています。




「うちの子、約束を守らないんです。」
そんな話がセッション(対話)の最中に
よく話題に上がってくるので、
気をつけておくとラクになることを
書いておきたいと思います。



✔︎その約束は一方的になっていない?

一方的におしつけた約束は、
子供はやらされている気持ちが強くなって
しまうので、
そもそも守りたくないことと
なってしまいます。


「子供だからわからないでしょ」と決めつけず
子供と一緒に約束や家族のルールを
決める・話し合う場をもちましょう。


その時に気をつけたいことは
子供の意見は聞きつつも、
子供の気持ちを尊重しすぎないこと。


子供は年齢によっては時間の感覚が
育っていない場合もあります。
先を見越す力もまだ不十分。

ですから、子供の意見を取り入れつつも
それは無理だわ、ということは
「こういう理由で母はこうしたい」
「こうした方がいいと思う」と
I メッセージ(私は〜です)で伝えましょう。

そして最後に子供がどう受け止めたかの
確認「あなたはどう思う?」も忘れずに。




✔︎約束を守らせている?

例えば「9時に寝る」と決めたのに
「まあいいか」と親の気分や都合でずるずる過ごすと
「約束=守らなくてもいいもの」
と子供が思ってしまう可能性があります。


また、子供の「あとちょっとだけ」作戦に
はまっていませんか?

「決めたことは守る」と毅然としておいた方が、
攻防が数回で済むのでラクなのです。


とは言っても特別な場合も、譲歩できる場合も
あるものです。
そんな時は「今日は◯◯だから特別ね。」と
その理由や母としての気持ちを
伝えることを忘れずに。




✔︎その約束、今のわが子にあっている?

約束はその都度見直して話し合うように
しておきましょう。


守れなかった時はなぜなのかの理由と共に
どうすれば守れると思うか、
子供に問いかけてみましょう。

問いかけることで子供は考えます。
考えることは成長につながります。

案外子供の方がいいアイデア持っていることも
多いです。



最後に、約束は守れないもの、、、ぐらいの
気持ちでいる方が親がカリカリしなくてすみます。

約束を守る=ルールを守る
ということを
教えている時期だということを
忘れずに、余裕をもって接しましょう!


皆さんの子育てライフがもっともっと
楽しくなりますように!


今日も読んで下さって有難うございます。
ポチッとひと押しもよろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
 
読者登録してもらえると
さらに嬉しいです! 
↓       ↓ 


子育てコーチングは子供とのコミュニケーションを
はかるためのものであると同時に子育てにおいて大切な
非認知能力を高めることにつながるものです。

コーチングセッションはオンライン(zoom)でも受付中、
時間帯は可能な限りご要望に応じます。

子育てコーチングの講座は準備中、
(開講は11月からの予定です。)
どちらも個別にメールにてお問い合わせ下さい。
※女性の方のみ



 

おはようございます。子育て&ライフコーチstellaです。土曜日はコーチングについてのあれこれを書いています。さて、いきなりですが、あなたが今一番大切にしたいものは何ですか?「者」なのか「物」なのか「事」でもいいのでパッと思いついたことは何でしょう?家族?子供 ... 続きを読む

EE34F042-1E69-4BC4-B74A-BA55C1470947

おはようございます。
子育て&ライフコーチstellaです。
土曜日はコーチングについてのあれこれを
書いています。



さて、いきなりですが、
あなたが今一番大切にしたいものは
何ですか?


「者」なのか「物」なのか「事」でもいいので
パッと思いついたことは何でしょう?



家族?

子供?

仕事?

趣味?

時間?

お金?

自分自身?



それを大切にするために何があればいいですか?
何が必要?


大切にすることでどうなりたいのでしょう?


例えば、家族が大切な人は
その家族とどうありたいのか、
どんな関係性だと大切にできていると
感じることができるのか


そうなるために今何が必要なのか
自分には何ができているのか


そんなことをやりとりの中から見つけ出し
行動にうつし、確かな未来へと
変えていくのがコーチング。


どうしても一人では
わかったつもりになってしまい
そのまま放置した状態になったり
頭の中で考えるだけでは堂々巡りで
終わってしまう。


そんなもったいない現状を変えて、
一歩踏み出すために


どんな愚痴や弱音を吐いても
たった一人でも
あなたならできるよ!と信じ、
応援してくれる人がいたら
いつも声をかけてくれる人がいたのなら
どれほど心強いでしょうか。

コーチとはそういう存在です。


びっくりするほど簡単に一歩を踏み出せることも
あれば、とても時間のかかる事柄も人もいる。


それでも現状維持よりは
一歩進める方がいい
と私は思います。


失敗したっていい。
失敗こそが学びにつながる。
何度もトライ&エラーを繰り返し
確実に未来を変えていく。


人は変化を恐れる生き物ですが、
それでも何かしらの行動を起こしたら
あなたは既に変わっているのです。

その選択をした時に。


今日も読んで下さって有難うございます。
ポチッとひと押しもよろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
 
読者登録してもらえると
さらに嬉しいです! 
↓       ↓ 


コーチングセッションはオンライン(zoom)でも受付中、
時間帯は可能な限りご要望に応じます。

子育てコーチングの講座は準備中、
(開講は秋が深まる頃の予定です。)
どちらも個別にメールにてお問い合わせ下さい。
※女性の方のみ



 

おはようございます。土曜日は子育て&ライフコーチstellaとして記事を書いています。さて、タイトルの「ごめんなさい」皆さんはいつでも誰にでも言えますか?誰にでも言えるよ!という方は心が柔軟、いいですよね〜。私もそうありたいのですが、、、一年に一回ぐらい言いた ... 続きを読む

76852D3C-083B-44C0-96B9-FCCE9CDEA5DD


おはようございます。
土曜日は子育て&ライフコーチstellaとして
記事を書いています。



さて、タイトルの「ごめんなさい」
皆さんはいつでも誰にでも言えますか?


誰にでも言えるよ!という方は
心が柔軟、いいですよね〜。
私もそうありたいのですが、、、
一年に一回ぐらい言いたくない!
という時があります。(汗)



相手によって言えないという方、
それは誰にでしょう?

嫌いな上司、喧嘩した夫、両親、
生意気な態度の時の子供、などなどに
向かっては言いたくない!ですよね〜。


うんうん、
感情がざわつく相手にはなかなか
素直になれないものです。
だって、理由は山のようにある。



でもそれ、自分で自分を苦しい状況に
追い込んでいることに気がついていますか?



タイミングを逃したり、素直になれずに
謝らなくちゃと思いながらも
他人や環境のせいにしてみたりと
考えが巡っている状態は
実は無意識に「できない私」に目をむけて
自分を責めているようなもの。


「折れたら負け」と思っている時は
その関係上で上下をつけて不毛な勝負をし、
優位に立とうとしている。


そうやって、謝らずに現状維持することは
ストレスを自分で抱え込むことになり、
かなり辛い状況。


それでもできないんだな〜これが。
手放せないんだよな〜という時は、


関係が硬直してしまう前に、
「ごめんなさい」ではなくて
「ありがとう」からはじめてみませんか?



どうでもいいような小さなことから
「ありがとう」と言ってみる。


嫌いな上司の小言にも
「そう考えたらいいんですね。ありがとうございます。」


気まずい状況でも何かしら行動した夫には
「ありがとう。助かる」


うるさくあれこれ口出しする親にも
「気にかけてくれてありがとう」


生意気な子供でも
その日はムリでも次の日にでも例えば
「自分で起きたのね、助かる。ありがとう」
といった些細なことで言ってみる。


え〜そんなの意味ある?
と思われた方、とりあえずやってみて下さい。


人は行動が変われば認知が変わる。
何かをすることで気がつくことが
あるのです。


とはいっても、どうしてもムリ!という方は
無理するのはやめましょう。
そんな考え方もあるんだな〜と頭の片隅に
おいといて下さい。


自分が心底変わりたいと思わなければ
変われないものです。
どうしてもムリな状態なのには
それなりの理由がある。


そして、心底変わりたいと思った時には、
方法はいくらでもある。
未来をつくるのは、「今ここ」からです。


あなたはどんな自分になりたいですか?

まわりとどんな関係をつくっていきたいですか?

どんな自分なら好きでしょう?


他人の言動に軸をおかず、
自分軸、つくってみませんか?


あなたは変われる。
変わろうと思ったこの瞬間から。


今日も読んで下さって有難うございます。
ポチッとひと押しもよろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
 
読者登録してもらえると
さらに嬉しいです! 
↓       ↓ 


コーチングセッションはオンライン(zoom)でも受付中、
子育てコーチングの講座は準備中

どちらも個別にメールにてお問い合わせ下さい。