カテゴリ: 子育て

おはようございます。stellaです。わが家だけと思っていたのですが、どうやらほかのお宅でもパパサンタは余計な、いえ余分にモノを付け足す傾向があるようで、、、。冬季講習と小さな子たちのサポートで塾に通う娘は、そこでの話を夕食時に色々としてくれるのですが、「Aちゃ ... 続きを読む

おはようございます。
stellaです。



わが家だけと思っていたのですが、
どうやらほかのお宅でも



パパサンタは余計、いえ余分にモノを
付け足す傾向があるようで、、、。



冬季講習と小さな子たちのサポートで
塾に通う娘は、そこでの話を夕食時に
色々としてくれるのですが、



「Aちゃんのクリスマスプレゼントね〜
頼んでもないのに、◯◯が付いてきたんだって」

「Bちゃん(幼稚園児)も頼んでもないのについてきたって」

「それでね、Cちゃんも頼んでもないのに
◯◯がついてきたって言ってた」


って、どんだけ〜〜〜〜〜!



パパサンタさん、頼んでないモノはいらない
みたいですよ〜〜〜!!


お願いされたモノだけの方が
喜びも大きいかと思われます。



ま、愛なんだろうけれどねーーー、愛!



わが家の場合
サンタ問題が解決しているので、言い訳という
変なストレスはかかりませんが、、、



娘の希望品はルービックキューブで、
 




今年の付録品⁈!
マッチ箱サイズのこんなモノ↓。

E046DEF3-B0AB-4EF1-92D8-8D1F9B7379F8
 あるだけで可愛いプレゼント、
あげたくなる気持ちもわからなくも
ないんですけどね〜。


 
一度子供の気持ちをそれとな〜く
確認してみてはどうかとも思いますが。

わりとドライです、子供たち(笑)



そして、母としてはおもちゃの定量越えにも
意識を向けてもらいたいです。



とはいえ、パパの気持ちを尊重しつつ
その辺りを伝えるのはなかなか手が焼けるので、
よく言葉を選んでからタイミングみて
伝えてみようと思います。
子供以上に大変だわ。(笑)




今日も読んで下さって有難うございます。
ポチッとひと押しもよろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
 

 
読者登録してもらえると
さらに嬉しいです! 
↓       ↓ 



1月末スタートのオンライン講座第3期募集始めました!
自宅サロン第4期も募集中です。 


 

おはようございます。stellaです。さて、この時期必ず話題になる『サンタさんいる?いない?問題』みなさんのご家庭ではどんな話をされていますか?わが家では一昨年あたりからほぼわかっている感じでなかなか絶妙なカマをかけてくる娘は「ねえねえ、このパパが買ってくれた ... 続きを読む


おはようございます。
stellaです。


7419F6BA-60A6-408E-A275-11D51DF11242

さて、この時期必ず話題になる

『サンタさんいる?いない?問題』

みなさんのご家庭ではどんな話をされていますか?



わが家では一昨年あたりから
ほぼわかっている感じで
なかなか絶妙なカマをかけてくる娘は


「ねえねえ、このパパが買ってくれた〇〇さ〜」
とサンタにもらったものを
それと言ったり、


「サンタにスマホをお願いしてもいいよね〜」
「ゲーム機お願いしたらどうする?」
と言って私の反応をみたりしていたのに、
(スマホやゲーム機についての私の反応もみているように感じたので
「ママもほしい〜」と話しておきました。笑)



ある日突然
「サンタはパパって前から知ってるよ。
◯◯くんと〇〇くんと〇〇くんも言ってた。
バレてるのにね〜って」と。
塾で話題にあがったようで、6年生の言うことは確かだと
思ったのではないかと。




「信じている人のところにしかサンタさんは
こないらしいよ〜。どうする〜?」
と笑って返しましたが、


サンタさんいるいない問題、
こんなにアッサリ幕が下りるとは。(笑)




「煙突もないのにサンタさんが
どうやって入ってくるの?」とか


「サンタさんに質問です。サンタさんは何が
好きですか?」と手紙を書いたり


「朝まで起きて待ってる!」となかなか
寝なかったり、、、。


なんだか、私がアタフタしてきたことも含めて
全てが既に懐かしいコトに
なってきちゃいました。




とはいえ
「サンタさんにお願いするものは〜」
と話しているので、
今のところあえて触れずにいますが、


欲しいものが聞き出しやすくなって
変更不可の言い訳もいらなくなり
とってもラクにもなりました。
(前日に欲しいもの変更するのはやめてほしいですよね。笑)




ちなみに娘が欲しいモノは
ルービックキューブ。



夫が2つセットで購入していました。
段階を経なくても娘は楽しみながらやってのけると
思うんですけどね〜私は。夫は簡単なモノでコツコツ
クリアしていく方がよいと判断したようです。





こんな楽しいモノもありました。

 

アートだわ。欲しいわ、私が。



 
 

おはようございます。stellaです。最近子育てのあれこれについて相談されることが増えたのですが、よくあるのが「うちの子、国語に興味がなくて」というもの。(勉強についてはその道のプロに訊いてもらうのが一番だと思うので、あくまでもこんなのがあるよという程度の話な ... 続きを読む

おはようございます。
stellaです。


最近子育てのあれこれについて
相談されることが増えたのですが、


よくあるのが「うちの子、国語に興味がなくて」
というもの。
(勉強についてはその道のプロに訊いてもらうのが一番だと思うので、
あくまでもこんなのがあるよという程度の話なのですが、、、)



どうやら男の子は結果がすっきりわかる
算数を解くのは好きだけど
国語はどうにも漢字を書くのが面倒だったり
本にもあまり興味がない。という子が


たまたまでしょうけれど
まわりに多くて、 


オススメしたら
「有難う〜〜!!子どもが食いついた!」と
今のところ全員が喜んでくれたのはコレ↓

F15300B6-FA8D-4F44-965A-0C41B53C6F3B
たぶん3年生ぐらいから楽しめるかと。


タイプにもよるかと思いますが、
ひねりのあることに反応する子もいるし
一瞬???となるのがいいのでしょうね。


たった54字で文章が完結するのも
読みやすさに繋がっているのでしょうし、
後からジワ〜っとくる感じ、
大人も楽しめます。


表紙を読んだらどんな本かがわかります。


その表紙に「意味がわかればゾクゾクする」と
ありますので、それでおわかりいただけるかと。



ちなみに昨年、娘は54字で話をつくる
ことにハマっていて小学校のお楽しみ会で
友達と文章を考えてみよう!と
盛り上がっていました。
(すぐに飽きちゃいましたけどね。)


別に早くから勉強はできなくても
本人がやろう!と思ってからで
十分だとは思いますが、
本を好きになってほしいな〜と
いう願望がある方にはオススメです。


※アプローチの仕方には注意が必要です。
おしつけないで、どちらかといえば
ママが楽しんじゃうのが近道かと。








うちの子は怪談は怖くていらないんだそうです。
男の子は好きかも!!






今日も読んで下さり有難うございます!
ランキングに参加中ですので、
ポチッと一押しして頂けると嬉しいです!


LINEでの読者登録、よろしくお願いします!! 
↓ 




おはようございます。stellaです。ここ数年ずっと気になっていた娘のフケ問題、このシャンプーで解決しました!はじめはなんだかちょっとフケが多い?ぐらいにしか思っておらず気にもとめなかったのですが、シャンプーを色々変えても変わらないし、ちょっと高級シャンプーに ... 続きを読む


おはようございます。
stellaです。

ここ数年ずっと気になっていた
娘のフケ問題、このシャンプーで
解決しました!

7FFDCCBF-D22B-45BD-A44B-57B36E84A88B
はじめはなんだかちょっとフケが多い?
ぐらいにしか思っておらず
気にもとめなかったのですが、


シャンプーを色々変えても変わらないし、
ちょっと高級シャンプーにしてみても
効果がなくて、

う〜ん、本人は気にしてないからいいのかな
私が気にしすぎかと諦めかけていたのですが、


もしかして乾燥してるのかな?と
キュレルにしてみたらピタリととまりました。

BB0CD904-2F98-4CA5-B9A2-80CF42CC08B9
何度目かのリピですが、
すっきりした洗い上がりで
家族みんなのお気に入り。


いいものに出会えてよかったです!
フケが気になる方、一度試してみても
いいかもです。
 


今日も読んで下さって有難うございます。
ポチッとひと押しもよろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
 
読者登録してもらえると
さらに嬉しいです! 
↓       ↓ 



 

おはようございます。stellaです。今朝の大阪は青空、風が急に冷たくなり肌寒いぐらいですが、皆さんのお住まいの地域はいかがでしょうか?わが家は夫が出張中なので、昨日は娘と二人でゴロゴロ、これでもかというほどAmazon primeでプライム特典の映画やtvを満喫しましたが ... 続きを読む


おはようございます。
stellaです。


今朝の大阪は青空、風が急に冷たくなり
肌寒いぐらいですが、
皆さんのお住まいの地域はいかがでしょうか?


わが家は夫が出張中なので、
昨日は娘と二人でゴロゴロ、これでもか
というほどAmazon primeでプライム特典の
映画やtvを満喫しましたが、ダラダラしすぎて
身体がダル重い、、、。


今日は片付けと掃除に徹したいところです。


さて、台風前に収穫?!した瓢箪ですが、
結局実になり残ったのはたったの2つ。


片方はまだ水分が含まれているのか重たく

441C8D79-B64B-48B7-BB25-69EF86A64865


茶色の方だけ娘がはさみで穴をあけ、
タネをだしてみたのですが、
(糸鋸で切ろうかと言ってみましたが却下されました)

0A265442-EF83-4FCF-B3B3-FF0ADA9436D4
どうやらこうやって種を取り出したかった
ようで、来年もまたチャレンジするそうです。


ほとんどほったらかしでも育つひょうたん
夏場は緑のカーテンにもなりますし、
実がなるとなんとも可愛らしいのと
種まで収穫できるので、
子供が植物観察するにはもってこいの
素材でした。


ツルがあちこちにのびちゃって
他の植物に巻き付くのを
阻止しないといけないですけどね。


来年は場所をもう少し確保して一緒に
楽しみたいと思います。


ところで、収穫後娘が茎の断面をみて
「いかんそくしかわからないね。」
と言われフリーズした私。

いかんそく、、、
「あ〜道管とか、えっと〜なんだったっけ」
と苦し紛れ。


道管と師管=維管束
全然覚えていませんでした。(汗)
いや〜焦りました。


ま〜ったく興味のなかった理科、
大人になってから必要になるなんて、、、
ちゃんと復習しておこっと。
 
ランキングに参加してます。
↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
LINEでの読者登録、よろしくお願いします!! 
↓ 





おはようございます。stellaです。今年も無事に運動会が終わりました。昨今騒がれている組み体操、娘の小学校では5、6年が行うものなので今年はどうなるんだろうと思っていたら一学期の段階で体をつくることから始まってコツコツ練習を積み重ねて当日の子供たちは緊張しつつ ... 続きを読む

おはようございます。
stellaです。


今年も無事に運動会が終わりました。

昨今騒がれている組み体操、
娘の小学校では5、6年が行うものなので
今年はどうなるんだろうと思っていたら
一学期の段階で
体をつくることから始まって
コツコツ練習を積み重ねて
当日の子供たちは緊張しつつも晴れやかな笑顔。


これだけ怪我に繋がると騒がれて、
事故のデータをみていると、
必要性はないのでは?!とは思っている私ですが、


クラスに何人かいた逆立ちができない子が
できるようになっていたり、
コツコツ努力している話を聞いていると

見せる場がある=子供のモチベーションに
つながっているのなら
全否定もできないな〜と。


やり続けることでできないことが
できるようになり、
その達成感を感じてほしいと思っての組み体操
なのかしら?とそんなことを思いつつ
どうかどの子もケガをしませんように、
と祈りながらみていました。


やりきった感満載、とびっきりの笑顔で
戻ってきた娘に「何が一番楽しかった?」
ときいてみたら
「組み体操!」だそうで、
「今までで一番みんなできていたんだよ!」
と嬉しそう。


 不必要な危ない大技はいらないけれど、
危ないから全てやらないというよりは
「できるように体力をつけていく」
ことに注力していくことが大切なのかも。

どうやら体力のある子とない子の差が
激しいらしいので、
組み体操をやるかどうかということよりも、
日頃からもう少し基礎体力づくりができる
カリキュラムを小学校でも組んだら、
ケガする子も減るのでは?!。

そんなことを感じた運動会でした。


あ、ちなみに今年のお弁当は野菜切ってからは
10分で完成!娘の好きなものだけに
したら、めちゃめちゃ簡単になりました。

 BF3137BA-0D31-4EF2-AD04-F6719E483A94
だし巻きよりも目玉焼き好き。


先日書きましたように、
年々手抜きになっているお弁当(汗)
  
来年は小学校最後の年なので
張り切ろうかな〜。 
無印良品週間始まっていますね〜!
今日こそは行けるだろうか、、、。


ブロガーさん達のお買い物チェックで
既に欲しいものが!!


↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
LINEでの読者登録、よろしくお願いします!! 
↓ 










おはようございます。今週は予定が詰まりすぎていたのでやっと一息と思ったらもう週末だわ、、、と焦っているstellaです。さて、今日は子育ての期間って僅かだなと感じたことについてです。娘の通っている塾には幼少科があって自分のクラスがない日にはそちらへサポーターと ... 続きを読む

おはようございます。
今週は予定が詰まりすぎていたので
やっと一息と思ったら
もう週末だわ、、、と焦っている
stellaです。

F0EFC0C0-9A28-4E80-946C-612DC61FA209
さて、今日は子育ての期間って僅かだなと
感じたことについてです。



娘の通っている塾には幼少科があって
自分のクラスがない日には
そちらへサポーターとして入っているのですが、


自分の学んだことを教える機会や
小さな子と触れ合える時間でもあるため
毎回娘は目を輝かせて帰ってくるのですが、


先日「ムズカシイわ〜〜〜!」と。


聞いてみるとずっとウロウロしちゃう子がいて
促しても座らず、構い過ぎるとはしゃぐので
しばらくサポーターみんなで
放っておくことにしたら教室から出てしまい
そのあと服を脱ぎはじめた、と。


どうやらいっしょにサポーターに入っている子が
「それはあかんわ〜」と服を脱ぐことは
阻止することができたようですが、
なかなか手を焼いている様子。


「うわぁ〜それは大変ね〜」と話を聞いているうちに
私ならこうするな〜ということが
色々と浮かんできて、ついつい話して
しまいましたが、


いやいや、まてよ、これは色々工夫して
どうすればいいか娘たちが考え学べる機会。
口出しは余計だった、、、。


次の日の朝
「ママの言ったことは忘れてね」と
ちょっとムチャなこと言ってみましたが(笑)


「大丈夫だよママ。一つの意見として
参考にさせてもらうね〜」と一言。

確実に娘の方が成長してました。(汗)



アドラー心理学の権威の方の本には
子育ては10歳ぐらいで終わると書かれていたり、
エリクソンの発達心理学でも
この時期からは他者依存を脱する時とあったので、
早くも娘との関わり方が大きく
変わってくる時期に突入したのだな〜と。

親の私の成長の方がず〜っと遅いんですけど。。。



子供が親を必要としてくれる時期は
本当に僅か。

もちろんまだまだ色々なことでのサポートは
いりますが、こうやって距離感が
どんどん変わっていくものなら
より一層、
今の娘との関わりも大切にしていきたい!
そんなことを感じた出来事でした。




今日も読んで下さり有難うございます!
ランキングに参加中ですので、
ポチッと一押しして頂けると嬉しいです!


LINEでの読者登録、よろしくお願いします!! 
↓ 




おはようございます。stellaです。今日は私が子供の頃にこんな本があれば出会いたかった〜と強く思い、大人の今でも学ぶことの多い本についてです。瀧本哲史氏の「ミライの授業」8月に若くして亡くなられてしまいました。心からご冥福をお祈りします。この本は、2年ほど前娘 ... 続きを読む

おはようございます。
stellaです。


今日は私が子供の頃にこんな本が
あれば出会いたかった〜と強く思い、
大人の今でも
学ぶことの多い本についてです。



瀧本哲史氏の
「ミライの授業」
8月に若くして亡くなられてしまいました。
心からご冥福をお祈りします。

E64A26AF-845A-4FA1-87BD-245C1A2230FC


この本は、2年ほど前
娘が9歳の時に買った本で
14歳向けに書かれていますが、
内容はとても濃い。


そしてこんな切り口なら広い範囲で
勉強に興味が持てる!と思えます。



内容はというと
過去の無名〜偉人まで様々な人を題材に、
私たちにはなぜ学びが必要で
それを手に入れるとどんな未来を自らつくれるのか
と希望がもてるもので


例えばクリミアの天使と呼ばれる
ナイチンゲールは
看護のイメージが強いけれど、統計学で
国を動かした人であること


あまり知られていないけれど
ベアテ シロタ ゴードンが
男尊女卑の日本社会を一行の
ルールでひっくり返したこと


ビルゲイツやハリーポッターの作者
J・K・ローリングの
「え?そんなことがあったの?」と
いうような話まで多種多様。


☑️人は一人では何もなし得ない
☑️時代や状況で柔軟に変化していくことの大切さ
☑️世界を変えるのは新人であるあなたたち

といったいったことが応援メッセージと共に
随所に散りばめられていて


読み終わると
なんか頑張ろう!とワクワクした気持ちに
なれるのです。



先にも書きましたように
14歳にむけてかかれているので、
冒頭部分はここ数十年の現状と
なぜ大人が未来に不安ばかりを抱くのかに
ついて書かれているので
小さな子にはむきませんが、
(娘は最初ここで断念してましたので
最初のうちは読みきかせました。
今は勝手に繰り返し読んでます。)


そういう方はp22からスタートしてみて下さい。


私たちが子供に与えることができる
価値のあるものは
「希望」ぐらいなのかもしれません。

でもそんな「希望」を持てるように
親として「未来は楽しい」と思ってもらえるように
今を生きていきたい、とも思います。

って書くとかたいけど、
要は楽しんで生きる姿を見せていこう!って
ことですかね。(笑)


是非みなさんも本屋さんで
チラ読みでもいいので手にとってみて下さいね。





今日も読んで下さり有難うございます!
ランキングに参加中ですので、
ポチッと一押しして頂けると嬉しいです!


LINEでの読者登録、よろしくお願いします!! 
↓ 







 おはようございます。stellaです。先日心理学の講師の方から飛行機で1時間半ほど移動した時、赤ちゃんが一度も泣き止まなかったという話を聞いて、思ったことについてなのですが、、、先生は「どのくらいまで泣くのかな〜」と(やさしい気持ちで)聞いておられたそうですが ... 続きを読む

831147D3-0776-4F2D-BBE6-C393EF72B945 
おはようございます。
stellaです。


先日心理学の講師の方から
飛行機で1時間半ほど移動した時、
赤ちゃんが一度も
泣き止まなかったという話を聞いて、
思ったことについてなのですが、、、




先生は「どのくらいまで泣くのかな〜」と
(やさしい気持ちで)聞いておられたそうですが、
最後まで泣き切った赤ちゃんに
「そりゃそうよね!」と思われたのだそう。


「だって皆さん考えてみてください。
時速何百キロで走るなんて
人間一人ではあり得ない不自然なことでしょう。」


と仰られていて、あ〜そうだった!と。
赤ちゃんは耳抜きができないからとかいう以前に、
あり得ない状態で
私たちは移動しているんですよね。


不快だよ〜と泣く赤ちゃんが正常なんだよな
と思ったら、この世界になれている
大人にできることはある。



赤ちゃんの泣き声は世話を焼いてもらうために
(そうしないと生きられないですもんね。)
私達が不快になる周波数の音が含まれている
そうだから、「あ〜嫌だな」と感じることは
仕方がないこと。


それも仕事で飛行機の中でしか
体を休める時間がないとか
打ち合わせの前に頭の中を整理しておきたい
とか大人にも諸事情はある。



ただ、イライラした気持ちでいたところで
現状は変わらないし、ここは大人の耐性が
問われるところ。
感情をコントロールするすべを
持っているのは私達。
不快なら大人が耳栓をするなり
自分なりに対処できる方がいいな〜と。


航空会社も飛行機に耳栓常備
しておいてくれるといいかも。



もちろん泣き続けられたらお母さん自身も
辛いだろうから、授乳をさせるとか
飲み物をのますとか
おしゃぶりをもっていくとか
飛行機で眠れるように時間調整するとか
事前の対策は色々あるけれど、
それでも対応できないこともあるものだから



大人が自分の快適さを求めすぎて不快さを
前面に出すのではなくて、
赤ちゃんの泣き声&不安そうなお母さんを
笑顔で受け止めることができる
優しい世の中であってほしいとあらためて思いつつ

さて、私自身今までどんなふうに
していただろうと
そんなことをツラツラ考えました。


皆さんはいかがでしょうか?


今日も読んで下さり有難うございます!
ランキングに参加中ですので、
ポチッと一押しして頂けると嬉しいです!


LINEでの読者登録、よろしくお願いします!! 
↓ 




 おはようございます。stellaです。いきなりですが、皆さんぶどう(巨峰やピオーネ)の皮はむく派?むかない派?ですか?家族の分はいかがでしょうか?私は娘が幼稚園に行くようになるまで家族の分もむいて出すのが当たり前になっていましたが、(夫の実家がそうしていたの ... 続きを読む
 
おはようございます。
stellaです。


いきなりですが、皆さん
ぶどう(巨峰やピオーネ)の皮は
むく派?むかない派?ですか?

545A894A-8910-422D-B352-F94FB3F66936
家族の分はいかがでしょうか?



私は娘が幼稚園に行くようになるまで
家族の分もむいて出すのが
当たり前になっていましたが、
(夫の実家がそうしていたのでそんなものだと思い込んでいました)


それが実は子供の成長の芽を摘んでいると
教えてもらったのは幼稚園の先生からでした。
(とても先生に恵まれたナーサリーも入れたら4年間。いい時間でした)


みなさんよくご存知の通り
指先を使うことが脳に良く、
小さなうちに指で何かをつまむなどは脳に
刺激を与えるので出来るだけやった方がいい。
ということだけでなく、


やってもらうことが“当たり前”になると
ぶどうが給食で出されても食べ方がわからないので
食べなかったり、面倒だから
食べないという子になってしまう可能性もあると。


それに、今心理学を学んでいると
子供の“私はできる”という気持ちを育むこと
にもなってくる。


皮をむく、なんて些細なことなのですが、
その些細な“できた!”の積み重ねが
子供の小さな自信につながる。
そんな小さな自信が集まって、人は
しっかりとした自尊心を持つことになる。



そう思ったら、“やってあげたい様々なこと”は
ほとんどの場合、過保護なこと
なのかもしれませんね〜。(汗)


今や娘が家族の分まで皮をむいてくれたり
することもあり、
夫も自分でむくことを娘の姿から
学んだようですが(笑)


成長の芽、摘んでしまわないように
気をつけたいところです。

 

今日も読んで下さり有難うございます!
ランキングに参加中ですので、
ポチッと一押しして頂けると嬉しいです!


LINEでの読者登録、よろしくお願いします!! 
↓