カテゴリ: 子育て

ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。登録して頂けると嬉しいです。↓  土曜日は、私が学び中の<子育てコーチング>で「なるほど〜!」と思ったこと踏まえて子育てについてあれこれを書いています。 ちょっと知っておくだけでほんの少し誰かの気持ちが楽になれ ... 続きを読む
ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 

 

IMG_1338
土曜日は、私が学び中の<子育てコーチング>で
「なるほど〜!」と思ったこと踏まえて
子育てについてあれこれを書いています。 
ちょっと知っておくだけでほんの少し
誰かの気持ちが楽になれたらいいかな〜と思いつつ...。



思春期、、、そう聞くだけで、なんか大変そう。

ちょっとこわいかも、など

どちらかといえばやっかいな時期として

捉えている親が多いと思うのですが、
(私もその一人)



何が不安って、親の方が動じてしまったり

子供が必要以上に自分は一人だ孤独だと

思い込んでしまったり、困った状態に陥った時に

SOSを親に出せない状況をつくり出してしまうこと。




そんな思春期の子供にどう向き合うか、という

特別編の講座を受けてきました。



まず思春期がどういうものなのか

知っておきましょう。ということで、

ここからの二箇所の青字は↓医師監修の文章を
貼り付けてあります。

思春期とは
11~18歳頃まで続く、第二次性徴をきっかけとして
始まる心身ともに不安定な時期のことを指します。
身体が一気に大人へと変わっていくにも関わらず、
精神的にはゆっくりと成長していくので、急激な
変化に戸惑い不安定になりやすい時期でもあります。
     
       

✓身体が成長する
✓自我が芽生える
✓一人になりたがる
✓他人が気になる
✓友達の方が大事になる
✓意味もなくイライラする
✓秘密を持つ
✓色々なことを面倒くさがる
✓話さなくなる

思春期というのは悩みを持ちやすい時期である
と同時に、自分を客観視しつつ、他者に批判的
な目を向けやすい時期でもあります。そのため
親に対しても批判的な価値観を持ちやすくなり、
反抗的な態度を見せることも多くなるでしょう。

親としてはそういった時期であることを理解し、
ある程度、子どもの意思を尊重してあげること
が大切です。ただ、子どもの言い分は尊重しつ
つも、その要求を全て受け入れる必要はあり
ません。時に毅然とした態度で接することも必要です。

ほぼ、こんな内容のテキストを渡されて

思春期がどういうものかはわかりますが、

「これだけだと、じゃあ、どうしたらいいの?」

となりませんか?
とコーチからの一言。



そうそう、どこまで尊重し何をどうしたらいいのか

どこで毅然とするべきなのかが、よくわからない。

そうしてるつもり、、、でおわりそう。



では、具体的にどうしていけばよいのか?

ですが、

今のうちから強固な信頼関係を築くこと。

日頃からお互いの気持を伝えあい、

コミュニケーションがしっかりとれている

関係を築いておくことが大切で




それには例えば誰にでもすぐに始められる

・「◯◯ちゃん、おはよう」など名前を呼び挨拶をする

・ともに楽しい時間を過ごす

だったり、

少しハードルの上がる

・違いを認める 相手の気持ちを受け止める

などや、


思春期になればより必要となる

・タイミングを大事にする

・話を聴く、秘密を守る

・こんな時期だと受け止める

・よく観察する

・ユーモアを忘れない 深刻にならない

だったりと(まだまだたくさんあるのですが)

今まで学んできたことだったのですが、

さらに深く響くことばかり。



何よりも親だからと教えようとしないこと!

子供との対等な関係づくりができていること

が大事。




そして、講座で学んだからと言っても

常に意識していないと子供の接し方は

日常に流されるもの。




コーチングで学んでいることがしっかり身につく

ようには訓練しないと、すぐにできるように

なるものでもありません。

そんなことがつくづくわかった今回の講座

でした。




子育ては人ぞれぞれ、正解はありませんが

どんな大人になってほしいのか

あっという間に終わってしまう子育ての時間を

どう向き合っていけばいいのか、

立ち止まって考えてみることも大切にしたい

ですよね。



子育てコーチングに興味のある方は
私が全幅の信頼を寄せているコーチは
オンライン(ズーム)もされている
そうですので、メールを下されば連絡先を
ご案内できます。
コメント欄ではなく、メールで下さいね。

笑顔になれる子育て
子育てを楽しもう♪
子育て世代


いつも読んで下さって有難うございます。
応援してもらえると励みになります!
 ↓ ↓ ↓




ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。登録して頂けると嬉しいです。↓  少し前に「イヤイヤ期」の呼び方を新しいものにしませんか?と朝日新聞が募集していて、何でも「イヤイヤ」と言われ、親が途方に暮れる時期というマイナスのイメージよりも、自分で何でもや ... 続きを読む

ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 

 


IMG_1323

少し前に「イヤイヤ期」の呼び方を

新しいものにしませんか?と

朝日新聞が募集していて、



何でも「イヤイヤ」と言われ、

親が途方に暮れる時期というマイナスの

イメージよりも、

自分で何でもやってみたい!と子供の自我が

芽生えることが喜ばしいというプラスのイメージで

考えた方がいいよね、という意見や



イヤイヤ期はわかりやすいから言い換えなくても、

言い換えたところで、大変な時期に変わりは無い!

共通認識されているのだから変える必要ない。

という意見もあって、

なるほどね〜そういう考え方もあるかと

思っていたのですが、




北海道大の川田准教授が提案されていたのは

「ブラブラ期」。


2歳児は考えてから行動するのではなく、

行動しながら考え、小さな楽しみをつなぎ合わせて

過ごす人たちなんだそう。



大人がイヤイヤをどう封じるかという消極的な

対処でなく、子供をどうブラブラさせるかと積極的に

考えてはどうかということだそうで....


そうはいっても今の日本社会は「ワンオペ育児」

孤立する母親が自宅で一対一で子供を長時間

見続けるのは大変だから、もっと社会全体で

みられるように、例えば2歳児が道路で自由に

ぶらぶらと落書きしたりする場になるようなことを

保障できたらどうでしょう?!と。

→朝日新聞の記事




どんな呼び方にしたところで、扱いが大変になる

この時期に変わりはないけれど、

そして、癇癪持ちの子はどんなに親が優しく

子供がしたいように待ってあげたとしても

癇癪を起こす子もいますから、
(自分でやりたいのにできないからぎゃーーーーとなってますもんね。)



社会全体で見守れるようなカタチになるのが

一番だとは思いますが、社会とか保障とかに

なるとなかなか変わっていかないので、



せめてまわりの大人が子供の癇癪にしかめっ面や

うんざりした顔をするのではなく、

その子の親に対して可哀想に、と思うのでもなく、



大変そうなお母さんを見かけたら、

温かい眼差しで見守るか、

顔見知りなら子供にではなく、

お母さんにそっと声をかけてあげて

ほしいな〜と思います。



「はじまったね〜、今だけだからね〜

よく頑張ってるね〜。大丈夫だよ〜」と。



我が子は手のかからない楽々な子でしたが、

何か一つでも気に入らないと

その場でひっくり返る甥っ子を

根気よく見守った妹をみてきたので、

「よく頑張ってるな〜、凄いな〜。」と

付き合える母親をみると

素晴らしい!といつも思うのです。



子育てはそれぞれ、正解なんてないのだから、

大人が大人に厳しい視線を向けることなく
(もちろん子供に厳しい視線も向けることなく)

温かな眼差しで見守る、そんな世の中で

あってほしいです。

笑顔になれる子育て

子育てのつ・ぶ・や・き

日常の小さなできごとを愛する生活

いつもポチッと応援
ありがとうございます。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ







 

ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。登録して頂けると嬉しいです。↓  土曜日は、私が学び中の<子育てコーチング>で「なるほど〜!」と思ったこと踏まえて子育てについてあれこれを書いています。 ちょっと知っておくだけでほんの少し誰かの気持ちが楽になれ ... 続きを読む
ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 

 

IMG_1304
土曜日は、私が学び中の<子育てコーチング>で
「なるほど〜!」と思ったこと踏まえて
子育てについてあれこれを書いています。 
ちょっと知っておくだけでほんの少し
誰かの気持ちが楽になれたらいいかな〜と思いつつ...。



先日、娘のことでちょっとしたことが

ありました。


具体的な内容は避けますが、

ある方の勘違いで、(人違いをされていて)

娘とは全く関係のない話だったのですが、

そうとわかるまでの数時間

子供への信頼というよりは

私は自分の子育てのいい加減さで狼狽えることに。




子育てコーチングで大切にしている

親子の信頼関係というものは

とても脆いものなのだと改めて

知ることとなりました。
(だからこそ大切にしなくてはならないと教えてもらっているのですが。)



子供への信頼は揺らがなくても、

自分の子育てを信じる気持ちもないと

「え?私ただやってきたつもりだった?」と

簡単にマイナスの方向へ。




それも人間の脳は悲観的にできていて、

進化の過程でキケンを回避するために

ネガティビティバイアスというものが
(悪い方へ考えてダメージを少なくしようとするってことです。)

かかるようになっているので、

簡単にネガティブな感情に引っ張られる。




子供本人については私とは全く違っていて

いつも感心することばかりなのですが、

子育てについては自信がない。




いつでも何かミスをしている気になるのは

このネガティブバイアスのせいでもあるのだな〜と

自分自身を信じることも大切だと思ったのですが、




それと共に、子供が親に対して抱く信頼感

きっと、ちょっとしたことで崩れてしまう。

「え?おかあさんは私のことそんなふうに思ってるの?」



なんてことがあると、簡単に子供は心を閉ざして

しまうのだろうと思うと、




「いつでもそのままのあなたを受け止める」

という姿勢
だけは

崩さないようにしたいものだな〜と。

そして小さな出来事の積み重ねでしか、

信頼関係は築くことができないので、

ちょっとやそっとで揺らぐことがないように

自分を信じることも含めてコツコツ築いていこう!

と。



どんな時も狼狽えずブレない人でありたいのですが、

そうなるにはまだまだ時間がかかりそうです。



ただ、後からでも落ち着いて考えられるように

なってきたのは、子育てコーチングのおかげ。

勉強しつづけていてよかったです。

笑顔になれる子育て
子育てを楽しもう♪
子育て世代


いつも読んで下さって有難うございます。
応援してもらえると励みになります!
 ↓ ↓ ↓



 


ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。登録して頂けると嬉しいです。↓  土曜日は、私が学び中の<子育てコーチング>で「なるほど〜!」と思ったこと踏まえて子育てについてあれこれを書いています。 ちょっと知っておくだけでほんの少し誰かの気持ちが楽になれ ... 続きを読む
ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 

 

IMG_1287
土曜日は、私が学び中の<子育てコーチング>で
「なるほど〜!」と思ったこと踏まえて
子育てについてあれこれを書いています。 
ちょっと知っておくだけでほんの少し
誰かの気持ちが楽になれたらいいかな〜と思いつつ...。



「最近子供に何を質問しても、なんだか

はっきりしない答えばかりだわ〜。」

と、そんな時は、要注意!!



もしかしたらお母さんが

自分の聞きたいことだけ、聞き出したいことだけを

聞いているのかもしれません。



以前にもふれていますが、

「聞く」「聴く」は違うので、ここは特に

気をつけておきたいところ。




「聞く」は聞こえてきた音や声を(受動的に)

聞くこと、自然に耳に入ってくることで



「聴く」は相手に意識を向け、耳を傾け

注意して聴くこと(能動的に)。



そして、子育てコーチングにおいての「聴く」

お母さんが知りたいことだけを聞きだすことでは

なく、子供が話したいことに耳を傾けること

たとえ親にとっては興味のないゲームやTVの話

だったとしても、聴くこと。




聴くことで、子供に安心感&信頼感を与えると同時に

考えをまとめたり、整理するチャンスにもなります。



「そんな話はいいから、学校の話を聞かせて!」

では、子供は

「あ〜あ、また始まった、お母さんの質問タイム。」と

嬉しいことでもなんでもなく、

話さなければならない義務の時間に

なってしまうかもしれません。



親子の信頼関係は小さな積み重ねが大切。

もし、「私、聞きだそうとしていたかも!」

と思われた方は

今日からでも大丈夫。まずは子供の話したいこと

子供自身が興味のあることから

質問してみてはいかがでしょうか?


「あ、お母さんが私の話をきいてくれる!」

と子供が心を開くまで、何度でも聴く
(もちろんその後もですが。)



どんなことでも聴いてくれる。
私に興味をもってくれている。
私という存在を認めてくれている。

子供がそう感じることができるように、

「聴く」を意識してみませんか?



親子でコミュニケーションがとれている状態は

子供だけでなく、

母親であるあなた自身の心も穏やかにもしますよ。

これは私も経験したことなので、

心からオススメしたいです。


聴くについての以前の記事
→ 子供の本音を聴きたい時は。
→ 子供の話をもっと聴こう!と思ったこと。


笑顔になれる子育て
子育てを楽しもう♪
子育て世代


いつも読んで下さって有難うございます。
応援してもらえると励みになります!
 ↓ ↓ ↓



 

ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。登録して頂けると嬉しいです。↓  庭のやまぼうしは、二階からが一番楽しめます。京都・大阪・神戸の公立小学校では、殆どが始業式から一ヶ月程の間に「参観懇談」「家庭訪問」が予定され、6月には「日曜参観」もあり、短い期 ... 続きを読む

ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 

 

庭のやまぼうしは、二階からが一番楽しめます。
IMG_1241
京都・大阪・神戸の公立小学校では、

殆どが始業式から一ヶ月程の間に

「参観懇談」「家庭訪問」が予定され、

6月には「日曜参観」もあり、短い期間に

保護者の関わる行事を詰め込み過ぎでは?!と私は

思うのですが、皆さんの地域はいかがでしょうか?




先生方は新しいクラスの担任となり、日々の

業務に加えて、高学年になると課外活動

などもあり、多忙極めているこの時期に

「参観懇談」と「家庭訪問」を詰め込む必要って

どのくらいあるのでしょう?




特に家庭訪問。

小学一年生ならわかるんです。

親も子も、慣れない小学校生活突入で、

「どうしてるだろう」「大丈夫かしら?!」と思うから

少しでも先生とお話できる機会があるのは有難いし

コミュニケーションを図っておきたいもの。




でも他の学年は、参観懇談があるならば

家庭訪問は6月ぐらいでもいいんじゃないのか?と

思うのですが。




先生だって、家庭での子供の様子や何か困って

いないかなどを聴くことが目的だとしても、

たった一ヶ月では一人一人をなんとなくしか

把握できていないと思うんです。




そんな状況で訪問するよりは、

もう少し先生と子供達が慣れてきた頃が

いいのではないでしょうか?




具体的なことは書きませんが、

あることがあって、そもそもこんな早くに

家庭訪問があるのが悪いのでは?!と

今回は思ったもので。




それに、参観懇談と日曜参観はどちらかで

いいのではないでしょうか?




共働きの親も増えていることだし、

最近は、パパも参観に行きたい!というご家庭も

増えてきているようですし、

日曜参観だけにしても、子供へのケアが足りない

なんてことにはならないかと。




毎回参加が難しいお仕事の方もいらっしゃる

ことですし、二回が一回になったところで

大きな問題はないかな〜と思うのですが、

子供の視点でいくと違うのでしょうか?




教育は、先生や親の都合でなく「子供のために」

あるべきだとは思いますが、学校行事については

時代と共に変わっていくところがあっても

いいのではないかなと私は思います。



みんながちょうどいいバランスってどういうものが

ベストなのでしょうね。

子育てのつ・ぶ・や・き


親子共に日々笑顔でいたいだけなんですが。

子育てを楽しもう♪

主婦のつぶやき・・・(*'-'*)


いつもポチッと応援
ありがとうございます。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ