カテゴリ: 子育て

おはようございます。stellaです。娘が植えたひょうたん、あっという間に大きな葉になりもう私の背を越してしまいました。でも虫が少ないから受粉ができないかも、、、と娘は毎日心配そう。人工授粉するのは背が高すぎて、、、花も半日でしぼんでしまうしね〜。どうなること ... 続きを読む

おはようございます。
stellaです。


娘が植えたひょうたん、
あっという間に大きな葉になり
IMG_3665
もう私の背を越してしまいました。
でも虫が少ないから受粉ができないかも、、、
と娘は毎日心配そう。人工授粉するのは
背が高すぎて、、、
花も半日でしぼんでしまうしね〜。
IMG_3664
どうなることやら。


さて、あと10日もすれば夏休み!
子供は嬉しい、親はちょっと複雑な気持ちになる
のが夏休みですよね〜。(笑)
(私だけではないはず)


わが家の場合、今年は娘が塾に行くと
張り切っているので
(自習室を使うらしいです)


どっかに連れて行ってあげなくちゃという
プレッシャーは全然ないのですが、


毎年、何が憂鬱かといえば
お昼ごはんの用意。
たいしたものなんてつくらないのにね〜。


なので、先にメニューを決め、
ローテーションで回すことにしました。


①そうめん

②お好み焼き

③おにぎり+みそ汁

④パスタ

⑤ピザトースト


この①から⑤までをぐるぐるまわす!
ついでにセットするものも決めておく。


そうめんには薬味もあるから
オクラとか豆腐とか付け加えればいいかな。
お好み焼きは先に野菜を刻んでおけばいいし、
味噌汁はその日の余ってるモノ入れちゃって
パスタソースはつくりおく。


夏休み直前の16日〜19日の間に
野菜を茹でたり刻んだりして
一ヶ月分小分け冷凍する予定!
これで下準備OKになるはず。


パスタソースはトマトソースと
ミートソースをつくりおき冷凍しておこうっと。


おにぎりは娘にもつくらせよう!


あ〜ここまで決めたら気がラクになった。


夏休み、親もごきげんで過ごせるように
億劫なことは先に考えておくのも
アリですよね〜。



ランキングに参加してます。
↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
LINEでの読者登録、よろしくお願いします!! 
↓ 




おはようございます!只今ハンドルネームを変えようかと検討中のstellaです。(汗)さて、今日は娘の話。先日のことですが、娘が大泣きで小学校から帰ってきて何事かと思えば「私だけ行けなかった。」と。実はその日は学校の帰りにあるところにみんなで行くんだ!ととても楽 ... 続きを読む

おはようございます!
只今ハンドルネームを変えようかと
検討中のstellaです。(汗)




さて、今日は娘の話。
先日のことですが、
娘が大泣きで小学校から帰ってきて
何事かと思えば
「私だけ行けなかった。」と。


実はその日は学校の帰りにあるところに
みんなで行くんだ!と
とても楽しみにしていたことがあって、
何日も前に
「帰ってくるのが少し遅くなってもいい?」
とわざわざ親の許可までとって
それはそれはワクワクしていたことが
あったのですが、


自分一人参加できなかったと。


一緒に行くはずの同じクラスの子は
親の許可を取り忘れたから行けなくて
授業が終わってから
その担当の先生にどこに集合か尋ねたら
「各自で行くんじゃないの?」と
他人事な対応だったそうで
(子どもたちに任せていたのか、お忙しかったのか
別の先生が主だったのかもしれません。)


慎重なタイプの娘なので
一人でいけるはずもなく
(私でもムリだけど。)
楽しみにしすぎていたために
涙がとまらず、、、。


「そっか〜残念だったね〜。」
なんて声をかけてしまったら、


「ううん、違う。」と
そんな残念なんて軽々しい言葉を
かけてくれるなと
(そう言ったわけではないけれど)
尖るし、泣くし、泣き止まないし。


こんな時、みなさんどうされていますか?


そっとしておけばそのうち機嫌は
なおるでしょうけれど、

あまりに楽しみにしていたのを知っていて
なんか気の利いた言葉も事柄も思いつかず
とっさに口から出た言葉が

「モスでもいこっか?」


母の手料理よりも、モス。
今のところ我が家では「モスバーガー」が
最強かもしれません。(笑)

IMG_3612


そんなこんなでモスバーガーで
私までガッツリ食べてしまいました。

IMG_3613
いつダイエットするんだろう〜私。(笑)


ま、いいわ。私の体重より
娘の笑顔の方が大事だもん。
(食べないって選択肢ないのかいって自分でツッコミいれておきます。笑)
 
ランキングに参加してます。
↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
LINEでの読者登録、よろしくお願いします!! 
↓ 




おはようございます!stellaです。庭の紫陽花を飾っていました。あっちむいたりこっちむいたりもう終わりなんですが、ついついパチリ。皆さんは朝、送り出す側ですか?見送ってもらう側ですか?私は夫と娘を送り出してから全てが始まる生活なので、いつも送り出す側です。で ... 続きを読む

おはようございます!
stellaです。

庭の紫陽花を飾っていました。あっちむいたりこっちむいたり
もう終わりなんですが、ついついパチリ。

IMG_3581

皆さんは朝、送り出す側ですか?
見送ってもらう側ですか?


私は夫と娘を送り出してから
全てが始まる生活なので、
いつも送り出す側です。


ですので、玄関で
かける言葉は
「いってらっしゃい、気をつけて。」
だったのですが、


もっといい言葉があることを
先日コラムで知りました。
(朝日新聞ひととき 6/13)


「いってらっしゃい。楽しんでおいで。」
そう言われると
なんだか楽しくなるのだそう。


これいいな〜!と思って
それから毎日
「いってらっしゃい、楽しんできてね!」に。


「気をつけて」って言われるより、
「楽しんで」の方が仕事も学校も
なんだかワクワクする気がする。


もちろんブルーな朝には合わないから
そんな時は、娘には「帰ってきたら
〇〇食べようね!」などと言葉をかえてますが、


できるだけポジティブに送り出せると
こちらの気持ちも晴れやかです。


挨拶一つでかわるなら、
やってみても損はないかと。(笑)
みなさんもよかったら
試してみて下さい!

 
ランキングに参加してます。
↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
LINEでの読者登録、よろしくお願いします!! 
↓ 




おはようございます。stellaです。娘が植えたひょうたん、成長が早くてラベンダーにも一日で巻きついてました。はずすのが大変!ここのところずっと娘が「先生いやだー。」と訴えてきていて、そうか、そうかと話をきいているのですが、最近は特に、忘れ物をしちゃう男子に「 ... 続きを読む

おはようございます。
stellaです。

娘が植えたひょうたん、成長が早くてラベンダーにも
一日で巻きついてました。はずすのが大変!

IMG_3580

ここのところずっと娘が「先生いやだー。」
と訴えてきていて、
そうか、そうかと話をきいているのですが、


最近は特に、忘れ物をしちゃう男子に
「なんで忘れるの!」と激怒するそうで
どうやら沸点が低い。
いつも怒っていてコワイんだそうで、、、。


あ〜きっと先生は熱い思いがありすぎて
空回りしちゃってるんだろうな〜と
勝手に想像しながら、頻度の高さに
どうしたものかな〜とちょっと悩ましい。
親ができることはないですもんね、こういう時。


そして一昨日、娘は委員として何か日誌に
書いておかなくてはいけないことを
タイミングを逃して書きそびれて帰ってきたようで、
「どうしよう〜〜絶対怒られる〜〜〜。」と
どっぷり憂鬱に。


「う〜ん、どうしようか」と話をきいて
私が「こんなことしてみたら?」
と提案しているうちは困った様子でしたが、


「なんか方法ないかな?」と問いかけた途端
自分の中で答えを探し始め


「○○先生は、みんなの時間の邪魔をすると
嫌がるから、5分休みの時に横に行って
書き忘れたから人数を教えて下さいって言ってみる!」
と、吹っ切れた様子に。


結局怒られることもなく済んで
満面の笑みで帰ってきた娘。


無事に済んで良かった〜というだけでなく
自分で考え、対処の方法見つけられたことと
子供の観察眼に本当に感心させられました!
いや〜ほんとよくみてるわ〜。


子供って、私達が思っているよりずっと
色々なことを見聞きして成長
しているのでしょうね。


そして、子供でも自分の中に答えがあるのだから
大人の話を聴く時はアドバイスせずに、
相手の中の答えを一緒に探せる人になろう!と
心から思っているところです。

 
ランキングに参加してます。
↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
LINEでの読者登録、よろしくお願いします!! 
↓ 




昨日は低気圧のせいかダラッダラ。久しぶりに二度寝して起きたら9時でした。(笑)こんな日は「しなくちゃ家事」を手放して、ソファに寝転がってだらだら本を読むことに。以前一緒に勉強している友人がすすめてくれた「こども哲学」を借りることができたので、ゆっくり読みす ... 続きを読む

昨日は低気圧のせいか
ダラッダラ。久しぶりに二度寝して
起きたら9時でした。(笑)

こんな日は「しなくちゃ家事」を
手放して、ソファに寝転がって
だらだら本を読むことに。


以前一緒に勉強している友人が
すすめてくれた「こども哲学」を
借りることができたので、ゆっくり
読みすすめたのですが、

IMG_3491
あ、やってみたい!と思ったことも
あったりして、学びの多い本でした。


この本はハウツーではなくて
こどもとの対話の時間をもっている方々が
その時に感じたことや学んだことを
伝えてくれるものなので、


がっつり学ばせたい!という
教育的効果が気になる方には
不向きですが、


子供ともっと向き合いたいと
思っている方にはヒントになることが
色々と書かれていましたよ。

楽天ブックス

昨日さっそく真似をして
こども哲学をしてみようと娘に
「なぜ勉強するの?」ときいてみたら


「たのしいから」と。


「じゃあ、なんで勉強しなくちゃいけないの?」
ときいたら


「う〜ん、ちょっとちがう。
勉強はしてもしなくても自由だもん。」

「でも、した方がいいと思う。だってね
例えば英語を勉強して喋ることができたら
世界の人と話せるもん。その方が楽しいから。」

だそう。


「ふ〜ん、じゃあ理科はなんで勉強するの?」


「う〜ん、わかんない。」


「そっか、なんでだろうね?」


「え、ママ!わかんないっていうのも
答えだもん!わかんないでいいの。」
と。


完全に娘のペースで早々に話は終わって
しまいましたが、けっこう面白かったです。


「てつがく」というと難しく考えちゃいそう
ですが、もっとラクに考えて
親子でフラットな関係でやりとりしてみる
のが醍醐味なのかもしれません。


子供の頃からおばちゃんになるまで哲学に
全く興味がなかった私が親であっても
子供は自分なりの考えをもっているもの
なんですね〜。


親子といっても違う生き物ですもんね〜。
私が学ばせてもらってます。(笑)

昨日は暑かったですね〜。私の住んでいる地域は完全に夏でした!少し前に食べたコレ、今ならさらに美味しく感じるはず。(寒い日に食べたので。そのことの方が印象的だった)さて、話変わってヘリコプターペアレントってご存知でしょうか?ヘリコプターが子供の頭上で旋回し ... 続きを読む

昨日は暑かったですね〜。
私の住んでいる地域は完全に夏でした!


少し前に食べたコレ、今ならさらに
美味しく感じるはず。
(寒い日に食べたので。そのことの方が印象的だった)
IMG_3463

さて、話変わって
ヘリコプターペアレントって
ご存知でしょうか?


ヘリコプターが子供の頭上で
旋回しているかのように
子供が困った時に、すぐになんでも
手助けしてしまう親のことだそうで、
(親は子供を守っているつもりなので
自分がそれとは気がついてない人が多いらしい。)


その過保護や過干渉の行き過ぎた行動で
子供は困った時に自分で対処できないまま
大きくなってしまうので、
物事を解決する力がなく育ってしまうのだとか。
耐性がないってこわいですよね。


数年前からアメリカなどで社会問題となって
いるそうなのですが、


つい先日、私自身がこれかも!と
思ったことがありました。


娘は塾に行くようになるまで一人で
電車に乗ったことがなかったのですが、
先日そろそろ終わる時間だな〜という頃に


電車が止まっていると言う情報が
スマホに表示され
(今どきはすごいですね、勝手にいつもの路線の運行情報が
入ってきてました。たぶん夫が登録してくれて
いたんだと思いますが。)


うわっ、ケイタイなんて持ってないし、
電車にも慣れてないし、
絶対不安になってるわ。どうしよう。
と私が焦り、

主人に連絡をして、
ちょうど帰ってくるところだったので
娘の塾までお迎えに行ってもらいました。


無事に早くに帰れてよかったと
ホッとしていたのですが、


あ、これがヘリコプターペアレントやん!


おーこわい!


自覚がない人が多いという
ヘリコプターペアレント
うっかり私も片足突っ込んでました。


困った時どうするか、その経験こそが
彼女の学びのチャンスだというのに
完全につぶしてしまってる。


たくさん失敗したらいい!と思っているにも
かかわらず、このありさま。(汗)


ヘリコプター・ペアレントというものがあると
知っておくだけでも違うよね!と思っていた
けれどこれはまずいと思い、娘に


「ヘリコプターペアレントってのがあってね、
ママそういうのになりそうだから
なんか気がついたら言ってね。」と
娘にも気をつけてもらうことにしてます。


時々娘に「ママ、それ必要ないから!
大丈夫だから、私。」
と言われることがあるので、
伝えておいてよかった〜と思っていますが、


時々ぶっ飛んだこともする娘、
おいおい!ってこともあり
これからもヒヤヒヤすることは
あるんだろうな〜。(笑)


それでも、手をかけすぎないように
気をつけたいと思います。


子育てって奥が深い。。。

みなさんは子供の忘れ物対策ってどんな工夫をされていますか?わが家は、私自身があやういので(笑)こんなことをしていましたが過去の対策記事→★見慣れてくると忘れちゃう。そして、先日こんなことがありました。娘にはGPSを持たせているのですが、私達の住む地域では、校 ... 続きを読む

みなさんは子供の忘れ物対策って
どんな工夫をされていますか?


わが家は、私自身があやういので(笑)
こんなことをしていましたが
過去の対策記事→★

見慣れてくると忘れちゃう。


そして、先日こんなことがありました。

娘にはGPSを持たせているのですが、
IMG_3409
私達の住む地域では、校門を通ると
父兄にメールが来るようになっていて


「そろそろ帰ってくるな〜」
と思っていたのに
1時間以上経っても帰ってこない。


え?どうした?
なにごと?
なんかあった???


久しぶりにGPSで所在確認をしてみたら
なんとGPSを忘れて行ってた!!


意味ないやん!


結局のところは、お友達二人のケンカに
巻き込まれて、帰れなかったらしく
(お友達二人とも自分の意見を曲げないので
ケンカが始まるとなが〜いんだそう。)

そんな経験も今のうちにしておけば
いいよね〜とは思っているのですが、


問題は忘れ物!


イザという時のためのものだから
役に立てるためにはGPSは忘れないで欲しい!


忘れ物をしないためのアイデアは
すぐに浮かんできたのですが、ここは
まずは娘にきいてみよう!と


「ねぇ、忘れ物しないようにマグネット
貼っていてもみてないやん、
GPS忘れるのはちょっと困るんやけど
どうしたらいいと思う?」


「う〜〜〜〜ん」


「う〜〜〜〜〜ん」


「水筒と一緒に置いとく」
(この春からお茶は自分でいれて行くようになりました)


「お!いいね!水筒と一緒に置いておくんだね。
じゃあ、それはいつどんなふうにするの?」


「帰ってきたらすぐ水筒出すから
その時にGPSもだしておく」


「いいね〜。じゃあキッチンに置くのね。
あのね、ママにもアイデアあるけど
きいてくれる?」と訊いたら


「ヤダ!」と拒否られました。(笑)


ま、上手くいかなかったら
またその時子供自身に
考えさせたらいいんだわと思い
私の考えは伝えずにおきましたが


自ら提案したことは、子供もすすんでやるし
うっかりしている時に声をかけても
嫌な顔をされることもない。


そして、子供であっても
答えは自分の中にあるものだな〜と
つくづく思います。

幼稚園の時から娘が習っているバレエはサークルのような活動なので、月二回。普通は週1,週2だと聞いていたのでがっつりだと週6だったなんて人も友人にはいますが。そのゆるさがよくて、本人の希望もあって始めましたが、最近はどうみてもレッスン後の友達とおやつを食べ ... 続きを読む

幼稚園の時から娘が習っているバレエは
サークルのような活動なので、月二回。


普通は週1,週2だと聞いていたので
がっつりだと週6だったなんて人も友人にはいますが。
そのゆるさがよくて、本人の希望もあって
始めましたが、


最近はどうみてもレッスン後の
友達とおやつを食べたり遊ぶ時間ねらい。

学校以外の友達のつながりも
大切と思っているので、それはいいのですが、
あまりバレエが好きなようにも見えない。


たまにヤダ!なんて言っていたので

「イヤなら、もうやめたらどうかな?」
というと「やめない」

「どうなると楽しい?」ときいても
「わかんない」


そんなやりとりを繰り返し、
発表会に向けての準備期間の入ったある日、
踊る様子をみに行くと
いつの間にか腕の動きや手つきが美しく
のびやかで楽しそう!


「なんか手つきが変わってきたね!
ママにはとっても優雅にみえたわ〜。」
と話したら、
何度も何度も腕を動かして
なんだかとっても嬉しそう。


そっか、親が応援しているよ!という
気持ちが届いてなかったのかと。


私の中にあった
「プロ目指してるわけじゃないし」とか
「いつやめてもいいのにな〜」という気持ちは
子供にとっては
無関心とうつっていたのかも
しれないな〜と。


頑張るか頑張らないかは本人の問題ですが、
応援している!あなたに関心がある!は
常に伝えていきたいな〜と思った
出来事でした。

一番最初に履きつぶしたトゥシューズ。
けっこうなお値段なのに、熱心な子は二ヶ月ぐらいで
買い換えになるとか。ひょぇ〜〜って感じです。(笑)
IMG_3389

発表会を観ていると、
本人の「私はこれが好き!」という気持ちから
素晴らしく伸びる子もいるし、
友人の長女ちゃんがうっとりするぐらい美しかったです!

親やまわりからの「いいね!」で
意識が変わる子もいる。


そして、上手になるには時間もかかる。

できないところではなくて、
できているところにフォーカスしつつ、
娘なりの新たな一歩を応援したいと
思っているところです。

皆さんは子供の頃、どんな習い事をされていましたか?お子さんがいらっしゃる方は、今どんな習い事をさせていますか?間違って大きなものを買ったので、あちこちつめて3年同じドレスです。購入したのはこのお店娘はピアノを習っているのですが、必ずついてくるのが発表会。 ... 続きを読む

皆さんは子供の頃、どんな習い事を
されていましたか?


お子さんがいらっしゃる方は、今どんな
習い事をさせていますか?

間違って大きなものを買ったので、あちこちつめて3年同じドレスです。
IMG_3052


購入したのはこのお店

娘はピアノを習っているのですが、
必ずついてくるのが発表会。
モチベーションのためにも
必要だといいますが、


発表会に向けて頑張るタイプではない娘なので
最後の仕上げに毎回ドキドキ。


本人の問題だとはわかってはいるけれど
間際なのに少ししか練習しない姿に焦るのは
親の方で、だからといって
叱ってさせてもしょうがない、


「発表会、どんなふうに弾けたらいい?」
ときいてみたら、


「う〜ん、4回ぐらいの間違いでできたらいい。」って


オイオイ、間違うの前提かよ!と
心の中でツッコミを入れる始末。


こうあるべき、という考えは手放したつもり
でしたが、いや〜なかなかね、、、
間違えずに弾こうとするのが基本だよね、とか
一生懸命教えて下さっている先生に申し訳ないとか
親としての気持ちは色々ありまして。。。


私の気持ちをそのまま伝えても
いい方向にはむかないとは知っているので
<こうなってほしいな、こうなるといいな>
だけは伝えつつ見守った当日、


あまり代わり映えしないけれど手持ちのビーズをつけてみました。
IMG_3053

出だしはいい感じでしたが、
途中で弾き直し、ミスタッチもけっこうあって
聴いている私がキューーーっとなる。
もうジェットコースターに乗ってる気分。


家での練習の時のようにはいかず、娘は
なんだかんだいって頑張っていたのにな〜
きっと失敗した〜と落ち込んでいるだろう
どんな声をかけたらいいんだろう、、、
と悩みつつ
終わりを待って話しかけたら


本人は10のうち10の仕上がりだとか。


「・・・。」
母絶句です。(笑)


IMG_3051

ピアノをなんのために習わしている
のかといえば
音楽を楽しめる人になってほしい
という理由なのだから、
これでいいんだろうな〜と思いつつ
色々とモヤモヤ。


発表会前には「ピアノは嫌い」と
言っていたので、これからどうするかも含めて
夕食の時に本人に
「なんのためにピアノ習ってるのかな?」と
きいてみたら


「楽しいから。」と。
あぁ、そうなんだ、楽しいんだ!と
わかり、やっとホッとした気持ちと共に
モヤモヤも手放せました。


高い目標設定をして頑張る子もいれば
ひょうひょうと自分のペースで続ける子もいる。


親の理想を押しつけるのは違うよね〜と
自分に言い聞かせ、
(自然に思えるようになるにはもう少し時間がかかりそうです。)
自己肯定感高く育っている娘を
眩しい気持ちで見つめています。


普段「このまま、ありのままでいい」
と思っていても
こんなことでフツフツと沸いて出る
自分の気持ちに向きあうことになる。

親としての気持ちの持っていきようを
学んでおいて良かったと思った発表会でした。


ランキングに参加しています。
ポチッと一押しして頂けると有難いです!
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

私が学び中の子育てコーチングについて詳しく知りたい
という方は、メールにてお問い合わせ下さい。

stella.cs.tayori125@gmail.com
私が全幅の信頼を寄せているコーチが
オンラインでも講座をされているので、スマホやPC
があれば、自宅でコーチングを学ぶことが出来ます。
4月に新たな講座開講だそうです!



本日はとりとめない親バカな内容です。よかったら、お付き合い下さい。私、親はとことん「親バカ」でいいと思っています。周りに迷惑をかけるようなことをしている子供を叱れないような「バカ親」にはなりたくありませんが、子供のことを心から凄いな〜と思えることは親にも ... 続きを読む

本日はとりとめない親バカな内容です。
よかったら、お付き合い下さい。


私、親はとことん「親バカ」でいいと
思っています。


周りに迷惑をかけるようなことをしている
子供を叱れないような「バカ親」には
なりたくありませんが、


子供のことを心から凄いな〜と思えることは
親にも子供にも幸せなことだと思っています。
親子といえども別の人格、同じように考えるのは違うとも思っています。


先日、娘が急に思い立ってつくった
作品が、めちゃめちゃ好みでした。

IMG_2885
色もカタチも思いつきそのものが
ものすごくいいな!と。


おばあちゃんちにフェルトがあったので
おうちをつくってみたくなったそうです。
(おばあちゃんちっていっても階下ですが。お義母さんが
素敵なフエルトを持っていてくれたことにも感謝です。)

IMG_2886
接着剤で貼っているだけだそうですが、
平面と立体を組み合わせているところが
私にとってはツボ。


IMG_2887
これをみて、子供の頃私は
こんなこと思いつきもしなかったな〜
自由でいいな〜と思ったのですが、

それと同時に漠然と思っていた
「いつか一緒に北欧に行きたいな。」が、

「絶対行こう!」と
家族の目標?! に変わりました。
(スウェーデンならグンナール・アスプルンドの建物観てみたい。
フィンランドはアアルトとか家具をみてまわりたい。)



北欧旅行貯金しなくちゃ。
三人分っていくらかかるのか調べることから
始めたいと思います。
10年以内にいけるといいな〜。
(その頃一緒に行きたいと思ってくれているかはわかりませんが。)



ランキングに参加しています。
↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
LINEでの読者登録、よろしくお願いします!! 
↓