カテゴリ: 子育て

おはようございます。 土曜日は、私が学び中の<子育てコーチング>で「なるほど〜!」と思ったことを書いています。子育てってなかなか学ぶ機会のないものなのでちょっと知っておくだけでほんの少し誰かの気持ちが楽になれたらいいかな〜と思ってます。   先日あること ... 続きを読む

おはようございます。 
IMG_0342
土曜日は、私が学び中の<子育てコーチング>で
「なるほど〜!」と思ったことを書いています。
子育てってなかなか学ぶ機会のないものなので
ちょっと知っておくだけでほんの少し
誰かの気持ちが楽になれたらいいかな〜と思ってます。   


先日あることで珍しく「明日学校ヤダな〜」と
ぼそっと話した娘。

その前からちょくちょく話題に上がっていたのに
私は子供の話を「聞く」だけで「聴いて」
いなかったのかもと
焦ることがあったのですが、
※ただ話を「聞く」のではなく「聴く」方法については→④へ

子供って自分の気持ちを上手に話すのは苦手なもの。
自分の気持ちを言葉にするまでに時間がかかると
教わっていたので、

本音が出てくるまでに時間がかかったんだなと
思うと共に、その時のたいしたことではない
ような感じの「ヤダな〜」という言葉を拾えて
よかったと思ったのですが、
こういうことって案外多いのかもしれません。



このちょっとした本音を聴きたい時なのですが、
聴き方にもコツがあるそうです。

一つ目は環境を整えること。

まず、正面に座らないこと。
斜め横や横並びなどの方が本音を話しやすいものなのだそう。

もし正面に座っても親が身を乗り出すように
前のめりで「なになに?」と話を聞き出そうと
すると、子供は一気にひいてしまいます。

安心して話せるように、
距離感、目の高さ、表情(笑顔で)声のトーン
など
に気を配ること。
また、一対一の状況をつくることも大切です。

二つ目は話しやすい関係をつくること。
ありのままを認め、子供の興味、関心の持っている
ことを聴くこと。あいづちを忘れずに子供が
話しやすい聴き方を心がけます。
子供の名前を呼び、子供が話しにくそうならば、
自分の体験や考え、想いなどを話して自己開示すること。
失敗談も成功談もあわせて話して、等身大の親で
あることを伝えると、親でもそんな経験があった
のかと話しやすくなる。
そして、失敗してもいいんだよというメッセージにもなる。

気をつけたいのは、秘密は守るということ。
子供の尊厳を守ること。
信頼しているからこそ話したことを、安易に
第三者に話してしまうと、話が漏れて
信頼関係が崩れてしまうことになりかねません。

子供の頃、内緒だよって母親に話したのに
父親が知っていて残念に思ったことってありませんか?
そんなことがあればその時のがっかりした気持ちを
思い出すとわかると思います。
ない方は、友達で想像してみて下さいね。


子供の本音は、普段から信頼関係が築けていないと
ある日突然何かが起こってから聴き出そうとしても
難しいものです。
日頃から、たわいもない話をする関係、
話す時間がない時は、例えば子供が遊んでいる横に
ピタッと座るとか、勉強中なら頭や背中をポンポン
と軽くタッチするとか、そんなスキンシップを
とることからでもいいので、関わりを持つように
していくといい、
というのは私も実感したところ。

ちなみに娘の「ヤダな〜」の出来事は
話を聴いていくうちに、練習をすれば回避できる
ことと自分で答えを見つけ、無事に克服できました。
私がしたことと言えば子供を信頼し→⑰
認め→、聴いて→④、質問しただけ→⑫です。

子育ては色々なやり方がありますが、
根っこは一緒。
あなたがだ〜いすき!で
いいんじゃないかと思います。
子供と向き合う時間つくってみませんか?

子育てコーチングの記事については下に貼り付けてあります。

にほんブログ村テーマ
にほんブログ村テーマ
小学生&幼稚園児のママ☆
にほんブログ村テーマ
育児



読んで下さって有難うございます。
ポチッと応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 
 


これまでの子育てコーチングの記事





















おはようございます。 土曜日は、私が学び中の<子育てコーチング>で「なるほど〜!」と思ったことを書いています。子育てってなかなか学ぶ機会のないものなのでちょっと知っておくだけでほんの少し誰かの気持ちが楽になれたらいいかな〜と思ってます。   「子育てコー ... 続きを読む

おはようございます。 
IMG_0305
土曜日は、私が学び中の<子育てコーチング>で
「なるほど〜!」と思ったことを書いています。
子育てってなかなか学ぶ機会のないものなので
ちょっと知っておくだけでほんの少し
誰かの気持ちが楽になれたらいいかな〜と思ってます。   


「子育てコーチング」ってどんなイメージでしょうか?

コーチングという言葉にひっかかる人もいるようですし
子育てコーチングとあるけれど
学力を伸ばすためのノウハウの一つと捉えている方も
いるようで、捉え方は人それぞれですが、

私が学んでいるものは、
親がマラソンでいうところの伴走者、
一緒に走る人になることが一番近いイメージ。

一定のスピードで走っているときは一定のスピードで、
ゆっくり歩くようになれば、同じくゆっくりに
立ち止まれば、立ち止まって声をかけ、待ち
走者(=子供)が走り出すのを見守る。
そしてまたゆっくりと走り出せば、同じ歩調で走り出す。
そんなイメージです。

先に走りすぎず、真横の関係でいること

親は長く生きている分、色々なことを経験して
きているのでそれを教えたい、
自分と同じような失敗をしないようにしたいと
思いがちですが、
失敗も一つの経験です。
そこから学ぶことも多いのです。
子育てで必要なことは「生きる力」を育むこと。

子供の持っている力を存分に発揮させるために
まずは親が子供を信頼し、まるごと認め
本人の中に答えがあると信じ、尊重し、
100%味方でいること。

そして、子供が自分の力でステップアップすること
サポートする。

そのために親がどのように関わるのかを学んでいます。


コーチングのスキルだけではどうにもなりません。
前回書きました「親の自己基盤」と「親子の信頼関係」と
コーチングのスキルとこのコーチングマインドの4つが
あってはじめて効果的にコーチングがなされるそうです。

奥が深〜い!ですよね。
学ぶことが多くて、自分でも出来ているのかどうか
わからない時もあります。

でもね、「あなたには私がいるから大丈夫。
どんなことでも受け止めるから、話してみてね。

という親としての強さみたいなモノだけはブレずに
持っていたいな〜とも思います。


漠然と何かを変えたいと思ってはいるけれど、
何から始めていいかわからない方は
何か一つ、「今週は子供と一緒に笑うことに
重きをおいてみよう!」とか
「楽しかったことを聴く一週間にしよう!」
いうようなことを決めて
まずは親子の「信頼関係づくり」から、
まずはあなたがどんな時も子供を100%信頼する
ことから
始めてみて下さいね。
※100%信頼するといっても、何をしても信頼しているからと何もしない
ということではありません。悪いことをしないという意味でも
それを認めるという意味でもありません。
そこは間違えないで下さい。
子供は悪いとはわからずに悪いことをしてしまうこともあります。
そんな何かしでかした時こそチャンス、そんな時はきちんと親子で向き合いましょう!



そして、もし子育てコーチングの講演会などの
機会があれば、是非一度受講してみて下さい。
少し力を抜いて子育て出来るようになるように思います。

子育てコーチングの記事については下に貼り付けてあります。

にほんブログ村テーマ
にほんブログ村テーマ
小学生&幼稚園児のママ☆
にほんブログ村テーマ
育児



読んで下さって有難うございます。
ポチッと応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 
 


これまでの子育てコーチングの記事



















おはようございます。皆さんは、子供の頃って塾や習い事にどのぐらいの時間を費やしていましたか?私は色々やっていた割にこんな仕上がりなので、といってもどんな仕上がりかわからないですよね。(笑)ま、塾も習い事もその後の人生に程々にしか役に立たず、大人になってし ... 続きを読む

おはようございます。

皆さんは、子供の頃って塾や習い事にどのぐらいの

時間を費やしていましたか?


私は色々やっていた割にこんな仕上がりなので、
といってもどんな仕上がりかわからないですよね。(笑)

ま、塾も習い事もその後の人生に

程々にしか役に立たず、

大人になってしまいましたので、

娘には今のうちは学校から帰ったら、

できるだけ外遊びをしてほしいと思っていて、

習い事はかなり力を抜いてます。
塾にはまだ通わせていないです。



本人がやりたいといって始めたピアノやバレエは

それほど上手くならなくても、

練習を頑張っていなくても、

それは本人の問題だからと気楽に考えていますが、

発表会前に舞台で先生にダメ出しをされる娘をみると

「あ〜親の私のフォローが足りないせい??」と

急にスイッチが入って、余計なダメだしをしてみたり、

まだまだ親としての修行が足りません。



IMG_9971
それでも夏に発表会があったバレエも、終わってみれば

本人は「全く緊張しなかったし、楽しかった〜♪」と

嬉しそうで、そういえばピアノの時も間違えていたけれど

本人は「100点の出来!」と話していました。

そんな時「子供って本来は自己肯定感をたっぷり

持って生まれてくる」
って本当だな〜と思うのですが、

その子供の自己肯定感を

そのまま伸ばしてあげたいのに

時々「あれ?ピアノちゃんと練習したの?その程度?」

「バレエはもうすこし教室に通わないと上達なんてしないけど。」

なんて思う日ももちろんあって、

そんな時はこの二つを思い出して乗り切ります。
(乗り切るなんて大袈裟ですが。笑)




一つ目は、その習い事を何故させるのか、

親としてどうなってほしいのか、

それが出来たらどうなると思っているのかなどを

明確にしておくこと。

ただし、可能性に限界を勝手に決めないようには気をつけています。
上限を決めてしまうと、子供の伸びようとする力をそいで
しまうことになりかねないので。



二つ目は、子供自身にどうしてその習い事をしたいのか、

どんなふうになれたらいいと思っているのか、

を聴き出し、そのためには何が必要かを自ら考えさせ、

どうしたらいいか気づかせ、それを時々確認してみること。
※確認するときは穏やかに話せる時に限ります。子供は親の想いに敏感なので
気をつけないとややこしいことになります。


私は、娘の習い事は大人になっても楽しめる趣味として

あったらいいな、と思っていて

友人にも時々ストレスがたまるとピアノを弾いて

全てを忘れるという子がいるので、そんなふうに

没頭することで切り換えできるスイッチのようなものに

なったらいいなと思っています。

それを意識すると、目の前のことにカリカリせずに

どうしてほしいと思っているか、

「あなたのため」ではなくて、「ママはこう思っているから」

伝えることができます。



そして、子供は別の楽しいことがあると、なかなか習い事

に気持ちはいかないもの。そんな時は本人の気持ち

再確認して、どうするかを本人に決めさせます。

自分で選んだことには責任をもつことも教えつつ

この2つを意識すると

「子供が恥をかいたらかわいそう。」とか

「今やらないと上手にできないよ。」とか

そういう気持ちに決別できる?!ので、けっこう

使える方法かな〜と思ってます。

あ、最後に、子供に練習を促したい時は必ず

それをする時間を設定することもお忘れなく。

「いるやるの?」と言われてもできれば練習なんて
やりたくないものです。5分でも10分でもいいので
この時間になったらやる!を決めておくと、その
カリカリは防げます。(たぶん!)


にほんブログ村テーマ
にほんブログ村テーマ
小学生&幼稚園児のママ☆
にほんブログ村テーマ
育児



読んで下さって有難うございます。
ポチッと応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 
 



おはようございます。 土曜日は、私が学び中の<子育てコーチング>で「なるほど〜!」と思ったことを書いています。子育てってなかなか学ぶ機会のないものなのでちょっと知っておくだけでほんの少し誰かの気持ちが楽になれたらいいかな〜と思ってます。   先月末から新 ... 続きを読む

おはようございます。 
IMG_0248
土曜日は、私が学び中の<子育てコーチング>で
「なるほど〜!」と思ったことを書いています。
子育てってなかなか学ぶ機会のないものなので
ちょっと知っておくだけでほんの少し
誰かの気持ちが楽になれたらいいかな〜と思ってます。   


先月末から新たに次の段階を学び始めているのですが、
初回からハードル高め、何よりもまずは自分自身と
向き合うことから始まりました。


これまで学んできて、私が実感できたことは
子供が変わるのではなくて、自分が変わるということ
よく「相手を変えたければ自分が変わりましょう!」と
聞きますが、まさにそれを実感したんです。

確かに、人に言われて変わるなんてこと
そうそうないけれど、自分は「あ!そうか!」と
気がついたことは意識が変わるから、
それなりに変えていこうと努力しますよね。
それを実感できたので、これは大きな変化でした。


そして次の段階では、今度は自分自身の整え方について。
子供とのコミュニケーションをとるのに
大きく関係する4つのうちの2つは
お互いの「信頼関係」と親の「自己基盤=人間力」 。


「に、人間力?!そ、それムリです!!」
自己基盤とか人間力とか言われると、
人としての深みのない私はもう凍りつくしかない。
どうしよう?、どうする?と焦りましたが、

要は、親自身が自分自身をよく知り
どんな状況になると心が揺らぎ、
子供の話を丁寧に聴けない状況になるのか
などを自分で把握しておくこと、
そしてもしそうなったら、どうすれば
自分自身の心を整えることができるのかを考えておくこと
何よりも自分自身を信じることから始めましょう!ということでした。

自分自身を信じることが出来てはじめて、子供の可能性も信じることができる。
それはわかる気がします

私、根拠のない自信だけは持ち合わせているので、
そのあたりのちょっと間違っているかもしれない自己肯定感は
あるので、それはそれで「ま、いいか」と思っているのですが(笑)、

「自己肯定感低いんです。」という方は、
きっととても謙虚で素敵な心の持ち主だと思うのですが、
まずは「〜だから私はだめだ。」
「〜だから私には出来ない。」
と否定するのではなく、
「〜なところはあるけれど、じゃあそれはどうすればいい?」
と肯定的に次にどうすればいいのかを
考えるクセをつけていくといいようですよ。
何事もトライ&エラーを繰り返し、習得していくしかありません。
諦めずにやっていきましょう!
私も自己肯定感はあっても「だめだ〜」と思う時もあるので、
トライ&エラーを繰り返し、成長していきたいと思ってます。



ところで先に書きました自分自身の整え方について
自分を見つめるということですが、
皆さんはどんな状況だときちんと子供と向き合えて、
どんな状況だとできなくなりますか?

私は、ゆったりしている時、心身ともに健康な時
嬉しいことがあって笑顔の時などは、
子供と向き合えゆっくり子供の話に耳を傾け、
質問したり、伝えたり出来ますが、

時間がない時や余裕が無い時、
何か嫌なことがあった時、体調が悪かったり
心がざわついてる時は、なかなかきちんと向き合えないかな。


では、いい時はそれでよしとしても、
悪い時、失敗しちゃった時にどうするかなのですが、そんな心持ちの時は気分が変わるように
美味しいお茶を煎れるとか、深呼吸するとか、散歩をするとか、整理整頓をするとか
ヨガをするとか、瞑想するとか
どんなことでもいいので自分なりに
リセット出来る方法を見つけておく
そうやって自分自身を整えるその訓練をしていくことも大切なのだそうです。


子供を伸ばすには、子供を信じ、子供の話を聴き、認め、質問し、
フィードバックしたり、伝えたりしながらも、子供の中にある答えを
ひきだし、自分から自分のやりたいことや
なりたい行動を起こすように促すことが大切。
表面的な言葉のやりとりではなく、心のやりとりだからこそ
親の心の持ちようも反映してくるということだと思います。

子育てだけでなくても、自分の心の整え方について
考えてみることは、自分に向き合ういい機会、
一度じっくり考える時間をとることをオススメします。


子育てコーチングの記事については下に貼り付けてあります。

にほんブログ村テーマ
にほんブログ村テーマ
小学生&幼稚園児のママ☆
にほんブログ村テーマ
育児



読んで下さって有難うございます。
ポチッと応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 
 


これまでの子育てコーチングの記事


















おはようございます。 土曜日は、私が学び中の<子育てコーチング>で「なるほど〜!」と思ったことを書いています。子育てってなかなか学ぶ機会のないものなのでちょっと知っておくだけでほんの少し誰かの気持ちが楽になれたらいいかな〜と思ってます。   子供と接して ... 続きを読む

おはようございます。 
IMG_0208
土曜日は、私が学び中の<子育てコーチング>で
「なるほど〜!」と思ったことを書いています。
子育てってなかなか学ぶ機会のないものなので
ちょっと知っておくだけでほんの少し
誰かの気持ちが楽になれたらいいかな〜と思ってます。   


子供と接していると
毎日色々なことがおこりますよね。

嬉しいことが多いけれど、不安に感じることもたくさんある。

「あれ?この子こんなことができなくて大丈夫?」
「あ、こんなこと言ってたら人に嫌われちゃうんじゃない?」とか
「なんでこんなことばかりするのかしら?」

と小さなことが気になりだして、どんどん不安が膨らんで

「今のうちに私が直してあげなきゃ。」
「教えてあげなくちゃ。」なんて思って

ついつい強い口調で指摘してしまうことって
どんなお母さんにもあることだと思います。


でもね、子供は成長の途中です。できなくて当たり前
それもできないことを学んでいる最中です。
まわりの子供と比べて、できないのはおかしい
なんて思わないで大丈夫なんです。

子供は一人一人違う、成長の過程もそれぞれです。
当たり前のことなんてないんです。

自分が子供の時、そんなにいろんなことをわかって行動してましたか?
なんでもできましたか?

私はできていませんでした。だから、「ま、いいか」と
思えるようになってきました。(笑)

もしできていたとしたら、それは素敵なことですが、
自分の子供の頃よりも我が子ができないことが
あるとして、
それは今すぐできてないといけないことですか?
できてないことよりも我が子の凄いところたくさんありませんか?



どんなことも親に言われて直せるものではなくて、
自分で本当にそうだな〜と「気づき」
どうしたらいいかを自分で「考え」答えをだし
トライ&エラーを繰り返し
子供は変わっていく(成長していく)ものだと思います。


親の私たちにできることといえば、
指摘することではなくて
見守り、気持ちに寄り添ってあげること。


親が子供を100%信じること。
子供には力があると信じること。
子供を100%信頼することです。


誰よりも我が子の味方になってあげることだと思います。


自分が子供の頃、親に指摘されたからって変わったことってありますか?
指摘されたら、気になるだけで解決はしなかったことないですか?
逆にコンプレックスになったり、その言葉に
縛られたりしていたりしませんか?

大人になった自分だって、
誰かに指摘されてただけで変わったりしませんよね。
自分で「あ、そうか!」と気がついて、心掛けないと直りませんよね。

子供だって一緒です。
自分でわからないと、気がつかないと
いい方向には変われないものです。


不安なことばかりに目を向けず、
まずは子供の力を信頼すること。


そして、その不安の種はどこからきて、
それがどうなったらいいか親自身が考えてみて下さい。
そのためにはどんなふうにサポートしてあげられるのか。

不安な気持ちをそのまま子供にぶつけても何の解決にもなりません。

一つ一つ絡まった糸を解くように、考え
子供の状態を受け止めることからはじめましょう。

どんなふうに伝えたら子供に届くのか
どんなふうに伝えたら子供自身が気がついてくれるのか
そんなことを考えながら向き合って下さい。


そして何より大切なのは、あなた自身が笑顔でいること
不安そうな顔をしているお母さんよりも
笑顔のお母さん(お父さん)の方が
子供には何倍もの力になる、と思いませんか?


できてないことよりも、
できたことに目をむけて、
笑顔で子供と接する時間を増やして下さいね。

子育てコーチングの記事については下に貼り付けてあります。

にほんブログ村テーマ
にほんブログ村テーマ
小学生&幼稚園児のママ☆



読んで下さって有難うございます。
ポチッと応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 
 


これまでの子育てコーチングの記事