カテゴリ: 子育て

おはようございます。土曜日は、私が学び中の<子育てコーチング>で「なるほど〜!」と思ったことを書いています。子育てってなかなか学ぶ機会のないものなのでちょっと知っておくだけでほんの少し誰かの気持ちが楽になれたらいいかな〜と思ってます。   11回目の今日は ... 続きを読む

おはようございます。
FullSizeRender
土曜日は、私が学び中の<子育てコーチング>で
「なるほど〜!」と思ったことを書いています。
子育てってなかなか学ぶ機会のないものなので
ちょっと知っておくだけでほんの少し
誰かの気持ちが楽になれたらいいかな〜と思ってます。   


11回目の今日は、
これまでも度々でてきたワード「認める」
についてですが、こんなささやかなことでも
「認める」ことが出来るのだそうです。


1. ○○ちゃん、○○くんと名前を呼ぶ。
名前を呼ぶ事は「私の意識の中にあなたはちゃんといますよ」という
ことを表現する大切な方法なのだそうです。

2.○○ちゃん、おはよう ○○くん、おやすみと
名前を呼び、挨拶をする。

挨拶はコミュニケーションの一つ、毎朝晩、一人一人の名前も
呼んで、ほんの少し丁寧な挨拶を心がけてみませんか?

3.抱きしめるなどのスキンシップをとる。
8秒間抱きしめることでこどもは安心感を育めるのだそう。
背中をトントンとするだけでもいいので、できるだけスキンシップを。
ちなみに、スキンシップは和製英語です。本来はphysical contactです。

4.「大好きだよ」ときちんと言葉にして伝える。

5.子供の話を聴き、相づちをうつ。
ムリに理解しようとはせずに、聴くだけ。→聴くについての記事

6.子供の言葉を繰りかえす。

7.子供の状態を言葉にして繰り返す。 
→ありのままを認めるの記事


全て「認める」の一番基本的な
「あなたはあなたのままでいい」という
存在そのものを承認をする方法。

常日頃から名前を呼んで言葉がけをしたり
「大好きだよ」ときちんと言葉にする。
ぎゅぅーーーーと抱きしめる。
当たり前のことのようですが、こういうことも
積み重ねなのでしょうね。

今週は昨日も書きましたが、
甥っ子ちゃん週間だったので(彼中心という生活です)
いつもと違う状況で子供から学ぶことが多かったのですが、
この、些細な「認める」も親子共に笑顔にさせてくれるものということを実感。
(1〜4のことです。5からは難しいので。)

私が娘をぎゅーーーと抱きしめるたびに
甥っ子まで「ママ、ぼくも!ぼくも!」とママに催促してました。(笑)



もし子供がもうひっつくのは嫌だという年頃のなら、
「ママは(パパは)急に手をつなぎたくなった!」と言って
手をつなぐことでもいいのではないでしょうか?

もしくは、足裏マッサージでも。
昔、ベビーマッサージをしたことがありますが
とても機嫌が良かったので、最近足裏マッサージを
娘が寝る前にしています。
娘は足裏マッサージをするとゲラゲラ笑って大変ですが。(笑)


もちろん思春期に差し掛かっている年頃の子に
ムリにする必要はないですが。

皆さんもささやかなことでいいので
何かしら実行して、笑顔いっぱいの週末を過ごして下さいね♪

にほんブログ村テーマ
にほんブログ村テーマ
小学生&幼稚園児のママ☆



読んで下さって有難うございます。
ポチッと応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 
 




おはようございます。 土曜日は、私が学び中の<子育てコーチング>で「なるほど〜!」と思ったことを書いています。子育てってなかなか学ぶ機会のないものなのでちょっと知っておくだけでほんの少し誰かの気持ちが楽になれたらいいかな〜と思ってます。  10回目です。今 ... 続きを読む

おはようございます。
 FullSizeRender
土曜日は、私が学び中の<子育てコーチング>で
「なるほど〜!」と思ったことを書いています。
子育てってなかなか学ぶ機会のないものなので
ちょっと知っておくだけでほんの少し
誰かの気持ちが楽になれたらいいかな〜と思ってます。  

10回目です。
今日は少し前にならったフィードバックするという方法なのですが、
これ、かなりハマってます。私でもできた!!ということは皆さんでもできる!!

どういうことかといえば、
子供の様子を自分が鏡になったようなつもりで
見たまま(そのまま)を話す。
人って、同じモノをみていても捉え方は様々なんです。
「きっとこうだろう」とある程度の枠をもってみてしまう生き物です。
だから親が勝手に思い込むのは危険なこと。

まず、こうみえているよ!と伝えるのも大切なんだそう。


例えばとっても機嫌が悪そうな子供を前にしたら
それをそのまま伝えるんです。

ただし、この時に大事なことが二つあります。
一つは「ちょっと言ってもいい?」と一言ことわりを入れること。

この「ちょっと言ってもいい?」ですが
ニュアンスはそれぞれでいいと思いますが、
どんな時もどんなに些細なことでも
この一言を言うんだそうです。

なぜかというと、
そう言われると、子供は何かな?と聞く体勢にになります。
聞く側に準備ができます。
これがどれほど重要なことかは、実際にやってみると
わかると思います。文章だけでお伝えするのはなかなか難しいのですが。

この「ちょっと言ってもいい?」の一言は
先生曰く子供にちょっとしたプレゼントというか
ラッピングをするような感覚でいて下さい、とのこと。

たぶんね、これは子供にちょっとした敬意を表しているんだと思うんです。
(コーチングでは子供の意見を尊重することを大切にしていますし、対等な関係が重要と考えています。
アドラー心理学でも子供も尊敬するようにとあるので、敬意は目上の方だけ表すものでもないようです。)

敬意というと大袈裟でしょうか?う〜〜ん、丁寧に扱うというか。。。

私たち大人でも、丁寧な扱いをうけると、丁寧に返事をしたり
振る舞ったりしませんか?
例えは悪いかもしれませんが、車のドアを開けてもらったり(最近ないけど!!)
食事の席でイスをひいてもらったり(これも最近ないけど!)そんな感じです。

子供だってちょっと丁寧に接してもらうと
丁寧な反応になるんです。こういう扱いって嬉しいもの。

この、親が鏡のようにみたそのままを言うという行為で
何を引き出したいかといえば
子供が自分の行動や言動がまわりにどんなふうに伝わっているのかを知らせる。
それを知ることによって、だんだんとよりよい方法を自分で考え、するようになるということ。



大人でも意識してないときに不意に何かを言われると
ドキッとしますよね?!それを避けるために一言ことわる。
そして、見たままを言われたら
「え?全然そんなつもりなかったんだけど〜。」と
返せますよね?!

例えば、無心で野菜を切っている時に
「ちょっといい?ちょっと表情がなくなってるようにみえたけど。」と
言われたらどうでしょう?

「え?そうみえた?集中してたからわからなかった〜。」
と笑顔になったりしませんか?

子供がTVをみていて、瞬きすらしていない時、
「ちょっといいかな?瞬きしてなくない?」という。
ただそれだけで、子供は「あ、そうか!」と気がつく。
こんなちょっとのことですが、気づきにつながるのです。

ただし、TVを観るのをやめさせたい、というような
何か親の想いがある時には使わないで下さい。

このフィードバックという方法は、見たままを言うだけ。
決してその後に親の感情を入れないこと。
コントロールしようとしないこと。
何か伝えたい、変わって欲しいと思うことがあれば
それは前々回の伝えるという方法をとって下さい。

そしてこの方法の大事な点、二つめ
まず10回以上ポジティブな言葉がけをすること!

10回以上というのは私がやってみて思った回数なのですが、
できるだけポジティブな言葉がけをしておくと
子供の方に「ちょっといい?」というのは素敵な言葉として
インプットされるので、素直にきこうとしてくれて
気になる点やネガティブなことを言う時も、
子供が構えなくて済むんです。
だからやってみようと思ったなら
初めは必ずポジティブなことを沢山言ってあげてからにして下さい。

どんなことかといえば、
「ちょっと言っていい?○○ちゃん大好き!」とか
「ちょっと言っていい?○○は楽しそうだね」とか
本当にたわいもないことでいいんです。

ポジティブな言葉がけは励ましに、ネガティブな言葉がけは
自分を知り気づき深めることにつながるそうです。


これがね、実践したらとっても面白いことになりまして...
娘は「はいはい、ママはまた○○大好きっていうんでしょ!」と
なんとも自慢げというか、嬉しそうというか(笑)。

これって大事にされていることを実感してるってことかな?
と私も嬉しく思ったのですが、どうでしょう?!
そして、「ちょっといい?」の時は娘が笑顔で聞く体勢をつくる
ようになりました。

ネガティブなことといえば、
玄関に放置されているランドセルがある時
「ちょっといい?玄関にランドセルがおいてあるんだけど?」とか
「ちょっといい?本が出しっぱなしになってるみたいにみえるんだけど。」
というと、片付けの早いこと、早いこと。思わず笑ってしまいます。

もちろんちょっと悲しげな顔をしている時は
「ちょっと言ってもいい?ママにはしょんぼりしてみえるんだけど。」
というようなことにも使います。
そして、それ以上は言わない。深くは突っ込まない。
私にはそう見えたよ!という発信だけをしておく。

効果は人それぞれ、子供の性格にもよりますから
すぐに反応がでてこないこともありますが、
間違いなく、子供は嬉しいはず。そしてそれをみるのは
大人も嬉しい。

皆さんもぜひまずは愛情たっぷりの言葉がけで試してみて下さい。
※できるだけポジティブな言葉がけの方が多いようにして下さい。
ネガティブはことは5回に一回程度にとどめた方が良さそうです。



にほんブログ村テーマ
にほんブログ村テーマ
小学生&幼稚園児のママ☆



読んで下さって有難うございます。
ポチッと応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 
 



おはようございます。昨日は台風の影響で一日雨、退屈している娘に以前話していたうちわをセロファンできれいに作り直してみよう!と提案し、骨だけにしたら、うちわでシャボン玉をした〜い!と。そりゃ〜しばらくおとなしく?!遊んでくれる(もう小学生ですけどね)だろう ... 続きを読む

おはようございます。

昨日は台風の影響で一日雨、

退屈している娘に

以前話していた

うちわをセロファンできれいに

作り直してみよう!と提案し、

骨だけにしたら、

うちわでシャボン玉をした〜い!と。


そりゃ〜しばらくおとなしく?!遊んでくれる
(もう小学生ですけどね)

だろうし、バスルームを使って

終わった後のお掃除までを

頼んでおけば一石二鳥♪

ということで、風呂場でシャボン玉大会〜。
(一人だけど、一人遊び好きなので助かります。)

FullSizeRender

トレーにシャボン玉液をたらして

途中、泡だらけになりましたが

FullSizeRender



思っていた以上に楽しいシャボン玉が

出来ました〜。


FullSizeRender 19

FullSizeRender 18
こんがりな手は娘です。


FullSizeRender 20

前半は私も一緒に楽しんで、

後半はお任せしておいたら

約1時間半ほど楽しんで、掃除もちゃんと

してくれました。(笑)

今度お友達きたらみんなでやらしてみようかな。

うちわシャボン玉、けっこう楽しいですよ〜♪


にほんブログ村テーマ
子育てを楽しもう♪
にほんブログ村テーマ
小学生ママの日記
にほんブログ村テーマ
子どものいる暮らし。
にほんブログ村テーマ
笑顔になれる子育て


お買い物、全くすすんでいません。
マラソン中にまとめたいのに〜〜。
今日うっかりしているものチェックしよっと!

 

読んで下さって有難うございます。
ポチッと応援よろしくお願いします
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 
 



おはようございます。 土曜日は、私が学び中の<子育てコーチング>で「なるほど〜!」と思ったことを書いています。子育てってなかなか学ぶ機会のないものなのでちょっと知っておくだけでほんの少し誰かの気持ちが楽になれたらいいかな〜と思ってます。  ◆子育てコーチ ... 続きを読む

おはようございます。 
FullSizeRender
土曜日は、私が学び中の<子育てコーチング>で
「なるほど〜!」と思ったことを書いています。
子育てってなかなか学ぶ機会のないものなので
ちょっと知っておくだけでほんの少し
誰かの気持ちが楽になれたらいいかな〜と思ってます。  

◆子育てコーチングについての今までの記事◆
①子育て中で「やってしまった〜」と思うことがある人へ
②「親のジャッジはいらない
③「ダメ!」では子供に伝わらない。「否定的な言葉を使わない。」
④夫婦でも親子でもただただ「聴く」って難しい。
⑤親が「〜しなくちゃ」を手放す。親が答えを探さない。
⑥「認める」はなかなか手ごわい。ほめると認めるは違うんです 
⑦怒る叱る伝える...これができるようになればストレス減りそうです。  
⑧イライラした気持ちを親の想いに変えて伝える方法


今日は、まずは前回の「伝える」の補足というか、
具体的なことについてです。

夏休みも中盤に入って、そろそろ子供もダレてくる頃でしょうか?
お手伝いをやると言ったのに、
頼むと「え〜〜〜」と不機嫌な声が返ってきたり
「宿題やる時間じゃない?」と声をかけると
「やろうと思ってたのに〜〜」なんてプリプリされたりしていませんか?


我が娘は、上記のようなことはないのですが、
私の「あら?」という一言だけで、
「わかってる!」と怒ったような声を出されます。

私の「あら?」の一言にどれだけの意味を含んで
応えているのかと思うと
「ちょっと待って!私の気持ちを勝手に忖度しないで!」
言いたくなることがあるのですが、
(忖度ってこんなに頻繁に使われる言葉になるとは思ってなかったですよね!笑)

そんなふうに返事の一言や態度から
子供の気持ちを推しはかって、判断してませんか?

赤ちゃんの頃は察するしか子供の望むことが
わからなかったので、その母親の習性で
ついつい察してしまいがちですが、
子供の本当の気持ちは本人の口から聞くまでわからないもの。
ただやりたくないのか、
今他のことをしているからからやりたくないのか
ちょっと言ってみただけなのか、
態度から察するのではなく、言葉のやりとりで確認しましょう!
コーチングで習ったのですが、
コレ、お互いにけっこうスルーしちゃうんですよね。


不機嫌な声を聞くとこちらも不機嫌になるというもの、
そんなマイナスのスパイラルに入る前に、
「ママにはとっても不機嫌に聞こえる(見える)けれど何でかな?」
と質問してみて、その後に前回の
伝える」での具体的なやりとりを繰り返すといいようです。


そして、それ以前に自分がお手伝いをなぜ子供にさせたいのか、
宿題をその時間になぜさせたいのかを考えてみて下さい。
コーチングの講義では、先生に質問攻めにあうのですが、
これがけっこう重要な気がするんです。
「自分の中に答えはある」から、「なぜそうするのか?」を
自分で突き詰めておくことも自分の考えを知っておくためにも
必要なことだと思います。

その上で、例えば自分が「約束を守る子になって欲しい」のであれば
「ママは約束を守って欲しいと思っているんだけど、
そう聞いてあなたはどう思う?
と質問してみて下さい。

もし「守ろうと思う。」という返事ならば
ではどうすれば守れると思うか、をまた子供に聞いてみる

「今やろうと思っていたのに言われるのが嫌!」ならば
どうすればママの一言なしにスムーズにとりかかれるかを
子供に問いかけてみて下さい。

そうやって何度かのやりとりの中で出てきた答えは
子供にとってママに言われたことではなくて、
自分で決めたことになるようです。
我が家の場合は、時間を決める時に何度もやりとりしたので
娘はたとえ時間がずれても必ずやる!!と決めているようです。


もしかしたら、「わからない」と答えるかもしれません。
そんな時は「○○はわからないのね。」と受けとめる。
その上で「ママはこんなふうにしたらどうかと思うけど、
どう思う?」と提案してみて下さい。

どんな時もまず子供の中の答えを探してみるための質問をする
そうされることで子供は考えるようになるようですよ。


ところで、ママの気持ちを伝える時、重要なことがあって
それは「NGワードで伝えず、OKワードで伝える」なのだそう。


「だらだらやっていたら終わらないよ」 
ではなくて
「集中したら早く終わるよ。」

「○○だと心配だわ。」
ではなくて
「○○だと安心だな。」

「歯磨きしないと虫歯になるよ。」
ではなく
「歯磨きしたら虫歯にならないよ。」

ちょっとしたことですが、常に肯定的な言葉で伝える
これも子供が素直に受け入れてくれるポイントのようです。


全てのことにこんなふうなやりとりが出来るように
なるのにはまだまだ時間がかかりそうですが、
今のところコーチングのおかげもあって我が家は
イライラから解放された夏休みです。

皆さんもストレスの少ない時間、過ごして下さいね。


にほんブログ村テーマ
にほんブログ村テーマ
小学生&幼稚園児のママ☆



読んで下さって有難うございます。
ポチッと応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 
 



おはようございます。 前回スケートがあまりにも楽しそうだったので、どこか他にも親は涼しくて子供が楽しめる場所はないかな〜と探して出かけたのは扇町キッズプラザ。(何もしない大人の入場料ちょっと高いと思うんですが...。子供の入場料高い方が納得できる気がする。。 ... 続きを読む

おはようございます。 

前回スケートがあまりにも楽しそうだったので、

どこか他にも親は涼しくて

子供が楽しめる場所はないかな〜と探して

出かけたのは

扇町キッズプラザ
(何もしない大人の入場料ちょっと高いと思うんですが...。子供の入場料高い方が納得できる気がする。。) 

 FullSizeRender
FullSizeRender
※オーストリアの芸術家フンデルトヴァッサー氏デザインの「こどもの街」

ここは わが娘達のように自分達だけで

動きまわれるとかくれんぼをするのには

めちゃめちゃ楽しい場所ですが、
(かくれんぼする場所じゃないんですけどね!!)

もう少し小さい子の方が多かったです。

ベビーカーがまだ必要な子達をどこかに連れて行って

あげたいママ達には涼しくて、一日いられるので

いいかもしれません。
(お昼持ち込み可です。食べられるスペースあります)

FullSizeRender

上の階では科学のコーナーがあったり

スタジオ体験などもあり、海外の方もいらしてて

お昼前からはかなりの混み具合でした。
(写真は朝イチにとりました)


当日再入場ができるので、

昼ご飯は外に食べに出たのですが

戻ってくる時に暑いのに、

「横にある公園で遊びたい!!」という娘達。

FullSizeRender

母達は関テレの一角で涼んでおりました。(笑)
扇町キッズプラザは関西テレビのビルにあります。




別の日には、阪急百貨店本店の9F祝祭広場

FullSizeRender

絵本パークというイベントをしていて

可愛らしいブースが沢山!

FullSizeRender 16

中で絵本を読めるようになっていました。



FullSizeRender

ここも少し小さなお子さん連れだと

涼しくていい場所ですよね。

気分転換にお出掛けした時などの

立ち寄り場所としてオススメです。

ただし、8/7までです。



娘は仕掛け絵本にはまっていて、

じっくりチェックしてました。

FullSizeRender

家に戻ってから何やらせっせとつくっていたので

立ち寄った甲斐があったかな。(笑)
(って、私がただ寄ってみたかっただけなんですけどね。)

この夏はまだ行ってませんが、キドキド

親は涼しくて、子供は楽しい場所ですね!



週末は暑〜い場所で過ごすことが多いので、

平日は涼しい場所に!と思ってます(笑)。



まだまだ続く夏休み、図書館なども利用して

ママ達、なんとか乗り切りましょう!


にほんブログ村テーマ
子どもとおでかけ♪
にほんブログ村テーマ
子育てを楽しもう♪
にほんブログ村テーマ
小学生&幼稚園児のママ☆
にほんブログ村テーマ
観光&地域の情報
にほんブログ村テーマ
最近の出来事
にほんブログ村テーマ
関西 おでかけ情報



読んで下さって有難うございます。
ポチッと応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓