おはようございます。
子育て&ライフコーチstellaです。
土曜日はコーチングについてのあれこれを
書いています。




「うちの子、約束を守らないんです。」
そんな話がセッション(対話)の最中に
よく話題に上がってくるので、
気をつけておくとラクになることを
書いておきたいと思います。



✔︎その約束は一方的になっていない?

一方的におしつけた約束は、
子供はやらされている気持ちが強くなって
しまうので、
そもそも守りたくないことと
なってしまいます。


「子供だからわからないでしょ」と決めつけず
子供と一緒に約束や家族のルールを
決める・話し合う場をもちましょう。


その時に気をつけたいことは
子供の意見は聞きつつも、
子供の気持ちを尊重しすぎないこと。


子供は年齢によっては時間の感覚が
育っていない場合もあります。
先を見越す力もまだ不十分。

ですから、子供の意見を取り入れつつも
それは無理だわ、ということは
「こういう理由で母はこうしたい」
「こうした方がいいと思う」と
I メッセージ(私は〜です)で伝えましょう。

そして最後に子供がどう受け止めたかの
確認「あなたはどう思う?」も忘れずに。




✔︎約束を守らせている?

例えば「9時に寝る」と決めたのに
「まあいいか」と親の気分や都合でずるずる過ごすと
「約束=守らなくてもいいもの」
と子供が思ってしまう可能性があります。


また、子供の「あとちょっとだけ」作戦に
はまっていませんか?

「決めたことは守る」と毅然としておいた方が、
攻防が数回で済むのでラクなのです。


とは言っても特別な場合も、譲歩できる場合も
あるものです。
そんな時は「今日は◯◯だから特別ね。」と
その理由や母としての気持ちを
伝えることを忘れずに。




✔︎その約束、今のわが子にあっている?

約束はその都度見直して話し合うように
しておきましょう。


守れなかった時はなぜなのかの理由と共に
どうすれば守れると思うか、
子供に問いかけてみましょう。

問いかけることで子供は考えます。
考えることは成長につながります。

案外子供の方がいいアイデア持っていることも
多いです。



最後に、約束は守れないもの、、、ぐらいの
気持ちでいる方が親がカリカリしなくてすみます。

約束を守る=ルールを守る
ということを
教えている時期だということを
忘れずに、余裕をもって接しましょう!


皆さんの子育てライフがもっともっと
楽しくなりますように!


今日も読んで下さって有難うございます。
ポチッとひと押しもよろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
 
読者登録してもらえると
さらに嬉しいです! 
↓       ↓ 


子育てコーチングは子供とのコミュニケーションを
はかるためのものであると同時に子育てにおいて大切な
非認知能力を高めることにつながるものです。

コーチングセッションはオンライン(zoom)でも受付中、
時間帯は可能な限りご要望に応じます。

子育てコーチングの講座は準備中、
(開講は11月からの予定です。)
どちらも個別にメールにてお問い合わせ下さい。
※女性の方のみ