おはようございます。
今週は予定が詰まりすぎていたので
やっと一息と思ったら
もう週末だわ、、、と焦っている
stellaです。

F0EFC0C0-9A28-4E80-946C-612DC61FA209
さて、今日は子育ての期間って僅かだなと
感じたことについてです。



娘の通っている塾には幼少科があって
自分のクラスがない日には
そちらへサポーターとして入っているのですが、


自分の学んだことを教える機会や
小さな子と触れ合える時間でもあるため
毎回娘は目を輝かせて帰ってくるのですが、


先日「ムズカシイわ〜〜〜!」と。


聞いてみるとずっとウロウロしちゃう子がいて
促しても座らず、構い過ぎるとはしゃぐので
しばらくサポーターみんなで
放っておくことにしたら教室から出てしまい
そのあと服を脱ぎはじめた、と。


どうやらいっしょにサポーターに入っている子が
「それはあかんわ〜」と服を脱ぐことは
阻止することができたようですが、
なかなか手を焼いている様子。


「うわぁ〜それは大変ね〜」と話を聞いているうちに
私ならこうするな〜ということが
色々と浮かんできて、ついつい話して
しまいましたが、


いやいや、まてよ、これは色々工夫して
どうすればいいか娘たちが考え学べる機会。
口出しは余計だった、、、。


次の日の朝
「ママの言ったことは忘れてね」と
ちょっとムチャなこと言ってみましたが(笑)


「大丈夫だよママ。一つの意見として
参考にさせてもらうね〜」と一言。

確実に娘の方が成長してました。(汗)



アドラー心理学の権威の方の本には
子育ては10歳ぐらいで終わると書かれていたり、
エリクソンの発達心理学でも
この時期からは他者依存を脱する時とあったので、
早くも娘との関わり方が大きく
変わってくる時期に突入したのだな〜と。

親の私の成長の方がず〜っと遅いんですけど。。。



子供が親を必要としてくれる時期は
本当に僅か。

もちろんまだまだ色々なことでのサポートは
いりますが、こうやって距離感が
どんどん変わっていくものなら
より一層、
今の娘との関わりも大切にしていきたい!
そんなことを感じた出来事でした。




今日も読んで下さり有難うございます!
ランキングに参加中ですので、
ポチッと一押しして頂けると嬉しいです!


LINEでの読者登録、よろしくお願いします!! 
↓