ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 


IMG_3583

私は母が苦手でした。幼い頃からずっと。
なぜかはわからなかったけど、
なんだか合わないな〜という気持ちを
心のどこかに持っていて、


決してひどい母親だったわけではなく
愛情深く、大事に育ててもらってきたことも
よ〜くわかっていたけれど、


たぶん普通よりちょっと過保護
普通よりちょっと厳しい
普通よりちょっとレールを敷きすぎただけ。


そして私が普通よりちょっと自我が強く
普通よりちょっと自由でいたくて
普通よりちょっと扱いにくい娘だったの
だろうと思います。


以前にも書いたがありますが、

→★わたしがなせ子育てコーチングを
学び始めたのか



この「母が苦手という乗り越えられない壁」を
自分の中でもどう扱っていいのか
わからなくなっていて、


いい歳をしていつまでも、
母のことが苦手だなんて
親に優しくできないなんて
親不孝な娘だな〜とどこかで
自分を責めてきましたが、


少し前の出来事でやっと
これはこれでいいんだなと
思えるようになりました。


いつもは突然なのですが、
珍しく前日連絡してきたな〜と思い
何事かとでかけてみれば
久しぶりに孫に会いたかっただけで


あ〜孫に会いたかったのか、
それならそう言ってくれたら良かったのにと
思いながら(この日娘は塾だったので連れて行けず)


「お昼に何食べようか?」ときけば
「なんでもいい」というけれど
いつも後から色々言われるので、
何系かを決めてもらい
「イタリアンが食べたい」というから
母の好みそうな空間のお店に行けば、
メニューをみて
「私、パスタは嫌いなのよ。」と。
(イタリアンにしてはメニューが少なかったのが
失敗でした。汗)


それでもどこも混んでいる時間だったので
そのままそのお店に並ぶことになり
メニューで母が興味をもった
2セットをオーダーし、
この時間を機嫌よく過ごせたらいいわと
思っていたら

置かれたお料理をみて
「トマトソースは嫌いなのよ。」と。


この時ふと、こんな些細なことでしたが
あ〜私は悪くない。
私は私なりに精一杯やってきたんだと
思えたのです。
私が母の気持ちを汲み取らなくては
いけないと思い込みすぎていただけ。


できないことはできない、とは
言ってきたつもりだったけど、
できないと言いつつも、
自分で自分を責めていたんだな〜と思えて、
だからこんなにしんどかったのかと。

電車が事故で止まって実家に帰れないと
言っても文句を言われて凹んだ日も、
娘のスケジュールを優先してできないと
言ったら嫌味を言われた時も
別に私は悪くない。


そして、母も別に悪くはない。
母はただ、自分の気持ちに素直な人なだけ、
悪気なんて全くない。
自分に不都合が生じたと訴えていただけなんだと。


私自身の気持ちさえしっかりしていれば、
母が何を言おうと
「あ〜そうなの」でいいのだなと
何も母の機嫌をとってあげなくてもいいのだと
やっとわかったのです。


この日を境に、
母からの電話もさほど憂鬱にならずに
話ができるようになりました。


ここに至るまでには、様々な葛藤&経過も
あってのことなので
この一日で全てが変わったということでは
ありませんが、


「母のことが苦手」でも別にいいな、と
今私は思っています。


苦手でも感謝はしているし
苦手でも話はできるし、
苦手でもサポートもできる。


母親のことが大好きな人もいれば
母親のことが苦手な人もいる。


それはそれまでの親子のなが〜い時間が
積み重なって色々あってのことだから、
自分を責める必要もなければ
人に責められるようなことでもない。


だからもし今、母親の存在がしんどいな〜と
思っている方がいるなら、
それはそれでムリになんとかしなくちゃと
思わなくてもいいんじゃないかなと思います。


子供の時の気持ちも親になってからの
気持ちも、どちらも貴重な経験と思って
今後の生き方に活かして
いけたらそれでいいですよね。

 

今日も読んで下さり有難うございます!
ランキングに参加中ですので、
ポチッと一押しして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ


LINEでの読者登録、よろしくお願いします!! 
↓