ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 


IMG_1510
大人だってドキッとしてしまう余震
小さな子どもだけでなく
中学・高校生、大学生になっていても
「怖い」と思っているかもしれません。


強がって平気な顔をしているのかも、
このぐらいビビっちゃいけない
と思い込んでいるかもしれません。


こんな時はスキンシップも効果的。
安心を与えることの出来る一つの手立てです。
(コーチングで以前学んだことをそのまま活用してるだけなんですが。)


手をつなぐ、肩を軽くぽんとたたく
背中に手を当てる
そんなことでもできるので
普段恥ずかしがってできない子には
「おかあさんがドキドキしてるから
手を繋いでね。」と言ってみるのも
いいかもしれませんよ。


そして、見えないものほど怖いものは
ないので、防災グッズの再確認だけでなく
今住んでいる地域の
ハザードマップ&防災マップで
気をつけることの確認を
家族で話すことも大切だと思います。
(うっかり見逃している危険箇所を発見したりするかも!
私は娘の通学路に大雨の時は注意が必要な箇所をみつけたり
マンホールのキケンについて話したりしました。)



必要以上に怖がらず、できる備えを
一つ一つ整える、
今できることの確認と
今元気でいられることの感謝と
眠れる時に眠ること
食べられる時に食べること。


平常心と思っていても
揺れのたびにドキッとする、
それはきっと皆同じ気持ちでないかと思います。


ドキッとしたら、そんな自分に
「あ、今私はドキッとしたんだわ、
そう感じられることが正常だわ。」と
思ってみてはいかがでしょう。


心の整え方も人それぞれ、
私は早朝にブログを書いていますが
(春夏は4時半起き、老人かっ!てよくツッコミ入れられます。笑)
今朝は読む時間がとれなかった
ブロガーさん達の記事を読んで一人ほっこり。
変わらない日々の暮らしぶりなど
いろんなところから元気をもらっています。


心を整えるには、身体を動かすことも
とても効果があるそうですよ。
ちょっと気が滅入ったら
ぷちヨガなどで、リラックスすることも
いいかもしれません。


備えること、つながること
そして
ととのえること。


しばらくはそこに
より意識を向けたいと思います。