おはようございます。注文してから2年待ちの大人気作家さん大谷哲也さんのうつわがようやく到着しました。なめらかでしっとりとした質感とスッキリしたフォルム、こういう作家さんのモノ大好きです。あまりの人気で、今はオーダーを受けていないんだそうです。展覧会を観る機 ... 続きを読む

おはようございます。

注文してから2年待ちの大人気作家さん

大谷哲也さんのうつわがようやく到着しました。

FullSizeRender

なめらかでしっとりとした質感と

スッキリしたフォルム、

こういう作家さんのモノ大好きです。


あまりの人気で、

今はオーダーを受けていないんだそうです。

展覧会を観る機会があれば、

その場で購入するのが一番です!!
展覧会も場所によっては整理券が配られるのだとか。



さて、その大谷さんのうつわを使って

夏のランチ。

FullSizeRender

テーブルクロスにブルーストライプ生地を

使うだけでグッと夏らしくなります♪





メニューはと言うと

FullSizeRender

ホットサンドと冷凍食品。(笑)

連日夏の外出でくたびれているので

冷凍食品に助けてもらってます。




このムール貝は
FullSizeRender

コストコの味つき冷凍食品、

それにブロッコリーを足して

少しワインを足して

ストウブでフタをして20分。10〜15分。



可愛らしいポテトは

FullSizeRender

IKEAの味つきポテト。

生クリームも入っているせいか濃厚で

しっかり味がついているので

オーブンで焼くだけでOK!



炭酸レモン水のレモンも

FullSizeRender

レモンの旬の間に

たくさん冷凍をつくっておいたので、

未だに活用出来てます。




そうそう、ホットサンドの中身のソースは

前日の残り物。

FullSizeRender

うつわ&冷凍の諸々で楽しいランチと

なりました。


夏休みの間は、手を抜けるところは

手を抜いて、頑張れる時に頑張る。

そんなふうに緩急のある生活目指しています。

さ、今日は一日頑張ろっと!


にほんブログ村テーマ
おうちごはんを楽しむ暮らし
にほんブログ村テーマ
オウチごはんと器の写真

にほんブログ村テーマ
おうちごはんとおうちCAFE。
にほんブログ村テーマ
美味しい暮らし♪♪
にほんブログ村テーマ
COSTCO Wholesale(コストコホールセール)
にほんブログ村テーマ
イケア
にほんブログ村テーマ
日常の小さなできごとを愛する生活
にほんブログ村テーマ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



ポチッと応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 
 

有難うございました。


おはようございます。今日は少し前に購入しておいた飲み物についてです。これ、子供ウケ抜群です!!※なぜか主人にもウケました。牛乳嫌いな娘も甥っ子も、友達の子にもウケがいい♡私も飲んでみましたが、牛乳の味がするのでムリでした。カフェラテは好きなんですけど...。 ... 続きを読む

おはようございます。

今日は少し前に購入しておいた飲み物に

ついてです。

これ、子供ウケ抜群です!!
※なぜか主人にもウケました。

FullSizeRender

牛乳嫌いな娘も甥っ子も、

友達の子にもウケがいい♡
私も飲んでみましたが、牛乳の味がするのでムリでした。
カフェラテは好きなんですけど...。というわけでどんな子でも
飲めるというわけではありませんが。




こんなパッケージで売ってます。

FullSizeRender
イチゴとチョコ味ですが、他の味もあるみたい。
一袋に5本入っています。


牛乳にこのストローをさすだけで、

あっという間にチョコ味に。

FullSizeRender




先端のプレス具合がいいみたい。

FullSizeRender

飲みやすさと手軽さとで、

この夏子供達のために

大人買い?!しちゃってます。




 今調べたらバニラとキャラメル味もあるらしいです。


にほんブログ村テーマ
*カルディで毎日を美味しく、楽しく*
にほんブログ村テーマ
食べ物、食品、食料品、飲食物
にほんブログ村テーマ
小学生&幼稚園児のママ☆
にほんブログ村テーマ
日常の小さなできごとを愛する生活



読んで下さって有難うございます。
ポチッと応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 
 



おはようございます。今日は、「こういうものが欲しかった!」と思った本についてです。「食品の保存」この本は、内容もさることながらひとめでわかる表示方法もコンパクトに詳しく書かれているところも、選択肢が一つでないところも有難い!!内容はというと、野菜や肉類だ ... 続きを読む

おはようございます。

今日は、「こういうものが欲しかった!」と思った本についてです。

FullSizeRender
「食品の保存」

この本は、内容もさることながら

ひとめでわかる表示方法も

いか
コンパクトに詳しく

書かれているところも、

選択肢が一つでないところも

有難い!!


内容はというと、

野菜や肉類だけでなく

乾物やチーズ、練りモノまで

豊富な情報量で、

・素材の選び方
・栄養成分
・旬の時期
・保存期間(消費、賞味、保存)
・保存方法(冷凍、冷蔵、乾燥、)とその仕方
・安心ポイント
・美味しい解凍方法

などがわかります。




私が特に嬉しかったのは

ひとめでわかる選び方と

「冷凍」「冷蔵」「干す」「漬ける」の

仕方が書いてあるだけでなく、

どの方法がベストかわかることと

その期間が明記されているところ。

美味しい解凍方法も、

あまり解凍が得意でないので有難い。


今までずっと曖昧だったことや、

わかったつもりだったことが

これでスッキリわかるようになると思います!



私は本棚でなく、キッチンの引き出しに

入れてました。

いつでもサッと確認できる 大きさなのも、

選んだ理由の一つです。
※厚みは2cmほど。ちょっと分厚いです。


この辞典のような食品本、しっかり活用したいと思います。


にほんブログ村テーマ
書物、書籍、本
にほんブログ村テーマ
食べ物、食品、食料品、飲食物
にほんブログ村テーマ
美味しい暮らし♪♪
にほんブログ村テーマ
もっと心地いい暮らしがしたい!
にほんブログ村テーマ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

にほんブログ村テーマ
暮らしの見直し


読んで下さって有難うございます。
ポチッと応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 
 



おはようございます。 土曜日は、私が学び中の<子育てコーチング>で「なるほど〜!」と思ったことを書いています。子育てってなかなか学ぶ機会のないものなのでちょっと知っておくだけでほんの少し誰かの気持ちが楽になれたらいいかな〜と思ってます。  10回目です。今 ... 続きを読む

おはようございます。
 FullSizeRender
土曜日は、私が学び中の<子育てコーチング>で
「なるほど〜!」と思ったことを書いています。
子育てってなかなか学ぶ機会のないものなので
ちょっと知っておくだけでほんの少し
誰かの気持ちが楽になれたらいいかな〜と思ってます。  

10回目です。
今日は少し前にならったフィードバックするという方法なのですが、
これ、かなりハマってます。私でもできた!!ということは皆さんでもできる!!

どういうことかといえば、
子供の様子を自分が鏡になったようなつもりで
見たまま(そのまま)を話す。
人って、同じモノをみていても捉え方は様々なんです。
「きっとこうだろう」とある程度の枠をもってみてしまう生き物です。
だから親が勝手に思い込むのは危険なこと。

まず、こうみえているよ!と伝えるのも大切なんだそう。


例えばとっても機嫌が悪そうな子供を前にしたら
それをそのまま伝えるんです。

ただし、この時に大事なことが二つあります。
一つは「ちょっと言ってもいい?」と一言ことわりを入れること。

この「ちょっと言ってもいい?」ですが
ニュアンスはそれぞれでいいと思いますが、
どんな時もどんなに些細なことでも
この一言を言うんだそうです。

なぜかというと、
そう言われると、子供は何かな?と聞く体勢にになります。
聞く側に準備ができます。
これがどれほど重要なことかは、実際にやってみると
わかると思います。文章だけでお伝えするのはなかなか難しいのですが。

この「ちょっと言ってもいい?」の一言は
先生曰く子供にちょっとしたプレゼントというか
ラッピングをするような感覚でいて下さい、とのこと。

たぶんね、これは子供にちょっとした敬意を表しているんだと思うんです。
(コーチングでは子供の意見を尊重することを大切にしていますし、対等な関係が重要と考えています。
アドラー心理学でも子供も尊敬するようにとあるので、敬意は目上の方だけ表すものでもないようです。)

敬意というと大袈裟でしょうか?う〜〜ん、丁寧に扱うというか。。。

私たち大人でも、丁寧な扱いをうけると、丁寧に返事をしたり
振る舞ったりしませんか?
例えは悪いかもしれませんが、車のドアを開けてもらったり(最近ないけど!!)
食事の席でイスをひいてもらったり(これも最近ないけど!)そんな感じです。

子供だってちょっと丁寧に接してもらうと
丁寧な反応になるんです。こういう扱いって嬉しいもの。

この、親が鏡のようにみたそのままを言うという行為で
何を引き出したいかといえば
子供が自分の行動や言動がまわりにどんなふうに伝わっているのかを知らせる。
それを知ることによって、だんだんとよりよい方法を自分で考え、するようになるということ。



大人でも意識してないときに不意に何かを言われると
ドキッとしますよね?!それを避けるために一言ことわる。
そして、見たままを言われたら
「え?全然そんなつもりなかったんだけど〜。」と
返せますよね?!

例えば、無心で野菜を切っている時に
「ちょっといい?ちょっと表情がなくなってるようにみえたけど。」と
言われたらどうでしょう?

「え?そうみえた?集中してたからわからなかった〜。」
と笑顔になったりしませんか?

子供がTVをみていて、瞬きすらしていない時、
「ちょっといいかな?瞬きしてなくない?」という。
ただそれだけで、子供は「あ、そうか!」と気がつく。
こんなちょっとのことですが、気づきにつながるのです。

ただし、TVを観るのをやめさせたい、というような
何か親の想いがある時には使わないで下さい。

このフィードバックという方法は、見たままを言うだけ。
決してその後に親の感情を入れないこと。
コントロールしようとしないこと。
何か伝えたい、変わって欲しいと思うことがあれば
それは前々回の伝えるという方法をとって下さい。

そしてこの方法の大事な点、二つめ
まず10回以上ポジティブな言葉がけをすること!

10回以上というのは私がやってみて思った回数なのですが、
できるだけポジティブな言葉がけをしておくと
子供の方に「ちょっといい?」というのは素敵な言葉として
インプットされるので、素直にきこうとしてくれて
気になる点やネガティブなことを言う時も、
子供が構えなくて済むんです。
だからやってみようと思ったなら
初めは必ずポジティブなことを沢山言ってあげてからにして下さい。

どんなことかといえば、
「ちょっと言っていい?○○ちゃん大好き!」とか
「ちょっと言っていい?○○は楽しそうだね」とか
本当にたわいもないことでいいんです。

ポジティブな言葉がけは励ましに、ネガティブな言葉がけは
自分を知り気づき深めることにつながるそうです。


これがね、実践したらとっても面白いことになりまして...
娘は「はいはい、ママはまた○○大好きっていうんでしょ!」と
なんとも自慢げというか、嬉しそうというか(笑)。

これって大事にされていることを実感してるってことかな?
と私も嬉しく思ったのですが、どうでしょう?!
そして、「ちょっといい?」の時は娘が笑顔で聞く体勢をつくる
ようになりました。

ネガティブなことといえば、
玄関に放置されているランドセルがある時
「ちょっといい?玄関にランドセルがおいてあるんだけど?」とか
「ちょっといい?本が出しっぱなしになってるみたいにみえるんだけど。」
というと、片付けの早いこと、早いこと。思わず笑ってしまいます。

もちろんちょっと悲しげな顔をしている時は
「ちょっと言ってもいい?ママにはしょんぼりしてみえるんだけど。」
というようなことにも使います。
そして、それ以上は言わない。深くは突っ込まない。
私にはそう見えたよ!という発信だけをしておく。

効果は人それぞれ、子供の性格にもよりますから
すぐに反応がでてこないこともありますが、
間違いなく、子供は嬉しいはず。そしてそれをみるのは
大人も嬉しい。

皆さんもぜひまずは愛情たっぷりの言葉がけで試してみて下さい。
※できるだけポジティブな言葉がけの方が多いようにして下さい。
ネガティブはことは5回に一回程度にとどめた方が良さそうです。



にほんブログ村テーマ
にほんブログ村テーマ
小学生&幼稚園児のママ☆



読んで下さって有難うございます。
ポチッと応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 
 



おはようございます。お盆にご主人やご自身のご実家に帰省してみたら、久しぶりに会ったご両親が以前より年老いて見えてそろそろ二世帯かな〜なんて考えてる方がいらっしゃるかも?!と思い今日は私が二世帯で暮らしてみて気をつけておいた方がいいなと思ったこと3つを書いて ... 続きを読む

おはようございます。
FullSizeRender
お盆にご主人やご自身のご実家に帰省してみたら、

久しぶりに会ったご両親が以前より年老いて見えて

そろそろ二世帯かな〜なんて考えてる方が

いらっしゃるかも?!と思い

今日は私が二世帯で暮らしてみて

気をつけておいた方がいいなと思ったこと3つを

書いてみたいと思います。


私の場合は、一緒に住んでもらっている義父母が
とても懐も深いおかげで、大きなトラブルもなく
今日まで10年ほど過ごしています。

家はキッチンもお風呂もトイレも玄関も別です。

二世帯で何が有難いかといえば、一番に浮かぶのは
子どものこと。
娘は主人と私だけで育てるよりも
ずっと素敵な子に育っているんじゃないかと
思っています。
親だけでなく祖父母からたくさんの愛情だけでなく、
考え方や知識、好奇心をもつことも、
色々な精神的なサポートを受けられることも
きっと今後の彼女の力になると思っています。

義父の博学でユニーク、ウィットに富んだところも、
義母の控えめで優しく穏やかなところも
大好きで、理想の母と言ってもいいぐらい。
それは知り合ってから今日までずっと
変わらないことです。


それでも、ちょっとした誤解や行き違いから
戸惑うようなことを言われたり、
悲しく、辛く切ない気持ちになったことは
あります。(最近はありませんが。)

家族であっても、夫婦であっても
ケンカも一切ない家庭なんてないでしょうし、
それは当たり前のこと。
そこに問題はないのですが、夫婦と違って
親から言われたことは残ります。
子どもから言われたこともきっと残ります。
義理の間柄かどうかは関係なく、
(多少のダメージの違いはあるかもしれませんが、)
親子って思っているよりややこしい。

だからこそ、気をつけておいた方がいいと思うのは
・「親子であっても距離感を保つこと。」
・「どんな些細なことも言葉で感謝の気持ちを伝えること。」
・「ルールをつくっておくこと。」

距離感を保つってけっこう難しいんですよね。
家族だからこそ、程良い距離感を意識しておいた
ほうがいいと思います。お互いに。

感謝の気持ちって、それこそわかってくれていると
思っているかもしれませんが、
親子だからこそこまめに伝えておくことは
大事だと思います。

ルールについては、つくっても
お構いなしに破られる場合もあるかもしれませんし、
あ、違うな、ということも出てくるかも
しれませんが、それはその時に変更していけばいいこと。
私はこういうことはこう思っています。
こんな考え方をしています。
こういうことについては干渉しないで欲しいです。
いうようなことはある程度、
決めておくのは大事なことだと思います。

言いにくいかもしれませんが、
いいお嫁さんお婿さんやいい息子や娘でいようとしないこと。
そこがストレスが少なくて住むコツだと思います。
もちろん親側も同じこと。

例えば、私の場合はとても有難いことの一つに
階下の親世帯から上がってくる時は必ず
インターフォンを押してからです。
これは義母が若い頃、何かとても嫌な思いを
したことがあるようで、
必ずインターフォンを押してくれて
いきなり上がってくるようなことはありません。

友人のところは隣同士で済んでいますが、
毎回義母がいきなり玄関をあけるので
ビックリすると言っていました。
そのお義母さまからしたら、
子どものところになんの気兼ねがいるの?
といった気持ちなのでしょうけれど、
来客中の時もあるでしょうし、出かけようと
している時もあるでしょう。
やめてほしいことはさりげなく具体的に
「当たり前」になる前に、改善しておいた方が
いいかな〜と思うのですが。

親世帯だって、言いたいことは沢山あるのだと思います。
何もかも、言ってしまえばいいというものでもありません。
でも、ある程度のルールを決めておいたほうが
トラブル回避できるかもしれませんよ。

嫁(子ども世帯)の立場で勝手なことを書いてますから、
親世帯からしたらもっと思うことがあるのかもしれません。
気になっても言わずにすませてくれていることも
沢山あると思います。それも私の場合は
かなり自由にさせてもらっているので
やっぱり感謝しかないのですが、
親子のある一定の距離感は大事だな〜と思います。

最後に、二世帯がオススメかといえば、、、
「う〜〜〜〜〜ん」というのが本音です。
私は、今は二世帯で有難いと思っていますが、
ちょっとしたことがある度に
スープが若干冷める距離に住んでいたら
起こらなかったことだよね〜と何度も思ったもので、
5軒ぐらい離れた家が理想的かも。(笑)
二世帯はどんな建物にするかも大事ですが、人間関係がキモです。
できるだけ摩擦の少ないように、夫婦間でもよく話し合うことをオススメします。

にほんブログ村テーマ
二世帯住宅
にほんブログ村テーマ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
にほんブログ村テーマ
住まいと暮らし
読んで下さって有難うございます。
ポチッと応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓