ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。登録して頂けると嬉しいです。↓  土曜日は、私が学び中の<子育てコーチング>で「なるほど〜!」と思ったこと踏まえて子育てについてあれこれを書いています。 ちょっと知っておくだけでほんの少し誰かの気持ちが楽になれ ... 続きを読む
ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 

 

IMG_1338
土曜日は、私が学び中の<子育てコーチング>で
「なるほど〜!」と思ったこと踏まえて
子育てについてあれこれを書いています。 
ちょっと知っておくだけでほんの少し
誰かの気持ちが楽になれたらいいかな〜と思いつつ...。



思春期、、、そう聞くだけで、なんか大変そう。

ちょっとこわいかも、など

どちらかといえばやっかいな時期として

捉えている親が多いと思うのですが、
(私もその一人)



何が不安って、親の方が動じてしまったり

子供が必要以上に自分は一人だ孤独だと

思い込んでしまったり、困った状態に陥った時に

SOSを親に出せない状況をつくり出してしまうこと。




そんな思春期の子供にどう向き合うか、という

特別編の講座を受けてきました。



まず思春期がどういうものなのか

知っておきましょう。ということで、

ここからの二箇所の青字は↓医師監修の文章を
貼り付けてあります。

思春期とは
11~18歳頃まで続く、第二次性徴をきっかけとして
始まる心身ともに不安定な時期のことを指します。
身体が一気に大人へと変わっていくにも関わらず、
精神的にはゆっくりと成長していくので、急激な
変化に戸惑い不安定になりやすい時期でもあります。
     
       

✓身体が成長する
✓自我が芽生える
✓一人になりたがる
✓他人が気になる
✓友達の方が大事になる
✓意味もなくイライラする
✓秘密を持つ
✓色々なことを面倒くさがる
✓話さなくなる

思春期というのは悩みを持ちやすい時期である
と同時に、自分を客観視しつつ、他者に批判的
な目を向けやすい時期でもあります。そのため
親に対しても批判的な価値観を持ちやすくなり、
反抗的な態度を見せることも多くなるでしょう。

親としてはそういった時期であることを理解し、
ある程度、子どもの意思を尊重してあげること
が大切です。ただ、子どもの言い分は尊重しつ
つも、その要求を全て受け入れる必要はあり
ません。時に毅然とした態度で接することも必要です。

ほぼ、こんな内容のテキストを渡されて

思春期がどういうものかはわかりますが、

「これだけだと、じゃあ、どうしたらいいの?」

となりませんか?
とコーチからの一言。



そうそう、どこまで尊重し何をどうしたらいいのか

どこで毅然とするべきなのかが、よくわからない。

そうしてるつもり、、、でおわりそう。



では、具体的にどうしていけばよいのか?

ですが、

今のうちから強固な信頼関係を築くこと。

日頃からお互いの気持を伝えあい、

コミュニケーションがしっかりとれている

関係を築いておくことが大切で




それには例えば誰にでもすぐに始められる

・「◯◯ちゃん、おはよう」など名前を呼び挨拶をする

・ともに楽しい時間を過ごす

だったり、

少しハードルの上がる

・違いを認める 相手の気持ちを受け止める

などや、


思春期になればより必要となる

・タイミングを大事にする

・話を聴く、秘密を守る

・こんな時期だと受け止める

・よく観察する

・ユーモアを忘れない 深刻にならない

だったりと(まだまだたくさんあるのですが)

今まで学んできたことだったのですが、

さらに深く響くことばかり。



何よりも親だからと教えようとしないこと!

子供との対等な関係づくりができていること

が大事。




そして、講座で学んだからと言っても

常に意識していないと子供の接し方は

日常に流されるもの。




コーチングで学んでいることがしっかり身につく

ようには訓練しないと、すぐにできるように

なるものでもありません。

そんなことがつくづくわかった今回の講座

でした。




子育ては人ぞれぞれ、正解はありませんが

どんな大人になってほしいのか

あっという間に終わってしまう子育ての時間を

どう向き合っていけばいいのか、

立ち止まって考えてみることも大切にしたい

ですよね。



子育てコーチングに興味のある方は
私が全幅の信頼を寄せているコーチは
オンライン(ズーム)もされている
そうですので、メールを下されば連絡先を
ご案内できます。
コメント欄ではなく、メールで下さいね。

笑顔になれる子育て
子育てを楽しもう♪
子育て世代


いつも読んで下さって有難うございます。
応援してもらえると励みになります!
 ↓ ↓ ↓




ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。登録して頂けると嬉しいです。↓  片付けを始めたころ意識した"とりあえず"はやめよう!"出したところに戻す""モノの定位置を決める"などはなんとな〜くできてきたかな〜なんて思っていましたが、作業用のひきだしをあけたら ... 続きを読む

ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 

 


片付けを始めたころ意識した

"とりあえず"はやめよう!

"出したところに戻す"

"モノの定位置を決める"などは


なんとな〜くできてきたかな〜なんて

思っていましたが、作業用のひきだしをあけたら

カオス。。。




細かいモノが多いので、引き出しに入っていれば

OK!なんてゆるい括りにしていたため

えっらいことになってました。(汗)
わかっていたけど・・・



それも、数カ月間も見て見ぬふりで

過ごしてましたが、

ほぼ毎日みるひきだしがカオスって

それどうよ、とやっとスイッチ入ってやる気に。




カオスの写真は撮ることすら忘れてました。

片付け始めの時って、片付けなくちゃ〜〜と

焦っているので、写真どころではなくて...。
ブログを書いている身としては、ダメダメな思考回路です。




自分なりに使いやすく整えました。

が、まだ改善の余地あり。
IMG_1336


IMG_1335
写真を撮るって大事ですね。

こうやってみると、しつけ糸がぐちゃぐちゃ

してるとか、客観的にみることができます。



そして整うと楽しい♪



見て見ぬふりしているところって、実は

プチストレスになっているものなんですね〜。



なんとなく気になっているところがあれば

そこから片付ける。

たった一カ所片付けるだけでも気分上がります。

片付けて プチストレスをなくしていく

収納・片付け

掃除&片付け

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

いつもポチッと応援
ありがとうございます。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ






 


ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。登録して頂けると嬉しいです。↓  昨年本を読んだ時には、「なんて素敵な提案だろう〜。そうだよね!一汁一菜でいいんだよね!有難う、土井先生!!」とかなりのハイテンションで、せっせと取り入れようとしていましたが、そ ... 続きを読む

ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 

 



昨年本を読んだ時には、

「なんて素敵な提案だろう〜。そうだよね!

一汁一菜でいいんだよね!有難う、土井先生!!」

とかなりのハイテンションで、

せっせと取り入れようとしていましたが、



そうそう長くは続きませんでした。(笑)



一汁一菜、言葉だけは広まったけれど、

家族のブーイングの声には勝てなかった

という方がけっこういたようで、

わが家でも声には出さずとも

がっかり感の伝わる食べ方....。
(美味しそうに食べてくれないとなんだかね〜。)



私自身もやっぱりどこかで、

これだとなんとなく少ない気がすると

思ってしまってますし、

何よりお料理の腕が確実におちる。

そうでなくても大したことない腕前なのに

作る機会が減るだけでどんどん

同じようなものばかりのローテーション。。。




一汁一菜でも充分栄養はとれることは

わかりましたし、無理して献立を考える必要が

ないということだけわかっていればいいかな〜。



結局のところ、自分自身がどうありたいか

ですもんね。



ということで、最近は主食・主菜・副菜に果物を

意識しつつも、つくれるものをだすという

ゆる〜い献立の毎日ですが、




今月からベーシックな料理教室に通い始めたので

それも初回が特別編のタイミング、

イタリアンシェフによるイタリアンだったので、

かなり刺激をもらいました。

IMG_1329

普段食べないケールがこんなに美味しくなるなんて

やっぱり料理は奥が深〜い。

そして美味しいと楽しい。



私はなんでも"楽しい"かどうかが基準のようです。(笑)



家庭料理は、それぞれの家庭の都合で

どんなメニューでも美味しく食べれたらそれでいい。

コンビニ活用したっていいし、こだわって土鍋で

ごはんを炊くおうちがあってもいい。

もちろん品数にこだわる必要もない。




情報に振り回されて「こうしなきゃ!」ではなくて

「こうしたい!」が基準でいいよね〜と。



私はこのまま"楽しい"かどうかを基準に

していこうと思います。(笑)

毎日のごはん

暮らしを楽しむ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


いつもポチッと応援
ありがとうございます。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ






 


ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。登録して頂けると嬉しいです。↓  少し前にお隣りから戴いたお庭のバラ。種類によって香りが違って、それぞれがほどよく主張しつつもいい香り。玄関を入るとふわ〜っとバラに包まれているようななんとも幸せな気分。花がある ... 続きを読む

ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 

 


少し前にお隣りから戴いたお庭のバラ。

IMG_1277

IMG_1278

種類によって香りが違って、それぞれが

ほどよく主張しつつもいい香り。

玄関を入るとふわ〜っとバラに包まれて

いるようななんとも幸せな気分。



花があるだけで、ちょっと

テンション上がります。



なんだか調子が上がらない時、

やる気がでない時は

まず花を飾ってみる。



ただ飾るだけですが、まわりを

片付けたくなるので

手っ取り早くスイッチが入る。(笑)



花はすぐ枯れちゃうから〜と思われた方には

スモークツリーなんてどうでしょう?!

これからが出回る季節

ふわふわ、もこもこに癒やされます。

IMG_1324
一本でこんなにぶりぶり。

なんだかお得に感じます。(笑)


IMG_1326

小分けにして楽しむもよし、

吊るしてドライにするもよし、

他の花や枝ものとも、このふわふわなら

相性もよさそうです。
※ただし、クシュッとすぐになってしまうタイプもあるようなので、
それがどのぐらいもつかはお店で確認してみて下さいね。


花の写真


掃除&片付け

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

いつもポチッと応援
ありがとうございます。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ







 

ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。登録して頂けると嬉しいです。↓  少し前に「イヤイヤ期」の呼び方を新しいものにしませんか?と朝日新聞が募集していて、何でも「イヤイヤ」と言われ、親が途方に暮れる時期というマイナスのイメージよりも、自分で何でもや ... 続きを読む

ラインでこのブログの更新通知が受け取れます。
登録して頂けると嬉しいです。↓ 

 


IMG_1323

少し前に「イヤイヤ期」の呼び方を

新しいものにしませんか?と

朝日新聞が募集していて、



何でも「イヤイヤ」と言われ、

親が途方に暮れる時期というマイナスの

イメージよりも、

自分で何でもやってみたい!と子供の自我が

芽生えることが喜ばしいというプラスのイメージで

考えた方がいいよね、という意見や



イヤイヤ期はわかりやすいから言い換えなくても、

言い換えたところで、大変な時期に変わりは無い!

共通認識されているのだから変える必要ない。

という意見もあって、

なるほどね〜そういう考え方もあるかと

思っていたのですが、




北海道大の川田准教授が提案されていたのは

「ブラブラ期」。


2歳児は考えてから行動するのではなく、

行動しながら考え、小さな楽しみをつなぎ合わせて

過ごす人たちなんだそう。



大人がイヤイヤをどう封じるかという消極的な

対処でなく、子供をどうブラブラさせるかと積極的に

考えてはどうかということだそうで....


そうはいっても今の日本社会は「ワンオペ育児」

孤立する母親が自宅で一対一で子供を長時間

見続けるのは大変だから、もっと社会全体で

みられるように、例えば2歳児が道路で自由に

ぶらぶらと落書きしたりする場になるようなことを

保障できたらどうでしょう?!と。

→朝日新聞の記事




どんな呼び方にしたところで、扱いが大変になる

この時期に変わりはないけれど、

そして、癇癪持ちの子はどんなに親が優しく

子供がしたいように待ってあげたとしても

癇癪を起こす子もいますから、
(自分でやりたいのにできないからぎゃーーーーとなってますもんね。)



社会全体で見守れるようなカタチになるのが

一番だとは思いますが、社会とか保障とかに

なるとなかなか変わっていかないので、



せめてまわりの大人が子供の癇癪にしかめっ面や

うんざりした顔をするのではなく、

その子の親に対して可哀想に、と思うのでもなく、



大変そうなお母さんを見かけたら、

温かい眼差しで見守るか、

顔見知りなら子供にではなく、

お母さんにそっと声をかけてあげて

ほしいな〜と思います。



「はじまったね〜、今だけだからね〜

よく頑張ってるね〜。大丈夫だよ〜」と。



我が子は手のかからない楽々な子でしたが、

何か一つでも気に入らないと

その場でひっくり返る甥っ子を

根気よく見守った妹をみてきたので、

「よく頑張ってるな〜、凄いな〜。」と

付き合える母親をみると

素晴らしい!といつも思うのです。



子育てはそれぞれ、正解なんてないのだから、

大人が大人に厳しい視線を向けることなく
(もちろん子供に厳しい視線も向けることなく)

温かな眼差しで見守る、そんな世の中で

あってほしいです。

笑顔になれる子育て

子育てのつ・ぶ・や・き

日常の小さなできごとを愛する生活

いつもポチッと応援
ありがとうございます。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ